スポンサードリンク

タグ:仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

25: 58x158x106x242.ap58.ftth.ucom.ne.jp逃げられ ◆pgSXIgaWCc 2016/08/20(土) 16:59:14.58
多少フェイクあり
【相談用テンプレ】
◆現在の状況 俺は現在病気で週1しか仕事をしていないんだが、家計を支えてくれている嫁が仕事をバックレて家出した
◆最終的にどうしたいか 戻ってきてほしい。離婚したくない。もうすぐまともな職に就くので、もう少しだけ仕事を我慢してほしい
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) 31/連れの飲食店で週一アルバイト/一回で6000円程。辞める前は年収700
◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額) 25/接客業/正確な手取りは知らんが生活費にプラスして来年から行きたがっていた専門学校の入学金も貯めているみたいなんで悪くはない
◆家賃・住宅ローンの状況 賃貸 15万
◆貯金額 俺は200万 嫁は不明
◆借金額と借金の理由 特にない
◆結婚年数 5年
◆子供の人数・年齢・性別 無し
◆親と同居かどうか 別居 俺の両親は鬼籍
◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由 無し
◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)
1年半前に鬱診断が下りてから体の調子も悪くなり、やむ負えなく仕事を辞めて入退院や通院を繰り返していた
その頃株にも失敗して、借金まではいかないものの貯金もなんぼか削れた
俺の体調不良が思ったより長引いたので嫁が代わりに働きに出てくれた
けれどそれから夜のほうがレスになり、それまではずっと何も言わず俺を支えてくれてたんだが最近仕事の愚痴も増え、昨日になっていきなり爆発
はやく仕事見つけろだのなんだの言われたがまだ本調子じゃないし、カッと来て俺もレスの事に文句つけたんだが「あんたが仕事見つけないから」と返され、その日は別々の部屋で就寝
実は3か月後から俺も職場復帰の予定だった。辛いのはわかるけどあと少しだけ頑張ってくれと言ったが無視された
仕事もバックレたようだし嫁は帰って来ないし、出勤を辞めさすこと以外に俺にできることは無いか


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

933: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)23:53:20 ID:7Dj
既婚者のみんなに聞きたい、夫の飲み会は月何回まで許容できる?

うちの嫁さんは専業主婦で、ふだんはおちゃらけてて面白い人だが、キレると超こわい。理詰めでネチネチ責めてくる
俺は仕事柄、月5〜15回くらい仕事の飲み会がある(全部上司の奢りでうちの家計への影響はない)。
先月(正確には3月〜今日まで)は時期的にも飲み会が多くて、通算15回くらい仕事の飲み会があった
嫁さんは仕事の飲みならば「さみしい、嫌だなあ」とは言いつつも、「大変だね、いってらっしゃい」と送り出してくれる。ほとんどの場合は嫁さんが車で送ってもくれる(帰りは午前様になるから嫁さんは先に寝てる)

こんな生活の中、先月は俺の中学時代の友達・高校の友達・幼馴染(みんな違う人物・グループ)の飲み会があって、こっちも4回くらいだった
最初は友達と飲みに行くと言ったら、「仕事の飲み会は楽しくないでしょ、たまには友達と心置きなく飲んでおいでよ」と送り出してくれていたし、やっぱり車で送ってくれてた
今日、「明日も友達と飲みに行く(通算5回目、全部自分の婚前貯金から出してるから家計への影響なし)」と言ったら、嫁さんキレた

「独身の友達らとそんなに遊びたいなら離婚してから行け、結婚してることの自覚がなさすぎ」
「私が用事でひと月に10回やそこらも家を空けてるのに加えて、5回も友達と飲みに行くと言ったらあなたはおかしいと思わないのか」
「2週間前にも同じ話題で話し合いをしたのに、舌の根も乾かぬうちにとはこのことだ」
などと30〜40分ネチネチ責めれた

飲み会が多いのは分かってるが、仕事の飲みは行きたくて行っているわけじゃないし(職場の人数がごく少数しかいないから断れない)、楽しい飲み会は友達との4回だけなのに、ここまで言われなくちゃならないのか?
ちなみに嫁さんも友達と飲みに行くことはあるし、そのときは俺が送り迎えしてる(2〜3ヶ月に1回位の頻度)

気団のみんなは月に何回くらいプライベートの飲み会に行く?
鬼女のみんは月何回くらいなら旦那さんのプライベート飲みを許容できる?



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【4/6】嫁『実家に帰る、向こうで病院に行く』俺「勝手に帰ったら一生許さないぞ」嫁『もう離婚でもなんでも勝手にして』嫁が勝手に実家に帰れないように月2万だけ渡してたら…
の続きです。



668: 89 ◆GMc9S2F9Vw 2009/05/18(月) 20:44:24
嫁親と電話が繋がった
嫁、入院することになったんだって。
左の卵巣を切除しなきゃいけないかもしれないってさ
見舞い行かせてくださいって頼んだけど
「娘は一生君に会いたくないって言ってる」って言われた
それで
娘は今すぐ離婚することを希望してる
親としては慰謝料と養育費を請求したいところだが、
娘が「そんなのいいから早く別れたい」と言ってる
今のうちなら「慰謝料なし、親権は娘」で離婚を成立させられるが、
君が駄々をこねるなら、娘は戦う覚悟ができている。
娘がつけてた日記を読ませてもらったが、
君は娘を本当に「妻」として扱っていたのか?

って言われた。
なんか、なんていうか、
嫁が離婚を希望してるっていうのがすごくショックだった。
分かってはいたけど、現実になるとやっぱりショックだ
親権は欲しいけど慰謝料とか言われても払えないし
もう離婚しかないかなと思ってきた
明日から出張だからしばらく書き込みできないけど

もし どうしようもなくなった時
またここで相談させてもらえないだろうか。
一人でいるとおかしくなりそうだ



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【1/6】嫁『実家に帰る、向こうで病院に行く』俺「勝手に帰ったら一生許さないぞ」嫁『もう離婚でもなんでも勝手にして』嫁が勝手に実家に帰れないように月2万だけ渡してたら…
の続きです。


271: 89 ◆GMc9S2F9Vw 2009/05/15(金) 13:12:27
なんかよく分からない流れになってるけど、
俺は嫁をドレイとまでは思ってない。
女は男を立てて、三歩下がったところからついてこいってのは思うけど。
養ってやってるんだから、家の事を全て嫁がやるのは当たり前って思ってるよ。

嫁と連絡が取れた。病院に連れて行かなかったことと、
食費2万しか渡さなかったことを謝った。
だけど「やっぱり何も分かってない」って言われて電話切られた。
これはヤバイ予感がする。
嫁実家に行った方がいいかな。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

657: マンセー名無しさん 2011/03/11(金) 01:03:17.61 ID:oIL9/Oeg
俺はあるガス会社で働いていたんだが
本社から「すげ~新人そちらに送るから」って履歴書が送られてきた。
みると年齢50歳くらいだったと思う。

某保険会社 営業部長 etc
とにかくすごい肩書き

まぁ この業界ははじめてだし、年上だし、使いにくいなと思いらがらも
住所をみると、いわくつきの地域なんだわ。

でっ翌日こいつは来た。
30分遅れて。
初日だよ 初日



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

254: 名無しさん@HOME 2008/06/21(土) 01:31:42
近距離別居のくせに、合鍵を返さない上、
私が深夜まで仕事をしているのが気に食わず、こっそり侵入しては
ブレーカーを落とすという、PC使いには最低な妨害をしてくるクソトメ。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)13:50:48 ID:2uk
昼なんだが基本スタッフ3人体制のバイト中に頻繁に事務所に引っ込んでウゼエ
時間はかってたら1時間中20分は引っ込んでる

妊婦「ごめんねー俺君、Oちゃん(後輩女バイト)」
O「いえ…」
俺「そう思うならいっそバイト出ないでほしいです」
妊婦「うっ(;_;)」

小一時間後に店長が来て俺にマタハラだよとか言ってきた。
俺「2人で回すの結構キツイんですよ、それこそパワハラじゃないですか辞めます!」

俺は辞めて家に帰ってきた。本部にメールするつもり


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

328: 名無しさん@おーぷん 2015/06/19(金)23:16:20 ID:Wyg
スーパーでレジのパートをしてるんだけど、酷いのが来た。
妊婦の奥さんに商品を山盛りに詰め込んだ籠を持たせてた旦那さん。
目撃したのは品出ししてたパートさん。
カートがあるからぜひご利用くださいと言ったらしいんだけど、
何故か旦那さんが必要ないですと言ったらしい。
他のパートさんは奥さんがカートを使いたいと言っていたのを聞いていて、
速攻でカート置き場からカートを持っていった。

そのときも旦那さんは必要ないいらないと答えていた。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ