タグ:モラハラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

217: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)12:55:26 ID:Beg
新婚半年、旦那の稼ぎは多分このぐらいかな?としか知りません
家計は旦那が管理していて私は食費と雑費(生活消耗品)、持病の病院(月に大体一回ずつ3科)代とそれにともなう交通費と自分の携帯代で月7万もらっています
相場というのがわかりませんが足りない月もあり、その話を旦那に相談すると「また金かよ!」と怒鳴られます
また専業ではありますが持病あってもパートなら出来るので私が働いて足りない分など補填したいと話したところ働くなら離婚だとまた怒鳴られました

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

96: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/09/29(火) 02:42:21
まだ経済DVなんて言葉がなかった頃それを家族にやって、妻に3つの仕事を掛け持ちさせた上で
自分は会社で気のいい上司を気取るために毎日のように部下にオゴリ酒なんてアホやってた
最低な父が先日亡くなったとの報告を受けた。

金もろくに入れないくせに偉ぶって、兄の進路でお金が必要だと訴える母に10万ぽっちをばらまき
「拾えww」と漫画の悪役のような事をしやがったクズ野郎の上擦った声は今でも忘れられない。
結局言い争いで母をなぐり、Kの来る騒動を起こし、兄にも私にも見捨てられてひとりぼっちになった父は15年以上経っても誰からも連絡をもらえず、体を患って施設に入り、そのまま衰弱して鬼籍へ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

139: 1/4 2011/06/18(土) 17:22:22.81
長いです。

職場恋愛で、はぶりが良くて後輩に慕われまくる旦那と結婚した。
毒親持ちで家庭でも修羅場があった私はファザコン気味で旦那は12ほど年上。
しばらくして妊娠。
そこから旦那がおかしくなってきた。
・私の携帯を覗いて友人チェック。
・メールもチェック。
・トイレ掃除で便座の蓋を開けたままにしていたら浮気を疑われて怒られる。
・喧嘩をすると口のまわらない私の揚げ足を取りまくって謝罪させる。
など。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

597: 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)00:26:21 ID:ICa
書いてみたらちょっと長くなってしまったんですが、夫の話。

友人が結婚したのだが旦那が超モラハラ男だった。
ボウリョクはなかったけど、女は男に尽くすべき、家事は女がやるのが当たり前という信念のもとに、
友人のやることなすこと文句をつけ、外でも「うちの嫁は本当にダメな女で~」
みたいなことを言いふらす。

明るかった友人は結婚してからあまり笑わなくなり、ガリガリに痩せた。




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

558: 名無しさん@おーぷん 2014/11/12(水)16:36:09 ID:ilWRMzVCW
結婚の話が出て、お互いの両親にも挨拶済ませて、公認で一人暮らしの家を行き来するようになった元彼
半同棲状態で、元彼は繁忙期は家に寝るためにしか帰れないので、家事はほとんど私がやっていた



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

591: 名無しさん@おーぷん 2015/03/16(月)13:00:18 ID:eeU
モラハラをモラハラで制した?話。
元夫はモラハラ糞野郎だった。
加えて浪費がすごい。借金しないかわりに使いきってしまう。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

169: 名無しさん@おーぷん 2014/11/03(月)03:27:59 ID:DOl07mygG
昔語りになりますが書かせてください。
私は夫のD Vが原因で離婚しました。
結婚してすぐにバブルが崩壊、それでも何とか幸せにやっていたんですが、
リーマンショックの時に私は資格職なのでリストラされませんでしたが、
夫はリストラに会い解雇されてしまいました。そのころからモラハラが始まり、
少しするとD Vも始まりました。最初のころにリストラされて気持ちが荒んでいるからだと思い、
許してしまったことがいけなかったんだと今では思いますが、当時はどうしていいのかわかりませんでした。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

312: 名無しさん@おーぷん 2016/04/26(火)19:37:49 ID:fTc
愚痴。
「夫は私より収入が低くてつらいんだから、何でも我慢しなくちゃいけない」
と思いこんでいた自分にさっき気づいた。
自分の傲慢さと馬鹿さと、それにあぐらをかいていた夫が
目の前がパーっと開けたみたいに見えて、それが内心の修羅場。




続きを読む

このページのトップヘ