タグ:作家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
9519b736

175: 名無しさん@おーぷん 2014/05/15(木)15:13:08 ID:???

親戚嫁Aの神経が全体的に分からない。

Aは美大を出て今はある伝統工芸を作りながら子育て中。
しかしその作品は正直なんだこれ…?というもの。
もちろんそれでも素人に作れるもんじゃないのは分かる。
しかし実際問題超いらない。イヤゲ物以外の何物でもない。

こんなんでも伝統工芸なら商売出来るんだな~と思ったら案の定
お友達の雑貨屋さんとかネットで個人販売してるだけだった。

しかし本人は作家気取り。息子もマザコンでいつもママと一緒、
わがまま三昧。嫌いな食べ物が出ると投げる、泣く。
小さい頃は千と千尋に出てくる坊みたいだなーと思ってたけど
中学生になった今では不気味なだけ。Aは息子を若様と呼ぶ。
そんなAは良トメさんが亡くなった際も
「ねえ旦那の親が死んだときも年賀状は喪中になる?
もう来年のデザインしちゃったのになー面倒ー。
こっちはこっちで関係ナシで出しちゃっても良いかなあ。
来年のはねー中々の出来なの!楽しみにしてて!」とのたまう。
とにかく自己顕示欲と承認欲求の塊みたいな人。

そんなAがある時ブログやらついったやらで、
「NHK大河のグッズ作りを一任されました!頑張ります!」と書いた。
まるで公式グッズを作るかのような書き方で、
実際そうと誤解した人も親戚内にたくさんいた。

現実は、お友達の雑貨屋さんに「作ったら?」と言われただけ。

Aは歴女なので待ってましたとばかりに作り始めた。
出来上がったものを見たけど、これ誰が買うの?状態。

本人のブログでは「入荷即完売の状態が続いて申し訳ありません」
「現在はご予約を受け付けております。限定数ですのでお早めに」と。
嘘か本当かは知らない。その雑貨屋はずっと遠くにあるので。

そんな感じで宣伝しまくったのでセコキチにロックオンされた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Appwoman_71350_1

877: 恋人は名無しさん 2010/05/16(日) 11:51:28 ID:doLicZ6u0

少しフェイク入ってますが、自分的に微妙に修羅場だった体験を
あまり文章を書くことがないので読みにくかったら申し訳ない

俺男…20代社会人。一般人
彼女…俺男の彼女。俺男より1歳上。マイナー作家
姉…俺男の姉。既婚。酔うと俺男にべたべたしてくる
ファン子(♀)…俺男と同じ年齢。彼女の作品の熱狂的信者兼友人

俺男と彼女は大学のゼミで知合い、そこから仲良くなり付き合っていた。
学生時代に既に作家としてデビューしてた彼女にはかなり熱狂的なファンの
ファン子からプレゼント等が彼女家に届いたりしていたりした。
あまり興味がなかった俺男にはよくわからないがファンとの集い?みたいなので
彼女とファン子の面識は俺男と付き合う以前からあり、歳が近いこともあり仲がよかった。
その関係もあり俺男も彼女の彼氏としてファン子とは彼女を通して付き合いがありました。

ある日、俺男と姉と姉夫で仲良く飲んで一緒に帰宅していたところにファン子と遭遇し
俺男とファン子が挨拶をした程度で解散となりました。そして、その日以降やたらと
ファン子から俺に電話がかかってくるようになった。

続きを読む

このページのトップヘ