スポンサードリンク

タグ:仕送り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

787: 名無しさん@HOME 2014/02/20(木) 23:47:26.52
こっそり投下。初カキコ。
墓場に持っていく予定の修羅場。ていうか誰にも言えない出来事だが,「王様の耳はロバの耳ー!」ってしたい。
今から3年前のこと。

以下当時のスペック(私以外みんな地方在住)
私 22歳 JD(春から院生)
高校卒業後,実家から出て一人暮らし。長女。兄と弟がいる。
母 パートタイマー。
父 公務員。
義伯父 母方の伯母旦那,公務員。夫婦仲良好
子梨のせいか,私を凄く可愛がってくれてた。


私は大学入って研究にはまってからずっと院に行くと宣言していた。
親には「まあ好きにしなさい。お金は心配しなくていい」みたいな感じで了承をもらってた。
ちなみに大学にいる間は奨学金が学費,仕送りが生活費,お小遣いはバイトといった具合。
で,無事志望院にも受かり,バイトと研究に明け暮れていた頃。母からある通告を受けた。

母「ごめん,お金の工面はしてあげられないかも」
私「うん,そっか(ヤッパリナ)」

正直これはちょっと予想していた私(時々仕送りがなかったりしたから)。
貯金(200万ちょい)や奨学金やバイトで,親から仕送りを貰わずに進学する気満々。
その旨を伝えて,大団円と行くはずが……母が変な親心を発揮した。
「娘(私)に無理をさせちゃだめだ,まだあの子は親の庇護下だ」 とでも思ったのかも。
私に断わりなく伯母夫婦に資金援助を申し込んだ。
ここまで前提。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

688: 名無しさん@HOME 2009/08/10(月) 22:57:31
うちの両親はいろいろあって二人とも働いていない(まだ50代)
働いてないし健康だから生活保護ももらえない、だから一人娘の私が仕送りするしかないんだけど
これをウトメが夫から聞きつけて猛反対している(ウトメは60代、ウトはまだ仕事してる)

鳩夫くたばれ、と思いながら話を聞いていると
ウトいわく自分より一回りも下で健康なのにどうして仕事が見つからない、自分だって再就職できたのに…
ウト(中卒、中小企業)よりも実父(宮廷卒、大企業)のほうが条件だっていいはずなのに…と愚痴を言っていた。
さらにトメは夫ちゃんが稼いだお金を事後承諾で仕送りに回すとはどういうつもりだってキーキーうるさかった。
確かに何も言わずに仕送りをしたのは悪かったけど…これはやむをえない出費なんだから……と思った。

しかし本当の敵はたぶん夫、ウトメを召喚して自分が悪者にならないように主張を押し付けようとするなんて……



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

75: 名無しさん@HOME 02/07/25 12:59
うちの姑は後妻サンなんだけど
病気の前妻(うちの旦那の実母)から舅を
奪い取ったというかなりのツワモノ

略奪愛も代償が高かったらしく親戚中から総スカンを食らい結婚式も挙げられ
なかったというのが彼女の中では苦労した、ということになってるらしい
これだけでもオソロシイほどの脳内変換振りなんだけどある日、私にこう
言い放った

姑>私はあの子(うちの旦那)をきちんと育てたんだからこれからは毎月
  仕送りをして
私>仕送りってお金送れってことですか?
姑>そうよ、毎月5万送って頂戴
  私はこのうちに嫁にきてあの子が成人するまで苦労したんだし親に孝行
  するのは当然でしょ
私>そんな余裕ないからできませんよ
  第一、お義母さんは好きでお義父さんと一緒になったのに育てたからって
  どういう意味なんですか?
  その辺言ってる意味わかんないんで詳しく説明してください

この後、姑はヒステリ―を起こし、わぁ、こわ〜い。と私に言われ大暴れ
現在はおかげさまで面とむかっては何も言ってはきません
(っつーか電話もしてこなくなった)

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o05050300120314yokomizo

720: 名無しさん@HOME 2011/01/21(金) 18:39:17 0

今思うと変な人だったけど、若気の至りで付き合った元彼。

遠距離だったからいつも彼の家を訪ねる私。
もうお金がなかったので、あるとき「私のところにも1度は来て」と頼んだら、
「親の仕送りをそんなことには使えない」

・・・バイトして親の仕送りも使って2時間かけて、
プレゼント持って会いに来ていた19歳の私が馬鹿だった。

放置していたら彼からは連絡が半年来なかったので、面倒だから別れの電話をした。
罵詈雑言を聞かされたものの、嫌いで結構と電話をきった。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
dc8f44e2

105: 1/2 2008/07/19(土) 20:42:05

流れを読まずに豚義理。結婚3年目。

自分で事務所構えて仕事している関係か、
「義実家の縁者を役員に汁」とか
「仕送り増やせ」とかやたら言われる。
妻との間に、子供がないことから
「種なし」、「ED野郎」と言われる。

その度に、俺マスオさんじゃないんだけどなと思いつつ、
「無理ですねーw」とか「計画があるんで―w」とか言って流していた。

3ヵ月ほど前に、糞コウトから
「俺、そっちのーほうでー働いてやりてーんだけどー、
金は、30マソくらいでー?我慢するからさー」

というような、有難迷惑なお話を頂いたり。

まぁ、中卒ニートの義弟を雇用して、教育するのが面倒だったのでお断りしたが。

ついでに彼の就業意欲と、自己能力判断を正確なものと受け、
義実家への仕送りを30マソ減額させて頂いた。

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
27768efc34507beab1b22287f7e807f81-700x350

59: 2014/08/17(日)20:08:21 ID:80PDWgti8

産まれたころから貧しかった。
そのせいでかなり酷いいじめにもあった。
その反動で思いっきりグレた。
だけど勉強が好きだったから、18のとき、独学で公務員になった。

仕送りをするために。
仕送りの額は毎月五万〜十万だった。

それからだんだんエスカレートし、私は公務員を辞めて、夜の店を掛け持ちした。

毎月30〜60万仕送りをしていた。
本気で辛かった。

街でオ○カーの事務所にスカウトされた。夢みたいだった。
モデルにも憧れていた。養成所もいかなくてよかったのに、断った。
理由は、両親の近くにいないといけなかったから。

働きはじめて10年が経った今、28歳主婦になった。
旦那にナイショで五万ずつ仕送りをしているが、
今日電話で、仕送りを10万にあげてくれと頼まれた。

両親はなにも悪くない。
二人とも病気だから、仕方ないのは産まれた時から分かってる。

分かってる。

分かってるんだけど、いつまで私は苦しんだらいいのか、
いつまでやりたいことを我慢すればいいのか。

悔しくて涙がでてくる。


スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

すみません、戻りました。
嫁から、「手紙は良いから帰ってきなさい」と電話があり、
戻るとやはり全てがバレてました…
そして嫁にこのスレのこともバレました…

460: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/21(月) 21:56:44
>全てがバレてました

全てが?妙な言い方だな。あれだけではなく他にも余罪があったのか。
そういえば、嫁さんの書き込みによると「またややこしくなる」とあって初犯ではない
問答があったようだが。

461: グラム ◆h.IltL/j3E 2013/10/21(月) 22:02:50
>>460
またややこしくなる、ていうのは、後輩にあとで立て替えるって話で
モンハン買ってきたのを渡したんですよ。
そこだけ見た事務の子が、俺が後輩にプレゼントした、奥さんいるのに怪しい!と騒いだことです。

462: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/21(月) 22:03:14
>>459
ってかお前、便箋買いに行ったまま、逃亡してたんか?

464: グラム ◆h.IltL/j3E 2013/10/21(月) 22:05:49
>>462
いえ、マックでも喫茶店でもいいからゆっくり書いてきて、と言われたので…
モスにいたんです。

465: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/21(月) 22:06:20
>>464
で、どこまで書いたんだ?
便箋3枚くらいはいけた?w

468: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/21(月) 22:12:57
この程度の状況を整理できない男…
コミュ障というより頭が悪いだけのような気がしてきた

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
motox1936

71: 名無しさん@HOME 2007/01/31(水) 14:24:56

断り続けていたのに勝手に仕送りやら小遣いをずーーーっと送りつけていたウトメ。
時には手紙に札を入れてきたことすらあった。
どんなに断っても「人の好意は黙ってもらっておけ」とそのうち怒りだしとまらない。
結局10年間でウン百万になった。

ある日そろそろ仕事をやめて家業を継げ、こっちにもどってこいとお達しがあった。
なにをいってんだと夫婦でポカーン。
電話でやりとりしても埒が明かないだろうと、私が単身話を付けに行った。
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ