必見!オススメ人気記事

タグ:事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

※このお話には続きがあります。続記事23:30

634: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/20(火) 22:19:59
ちょっといいか?カラーが終わるまではカキコ止めようと思ってたんだが焦りはじめてしまって
嫁が浮気してるっぽいんだ。昨日もまた同じ匂いをして帰ってきたんだ。
どう考えても男物の香水の匂いなんだ。
大体、嫁が仕事帰りに友達とお茶するってときにその匂いがする。
毎回名前違ったりするんだが匂いは一緒、やっぱ浮気だよな。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20070705_2576

152: 名無しさん@おーぷん 2014/09/15(月)16:46:16 ID:4YPLpMwlK
私と姉がまだ小学生の頃、ささいな理由でケンカをした。
ケンカが発展して、お互いヒートアップしちゃって、以下のやりとり。

姉「あんたなんかうちの本当の子供でもないくせに!」
私「そうだけど、それはお姉ちゃんもじゃん!」
姉「え?」
私「え?」

私の実親は、育ての父方の親戚夫婦。

私がまだ乳児の頃に、実母が亡くなり、実父は長期間家を空けるのが当たり前な仕事だったので
親戚一同で話し合って、私は現在の両親の養子になった。
今日からこの子が姉ちゃんの妹よって言われた日の事を、姉が覚えてたんだな。

で、実父は親戚だし(って言い方もおかしいけど)、二度と会わない間柄ではないので
私が小学生になった時に、育ての両親・実父・祖父母から事実を教わっていた。

びっくりはしたけど、私は鈍いのか、それとも子供だったからか
特別なショックはなく、ソウダッタノカーくらいの気分だったと思う。
その時に、姉も養子だって話を祖父母から聞いた。多分。
もうちょっと後だったかもしれない。そのへんは曖昧。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o0400026712814481087

167: 1/2 2012/11/17(土) 12:13:25.32 0

流れも読まずに吐き出し
昨晩から今朝にかけて、会社でじさつ志望者の説得してたのが修羅場

自分は夜勤というより持ち回りの宿直で、仮眠室で持ち込みのゲームやりながら
ダラダラしてた20時頃、悲鳴が聞こえたんで飛び出す

上の階にある部署の奴が「Aさんが、Aさんが」とオロオロしながら屋上への階段を指差すんで、
集まってきた別の課の居残り連中とともに屋上へ

屋上の人影に慌てて駆け寄ったら来月寿退社予定と聞いてた別の課のAさん、
既にフェンスの向こうにいるから手をつかむとかできない状態

そっから数人で説得自分も男だけど同期だからか説得組へ、
残りの社員は消防や警察、上司に連絡したり避難用のマット出したりと大わらわ
パニックじみた騒ぎの中、意外と各課とも残ってる奴いるんだなとか
頓珍漢なことを考えていた自分も多分パニクってた

続きます

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m-504x420

314: 恋人は名無しさん 2011/12/20(火) 20:38:18 ID:JnhWNOlwO

俺が巻き込まれた友人の修羅場。

俺→典型的道化キャラ
友男→良い奴だが人見知りが激しい。おとなしく、無口で暗い。
A子→明るく派手めで可愛い女の子

登場人物は全員大学生で同じ部活動に所属。
前半は面白くもなんともないので箇条書き。

・部活内で「友男とA子が付き合っている」という噂が流れる
友男「いや、なんだそれ知らん」

・イジラレキャラのためからかわれる友男。見かねた俺がA子にも否定するように進言。
A子「私も困ってるの。なんか、友男が私のこと好きみたいで、それが変な噂になっちゃって」
俺「????」

・友男に真偽を問う。
友男「えー。俺、A子嫌い。俺のこと小馬鹿にしてるから」
たしかに派手グループのA子はおとなしく真面目な友男を見下したような態度をとっていた。

・噂をダシに友男をからかう先輩。
ある日、部活動でペアを組ませるとき、
トーナメントに沿って決めるものを勝手に友男とA子で組ませようとした。

・今まで我慢していたが部活バカの友男、ブッチリと切れた

友男「付き合ってないって何回も否定しましたよね!そういうの迷惑なんですよ!(A子に対して)アンタも否定しろよ!なにニヤニヤしてんだよ!」

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img2_1199688487


419: 名無しさん@HOME 2012/06/30(土) 11:43:28

自分が養子で、父がクズだったと分かった時。

まず、育った家は、兄俺妹みたいな兄弟構成だから、次男の俺が
養子なんて考えたこともなかった。

高校入学決まった時に、親から自分が養子だと知らされて、びっくりした。
でもその時は、本当の親は父の妹(叔母)で、すでに故人ということや、
「父親は分からない」というしで、びっくりしたけれども、
今までそういうの感じさせずに育ててきてくれたから、と
何とか受け入れることができた。

でも何年もして、俺が就職する時、親から電話がかかってきて、
俺の本当の父親が、実は生きていて、今日ハンザイ者になった、と知らされた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
09051746_5047115269ccf


543: 1/2 2009/01/24(土) 02:37:37 ID:yrHgSKXs

昨日あった話を吐き出させてほしい。

13時ごろ、子供の幼稚園のママグループA、Bと3人でカフェにいった。
なごやかに雑談をして、いざ帰る段になったら財布がない。

さっきカフェに入る前にバッグの中を確認したから忘れたということもない。
もしかして落とした? と思ってキョロキョロしてるとBがどうしたのかと聞いてきた。
あったはずの財布がいま見たらなくなってて……と言いかけると
私の隣に座っていたAが、
「もしかして最初からもってなかったんじゃない?」
確認して店に入ったからそれはない、と反論したけどさらにAは
「それにダンナから聞いたけど(私)さんって刑務所にいたことあるんだよね? 
もしかして自分の財布がないとか言って最初からタカる気だったんじゃないの?」

妙に突っかかってくる態度にピンときて、Aのバッグをひったくってテーブルの上にひっくり返した。

泥棒! プライバシー侵害! とファビョるAを尻目に荷物を物色すると、
やっぱり 私の財布が出てきた。

どうやらおしゃべりに夢中になっているときにバッグからこっそり抜いたらしい。

支払いを終えてからならともかく、支払いをする前に盗むという手口がどうも
臭いので、嫌がるAと引き気味のBをつれてカフェを出て、Aダンナに連絡を取った。
(Aの携帯を無理やり使ったのがDQNだったと今は反省している)
状況を説明すると、みなまで聞かないうちに「申し訳ありません!」と謝ってきた。
やはり思い当たる節があるらしい。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Fotolia_1368661_Subscription_L


333: 名無しさん@HOME 2012/12/03(月) 01:59:31.87 0

進行形の修羅場

自分的にだけどね
うちの末の妹は正確には従姉妹
戸籍上は知らないけど家庭に問題があって五才くらいから家で妹として育てられた
私は長女なので覚えてるが、妹本人は知らないと思う
兄弟ケンカもしたけど仲良しで育った

そんな妹が、付き合ってる人と卒業を待って結婚したいと二人で報告にきた

相手は妹より、ひとまわり近く年上だけど優しく仕事も真面目でしっかりしてる、らしい
甘えっ子の妹には合った相手だと思った
両親は妹が若いことと、結婚のさいに、実は従姉妹は従姉妹なんだと
話さなくちゃいけないと結婚の承諾に迷っているみたいです
甘えん坊の妹がショックを受けないか私も心配です

しばらくして、学校時代の後輩に話があると呼びだされました

懐かしくて会いに行くと、実際に話があるのは後輩の兄のほうでした
話とは、妹の結婚予定の彼氏の話でした

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
a1263258

737: 名無しさん@HOME 2011/07/02(土) 08:45:21.43 0
人を自ら死へ追い込むのに加担した話で、良かったら…
昔のことですけどね…

738: 名無しさん@HOME 2011/07/02(土) 09:12:34.07 0
>>737
kwsk

739: 737 2011/07/02(土) 12:27:20.62 0
もう10年前のことです

「娘が帰ってこない。自殺するかもしれない」って中年の男性から通報がありました

精神的に不安定で自殺未遂を何度もしている高校生の娘さんが帰ってこないとのこと
男性の説明は明瞭で筋が通っていて、どう考えても
今すぐ保護しなければ確実に自殺するであろうと思いました

ただちに上司に報告すると、上司も重大だと判断
かなり大がかりな捜索になりました

娘さんはすぐに見つかりました
同級生の家にいたところを、その同級生の家族の通報で発見
「無断外泊か」って拍子抜けしましたけど、こういうフライングも
事件を未然に防ぐためにはやむを得ないこと
出動するだけに足るとの材料はありましたし

それで納得していました

1年後に彼女が死んだと聞くまでは


続きを読む

このページのトップヘ