スポンサードリンク

タグ:事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

623: 名無しさん@おーぷん 2016/08/06(土)19:03:50 ID:G6X
大学のサークルでツーリングに行った際に集団に車が突っ込んだ。
山道でカーブを曲がれなかった爺さんがセンターラインを越えて俺たちに突っ込んできて避けようがない事故で


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

291: 名無しさん@おーぷん 2016/05/14(土)14:40:39 ID:k3f
事故関係で言えば、俺は相手がジサツして家族が相続放棄して一部賠償金が消えたことが衝撃。
加害者がタヒねば残された被害者は地獄を見るしか無い。

相手のサケ飲み運転&居眠り&赤信号無視で60km/hで減速無しのまま俺の車の側面に衝突。
そのはずみで俺の車は二回転して父が心臓破裂で即タヒ。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

938: 名無しさん@おーぷん 2016/09/04(日)08:11:21 ID:EI4
俺の経験ではないのだが。
大学で、地元の名士に講演に来てもらうてコマがあって、
管轄の警察署長、看護士長さんとかいろんな人が来た。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

274: 名無しさん@おーぷん 2016/09/08(木)21:48:28 ID:x5c
父が事故に遭い、奇跡的に生還した。
以前は些細な事でもすぐに激昂して家族を怒鳴りつけるようなクズだったが
思うところがあったのか、退院してからは少し大人しくなった。

親の知り合いや親戚は「よく助かったわね」「日頃の行いが良かったからだね」
「いいお父さんだものねぇ」と口々に言って来る。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

585: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 18:30:05.15 ID:kCLE0lRM.net
昔の話だけど
夜の田舎道、街灯なし・周りは田んぼ

←前車 ←俺車

こんな感じで走っていて
前車がハザート出して止まり、助手席(か後部座席左側)から
女の子が一人降りた。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

244: 名無しさん@おーぷん 2016/07/15(金)11:02:04 ID:gC8
毎朝夫を最寄りの駅まで送ってるんだが、
家を出る時間が毎日同じだと、前後に同じ車が付くことがよくある。
その中に1台、後に付くと無駄に煽ってくる鬱陶しい車がいるが
住宅街の中の片側一車線だと、どう煽られようが対処の仕様がない。
その車は住宅街を丁度抜けた所で、少し遠回りになる別ルートを使って
(私たちが走るのは図の赤いルートで、その車は青いルート)
一気に私たちの車を追い抜き、バイパスに出る手前で前に出る。
青いルートは一方通行になってて、そんな道路でスピード出すなんて危ないなぁと思うけど
かと言って、途中路肩に寄せて追い抜いてもらえるような場所もないし。
こっちは交通ルールに従って走るだけだと思ってスルーしてきたけど、ある日のこと。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

132: 名無しの心子知らず 2011/08/14(日) 10:43:05.95 ID:tFEsROBK
夏がくーればおもいだすーってあるけど、
帰省シーズンになると思い出す泥ママ一家があるわ。
需要があるなら書く

133: 名無しの心子知らず 2011/08/14(日) 10:44:29.29 ID:HHg6mcIN
需要あり

134: 名無しの心子知らず 2011/08/14(日) 10:47:43.06 ID:lr4Y5N2w
さっさと書け。

136: 名無しの心子知らず 2011/08/14(日) 10:59:43.87 ID:tFEsROBK
ちょっとまとめてくる
ちなみに携帯だから時間がかかるかもしれないのは許して欲しい




スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

594: 名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水)18:30:01 ID:4v3
4年間、意識がなかった
その間は普通に寝てる感じで、特にたくさん寝たって感じはしなかった
夢も見てたと思うけど、目を覚ましてしばらくして全部忘れてしまった
目を覚ましたとき、家の天井じゃないってのはわかったけど、どこここ?ってしばらく寝ぼけた頭で考えてた
起きようとしたけど体がものすごく重くて動かせなくて困った
たまたま女性(看護婦さん)が近くにきたので声をかけようとしたら声も出なかったし、口もあんまり動かなかった
でも身じろぎしたのをわかったのか、女性がこちらをびっくりしたように見て、ドラマみたいに「先生〜!○○さんが!」って
叫びながらどっかに行ってしまった
きょとんとしてる間に人がわらわらきて、その中に母親もいたんだけど、雰囲気が全然違ってて一瞬別人かと思った


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ