スポンサードリンク

タグ:事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


92: おさかなくわえた名無しさん 04/01/26 14:36 ID:mPhKEZ3d

私は20代の頃、ある大繁華街でチンピラとして過ごしました。

チンピラというのはもう社会の底辺中の底辺ですし、兄貴達にも世間様にも人間扱いされません。
しかし、ストレスが溜まりまくってる分、逆説的ですがスーッとする機会も多いわけです。
そんな生活をしていた頃のこと、ちょっと思い出したことを書きます。

今回は、思い出すのも恐ろしい、
私が史上最大のピンチに直面した事件を書きます。

ある日、本部事務所に大至急で呼び出された私は、
組幹部のただならぬ表情に大事件が勃発したことを悟りました。
若頭から直々に応接室に呼ばれ、緊張した面持ちで正面に座ると、
案の定、とんでもない話を持ちかけられました。

曰く、「○○(組員のひとり)が、ついさっき路上でパクられた。
あのバカ、いらんもん持ってやがって現行犯逮捕だ。
そんで、今日明日中にもガサ(家宅捜索)が入りそうなんだよ、ここの事務所に。
で、ヤバイもん分散して持ち出してんだけど、おめえの担当はコレだ。
いいって言うまで保管しててくれや」

と、テーブルの上にゴトリと置かれたものは、まごう事なき拳銃でした。
そんなもん、いきなり預かれってアナタ、ぶったまげましたよ。

断るも何も、アワ食って言葉にならない私に、
「おい、確かに頼んだぞ。これに入れとけ」
と、お菓子か何かが入ってたらしき箱を置き、出てってしまいました。
中には油紙が敷き詰められていて、実弾が数発入っています。

「あ、あの、ちょっと、カシラ、これ、いつまでですか?」
「いいって言うまでだバカ。てめえ、人の話聞いてんのか」



スポンサードリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
akusyu-free

374: 中防 2014/01/26(日) 17:12:32

中学の頃にイジメを受けてました、そのイジメである日、近くの893の事務所に行って来い!と
言われてそれに関してはかなり抵抗しましたが結局は抵抗空しく突撃する事になりました。

イジメっ子の出した条件は3個
1、893の事務所の中に入る事(これができたら殴るの免除)
2、893と握手してる所の写メ(これができたらパシリの免除)
3、893の名刺かバッチ (これができたらイジメをしない権利1週間)


上記の様な事を言われた私は精神的にも参っていて「イジメが一週間もなくなる権利が欲しい!」と
真面目に考えて狙うは全部クリアでした。


スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
223_1600x1200_websbook

209: 1/2 03/07/28 12:19

まだ子供の頃の話です。

実家はマンションを経営してるんですが、
そこのひと部屋に、893が事務所を構えてしまいました。
毎晩大騒ぎをして、近所迷惑この上なしだったんですが、
893なだけに文句を言える人もなく、周囲は空き部屋に。
当然の事ながら、入居者は激減。
このままでは、家族揃って食っていけなくなる…と本気で困っていました。

ある日、父が真剣な顔をして私と弟、母を呼び、1人ずつぎゅっと抱きしめた後
893事務所へ乗りこんでいってしまいました。

怖くて怖くて、どうしようかと思いましたが、泣いていても仕方ありません。
父が危なくなったら飛び込んでやる!と、子供心に決心して
木刀を持ってコッソリ家を抜け出し、弟と一緒にて父の後をつけました。

父は堂々と事務所に入っていき、しばらく出てきませんでした。
相変わらずやかましい事務所内で、父が何を話したかは解りません。
私と弟は事務所のドアの前で、木刀握り締めて父を待っていました。
暫くして、ドアが開き、父が出てきました。

私達の姿を見て、びっくりした様子でしたが、何も言わずドアを閉めようとした瞬間、
893のドスをきかせた声がしました。


スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
dc8f44e2

105: 1/2 2008/07/19(土) 20:42:05

流れを読まずに豚義理。結婚3年目。

自分で事務所構えて仕事している関係か、
「義実家の縁者を役員に汁」とか
「仕送り増やせ」とかやたら言われる。
妻との間に、子供がないことから
「種なし」、「ED野郎」と言われる。

その度に、俺マスオさんじゃないんだけどなと思いつつ、
「無理ですねーw」とか「計画があるんで―w」とか言って流していた。

3ヵ月ほど前に、糞コウトから
「俺、そっちのーほうでー働いてやりてーんだけどー、
金は、30マソくらいでー?我慢するからさー」

というような、有難迷惑なお話を頂いたり。

まぁ、中卒ニートの義弟を雇用して、教育するのが面倒だったのでお断りしたが。

ついでに彼の就業意欲と、自己能力判断を正確なものと受け、
義実家への仕送りを30マソ減額させて頂いた。

スポンサードリンク
続きを読む

このページのトップヘ