スポンサードリンク

タグ:不審者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

857: 名無しさん@おーぷん 2016/08/27(土)02:52:57 ID:uvI
小さい頃の怖かった修羅場。
小学生の頃自転車で友達の家に向かう途中に原付に乗ったお兄さんに道を教えて欲しいと声をかけられた。
その頃は今ほど女児への声かけ事案が問題になるような時代ではなかったから何の不信感もなく立ち止まったのだが、お兄さんは指を差しながら「あっちに行く道を教えて欲しい」と言ってきた。
あっちに行く道と言われてもだったらその指を差した方向にまっすぐ道は伸びてるからその道に進めばいいのでは?と不思議になると同時に途端に怪しい人だと怖くなり、わかりませんと伝え早々にお兄さんが行きたいと伝えてきた方向とは逆方向に立ち去ったのだが、まさかの後をつけてくる。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

226: 名無しさん@おーぷん 2016/07/16(土)11:17:50 ID:KB5
舅は7年前に病タヒ、その1年後に姑は認知症になり、
現在はおむつ生活で要介護度4
うちは旦那実家の隣のコーポに住んでいて、自営業を営みながら
夫婦交代で通いで介護

昨日、昼に食事を作って持っていったら知らない男が家の中にいた…
「介護関係の方ですか?」と尋ねたら「不動産運用のご案内を…」


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

632: 名無しさん@おーぷん 2016/08/04(木)01:12:43 ID:TrT
長文でごめんさない

ネットでたまに見る不審者情報(事案)のニューズで
女に道をきいたとか、挨拶したとかだけで不審者とされた事案に
「そんなんで通報かよw男は何にもできないな」
みたいな意見を見る度に思い出す修羅場


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

182: 名無しさん@おーぷん 2016/07/07(木)11:34:37 ID:Loz
「名乗るほどの者ではありません」
という台詞を言われる状況に遭遇したこと
端から見たら大したことない出来事かも知れないけど、本当にキュンっとなった

当時中学生だった私は、下校中にチェック柄のシャツを着たおじさんに道を尋ねられた
ちょうど「道を尋ねられる→道案内→強制わ○せつ」という事件が近所であったばっかりだったので
「すみません。私もこの辺は詳しくなくて…」
と言って逃げようとした
そしたら肩を掴まれた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1588: 名無しさん@おーぷん 2014/09/22(月)18:01:25 ID:AagWCmwvM
衝撃といえば衝撃だったし、仕返といえば仕返ししたんですけど
どこに書いても微妙な気がするので書捨てさせてください
近所で露/出系の不審者が出たとの話があり、そのすぐ後に下校中の小学生を見たことで
突然ぶわーっと蘇った記憶です
あんまり唐突に思い出したので、母に当時の事を聞いて補足してもらっています

私が小学校高学年くらいの頃、やはり近所で不審な男がうろついている、との噂が立ち
学校でも登下校中は気をつけるように等の注意を受けました
正確には下/半/身を露/出して女子児童に声をかける男だったそうで、かなり問題になったとか
しかし私は当時かなりのぼんやりだったので、ある日の集団下校で家の近くまで行ったのに
ランドセルを背負ったまま、ふらふら遊んでいました
はっきり覚えているのは、地蜘蛛を巣ごと釣り上げていて背後から声をかけられたこと
声をかけてきた男が、なにか大変な目に遭っているので助けて欲しいというような話をして
私は何の疑問もなくほいほいと付いて行ったこと


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

10: 名無しさん@おーぷん 2016/12/20(火)21:42:05 ID:qkP
少し重い話ですが投下させていただきます。

ちょうど1年ほど前、バイト帰りに不審者に襲われました。
シタギを脱がされたところでバイクが通り未遂に終わりましたが、もちろん警察に通報。

特に同意した覚えがないのですが警察では被害届を出させるという方向になったようで、
警察署では私の通っている大学や家族構成まであらゆることを聴かれました。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
28: 名無しさん@HOME 2012/11/11(日) 11:03:12
ちょっと前の話。 
コンサートに行って遅くなり駅に友達のお父さんが迎えに来てくれて 
途中でのどが渇いたと友達が言うので、近くのコンビニに車を停めて 
友達と友達のお父さんがコンビニに入って行った。 

私は一人で車中に残っていたら、どんどん!と強く窓を叩く人がいて 
みるとコンビニの光に照らされたビーサンでショーパン・タンクトップの人が立っていた。
ちなみに10月末の事。10月末でも今年は結構暖かかったけど 
そりゃないわって真夏のビーチのいでたち。 

窓を下げて「なんですか?」って聞いたら「○△gjpaoeh」となんかわからない事を言うので
怖くなり窓を下げたらそこに手を入れてきた。 

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
424: 名無しさん@HOME 2012/07/07(土) 10:19:10
大学時代、彼氏の家で遊んでいて急に友人と会うことになり、 
彼が車を貸してくれるというので借りて会いに行った。 
話も尽きず、うっかり友人の終電がなくなってしまったので 
友人の家まで車で送っていった。 

そこから1時間くらいの距離にあるはずの彼氏の家に向かうべく、 
走ったことがない真っ暗な道をよく道がわからないまま車を進ませた。 
途中、○日~○日まで工事のため云々という看板を見かけた。 

そのまま走らせていたところ急に道が狭くなり未舗装の道に迷い込んだ。 
看板を思い出して、ああ、これのことかなと勝手に思ってそのまま走らせていたら 
行き止りになった。 
一本道で回りは雑木林っぽくてUターンもできない。 
ふとそこにヘッドライトをつけて車が入ってきた。 

「あーあ、この人私が道を知らないとは思わずに、後ろを走ってきちゃったんだな」と思って 
車から降りて行き止まりですよーと教えようとしたら 
ズボンのベルトをはずしチャックを降ろしながら車から出てきた。


スポンサードリンク
続きを読む

このページのトップヘ