スポンサードリンク

タグ:修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

823: 愛と死の名無しさん 2014/05/15(木) 18:37:06.81
数年前、会社の微妙に上司にあたる女が結婚したときの話。
その女が結婚するというだけで社内は軽く混乱した。
それもそのはず、おせじにも美人とはいえないばかりか、
ここまで性格が悪い女といまだかつて出会ったことがないというほど極悪だった。
旦那はどんなM男なんだ?という話まででた。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

751: 751 ◆9zFadPLITY 2014/02/04(火) 04:23:24.53
大学生になってすぐ、母の不倫が発覚したこと。厄落としに書くので長くなります。
少し前提を挟むが、うちは両親が中2の時に離婚し(原因は父の浮気)、その2年後に母が再婚。
その時はあまり深く考えずだったが、まだ前父との夫婦関係が続いている間に、母もよそで浮気をして恋人を作っていたことになる。それが義父。
余談だが、義父も母と付き合っていた頃は妻子持ちだったらしいので、いわゆるWフリンというやつだ。
母は離婚前に前父の浮気をひどく非難していたが、今にして思えば「お母さんも人のことを偉そうに言えないよな」という感じ。
前父とはあまりいい思い出がなかったので、私や弟の養育費を出してくれ、前父以上に愛情を注いでくれる義父には感謝しっぱなしだった。
ここから書くことが私(当時大学生)や弟(当時高校生)の修羅場になる。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

721: おさかなくわえた名無しさん 2010/03/24(水) 07:42:33 ID:+erY9Pz0
5歳の時に母親が亡くなってから、私が就職するまで男手ひとつで育ててくれた父親が
頭悪そうな三十路女と再婚した。
その糞女はウチにでかいツラで居座り、働きもせず、家事もせず、一日中ダラダラしてるだけ。
父や私が働いて稼いだ生活費を湯水のごとく使う始末。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

257: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/26(水) 20:18:02.86 ID:sHT8iXMY
中学の時の話
練習試合の帰りに「今日○○(友人)の家に寄るから」と言われ てっきり自分も誘われたと思い、
同じ駅で降りた。すると私の方を振り返りながら皆が早足になったので自分も早足で追いかけた。
○○の家に着くと皆が走って家に入り玄関のカギまで閉められた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

759: 1/3 2009/09/14(月) 11:53:00 ID:UJPHuuH/
私は近所のSCのパン屋で働いています。
そこで先週あったこと。

そのパン屋ではバイキング形式になっているコーナーがあり、4個300円5個400円とかで販売していた。
店長のアイデアで、内容は定番のもの6種類と日替り2種類と言う形にしていたので、結構評判がよかった。
分かりやすいように、サンプル用のパンを陶器のお皿にのせてコーナーの真ん中に置くようにしていた。
基本的には前日の残りのパンをサンプル用に取っておいてラップをして、「サンプルです」と言う表記はして
あったんだけど、時々お皿の上のパンが無くなることがあった。

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

824: 名無しさん@HOME 2010/12/24(金) 11:39:12
私のトメも、狂言ジサツしようとしたことがあったなぁ……
親指立てて笑って見せたら、襲いかかってきたから頃されるかと思った。
絶縁できたのは不幸中の幸い、かな。

825: 名無しさん@HOME 2010/12/24(金) 11:53:31
是非kwskお聞かせ願いたい!>>824

826: 名無しさん@HOME 2010/12/24(金) 11:55:25
何そのdqn話。
是非kwsk!

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

149: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/02(月) 21:41:32.96 ID:dF4ru8Fh
小学生の頃に、リーダー格のAの命令で、友達だったBを仲間外れにした事があった。
Bは美人でスポーツ万能だったから妬んでたし、しかも当時は子供だったから仲間外れにしても罪悪感なんか無かった。

10年後、Bとたまたま同じ就職先で同期入社だった。
私が「久しぶりだね」と声をかけたらBが


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【2/3】俺『長い間、良く頑張ったね。お疲れ様。』妻の長い戦いは終わった。癌が見つかって余命3ヶ月、長くて半年、と言われてから6年と8ヶ月が経っていた・・・
の続きです。


406: 334 2010/10/27(水) 22:03:19
通夜が始まり、友人知人たちが沢山来てくれた。
妻の好きだったミニーの気ぐるみパジャマを着せ(妻との約束)ミッキーとミニーのブライダルペアマスコットを添えてあげた。
それも父は気に食わないらしい。
通夜が終わって、僕の友人が残ってまで力づけようとしてくれていた。
義兄は来てくれていた。義母は来なかった。
遺影選びで不貞腐れた父は、通夜が終わるとさっさと自宅へ戻り、酒を飲んでいるらしい。
僕の友人たちは義兄と面識が無い。当たり前の話だが。
その友人たちに義兄が絡んだ(素面なのに)。
「お前ら、何人の顔ジロジロ見とるんじゃ!!」まるでヤ○ザの因縁である。
二者を隔離して、友人たちに詫びた。
喪主はとにかく忙しい。悲しんでいる暇すらなく、目まぐるしく立ち回る。
すると自宅に戻っていてくれた弟夫婦と何かあったらしく、
弟に父が切れ、取っ組み合いの喧嘩をした後、家を飛び出した、との電話。
飲みに出掛けたらしい。

じっと妻の傍で静かに悲しみをこらえる息子だけは、そっとしておいてやりたかったので、
それにのみ気を配り、後は機械的に動いていた。




スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ