タグ:三角関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
509: 恋人は名無しさん 2006/09/12(火) 15:51:12
修羅場というか、みんなからしたら笑い話なのかもしれないけど 
個人的に変わった修羅場なので投下させてもらってもいい? 

512: 509 2006/09/12(火) 15:58:15
今まで恋愛やら修羅場やら結構あったんだけど 
思い出すと一つ変わった修羅場があったので書いてみる。 
面白くなかったらすまない。 

当時俺は20代前半。 
前の彼女と別れて少しへこんだ日が続いていました。 
それでもバイトしながら、それなりに楽しい生活を送ってました。 
そんな時に近所にあるカメラ屋のおっさんと親しくなりました。 
バイクでどっかに出かけるたびに写真撮って帰って来たんで、現像を頻繁に出してて。 
そのカメラ屋のおっさんの知り合いの人がパーティを開くので一緒に行かないか 
と誘われ、暇だった俺は参加させてもらいました。 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

520: 名無しさん@HOME 2012/02/28(火) 16:06:28

修羅場ってほどじゃないけど、小3の時に担任が行方不明になった

白髪まじりのけっこうおじいちゃん先生だったんだけど
一緒に校庭で遊んでくれたりけっこう人気のある先生だった

近所の川に釣りにいくと言って出かけたそうなので探したが見つからず
2週間ほど経ってかなり下流で遺体で発見されクラスみんなでお葬式にでて泣いた

その後一週間ほどして、別の先生が首をつってジサツした
川でなくなった先生の親友だったらしいが子供だったせいか動機は知らない
更に一週間ほどして、今度は女の先生がジサツした
どうやら首をつった先生と付き合っていた、と聞いた

女の先生は独身だったが男の先生は子供もいたのでどうやら不倫関係だったらしい
ひと月ほどの間に先生が次々なくなり

これは担任の先生の呪いだこの学校は呪われた次はそろそろ生徒の番かもしれない
とみんなしばらく怯えていた

521: 名無しさん@HOME 2012/02/28(火) 16:14:02
>>520
こんなエグい話に「修羅場ってほどじゃないけど」なんて枕要らねぇよwww

523: 名無しさん@HOME 2012/02/28(火) 16:49:55
>>520
あんびりーばぼーで特集組まれてもいいレベルの話


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


744: 恋人は名無しさん 2006/11/02(木) 22:41:17
投下してみて良いですか?

745: 恋人は名無しさん 2006/11/02(木) 22:47:59
>>744
どぞ。

748: 744 ◆silO4ap9Jc 2006/11/02(木) 22:54:38
自分がながされやすくて修羅場ばっかりなんで…
まとめスレをみて書き込んでみたくなりました

お目汚しですが… 中学当時の話です

登場人物俺♂
A♀俺の好きな人
B♀Aの親友

750: 744 ◆silO4ap9Jc 2006/11/02(木) 23:03:43

Aを好きだった俺は思春期の周りのテンションに押されて
結構積極的に話しかけたり遊んだりしていた。

でもサシではなくいつもBとセットで

AはBと親友でBは俺がAを好きだとも知っていて応援してくれていたけど、
Aはクラスの人気な奴のことが好きだった

俺はそれでも一緒に遊んだりして満足だったけど
いつまでも振り向くことのないAよりBのことを好きになって行った

でもBにはその事は言わないままそんな関係を続けていった



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o07240483e1347598395050_1

140: 可愛い奥様 2011/08/06(土) 15:25:20.84 ID:kTkbT/bJO

10年ほど前に社内恋愛してた人を同僚に取られた。
私は社内恋愛だからと隠して付き合っていたが
その同僚とはよく遊んでいたので相談していた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_1267428_35993510_0


637: 恋人は名無しさん 2012/07/07(土) 09:47:58.41 ID:6wFMIx+F0
まるで当時の俺かと思えるくらい似た話を冴えたスレで見つけたので、思い出しついでに投下。
一気に書くので誤字脱字はスルーしてくれ。

彼女との付き合いは高校からで、同じ大学の四年の時の話。
付き合いが七年にもなるので、俺に気の緩みがあったのは確かだが、一年下のアメフト部員に取られた。


続きを読む

このページのトップヘ