タグ:修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

327: 名無しさん@HOME 2013/04/24(水) 23:51:57.95 0
車で九州から東京に向かう途中

日が暮れて寒くなったので、上着を着ようと
SAで車をとめた、後部座席においたつもりだったが
トランクの荷物の方に入れていたので、トランクを開けて上着を探した
どのバッグに入れたか分からなかったので、5分ほどゴソゴソしていたと思う
無事上着を着込み、再び走り出した
 
しばらく走っていると、泣き声が聞こえる気がした
ラジオの音かと思い、ボリュームを下げてみると、
後ろからすすり泣きが聞こえてくる

ギョッとしてミラーを見るが、車内はほとんど映らないし
高速なので振り向くのも危険
とりあえずSAに入り、恐る恐る後部座席を見ると、全く知らない女の子が乗っていた
驚きすぎて声が出なかった

とにかく子供を下ろして、警察に電話した

前のSAに止めたとき、俺がトランクをゴソゴソしている間に乗り込んだらしい

「自分の車だと思った、違うのに気がついたけど知らない男の人が乗ってきたので
 勝手に乗ったのを怒られると思って、しゃがんで隠れてたら車が走り出した
 どうしていいか分からなくて泣いてた」

女の子(7)は家族と一緒にお出掛けの帰りで、
トイレのあと先に一人で車に戻ったのだそうだ
その時、同じ車種で同じ色の俺の車に間違えて乗ってしまったらしい
ちなみに、女の子が乗ったのは山口県のSA、俺が気がついたのは岡山県のSAだった

カメラの映像で、女の子が自分で乗り込んだことは立証出来たが
ぬれ衣を着せられるんじゃないか、□リコンの容疑をかけられるんじゃないかと
生きた心地がしなかった


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 名無しさん 2014/04/21(月)18:00:47 ID:gpAYXiwzR
めちゃくちゃウルサイ。
けど壁ドンする勇気もない。
どうしよう。

2: 名無しさん 2014/04/21(月)18:01:31 ID:2x7Gq1bBs
大家にチクれ

3: 名無しさん 2014/04/21(月)18:02:13 ID:7PmN2y3UB
何歌ってるの?

6: 名無しさん 2014/04/21(月)18:03:26 ID:gpAYXiwzR
せんぼぬずあああああーきゅらー(千本桜)
よりぅにむあぎるええええ (夜に紛れ)

おそらく千本桜

7: 名無しさん 2014/04/21(月)18:05:34 ID:gpAYXiwzR

「せんぼぬ 、、違うな せんぼん、、、ちがうな
せぬぼぬ、、、 これか。 せんぼぬ ずぁくらーーー」
みたいなかんじで何回も練習してるがうるせーぞ


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
634: 名無しさん@HOME 2013/03/11(月) 16:17:40.76 0
春休みに帰省したら近所の男子高校生が我が家のコタツでゲームしてた
TVをゲーム機で独占していてTVが見れない
夕方になっても高校生は居る
夕飯にもいてガツガツご飯を食べてデザートも食した
いい加減帰るかな?と思ってたらフロまで入って
ジャージで出てきて
その日来ていた服は洗濯物いれに入っていた
俺が自分の部屋を開けると高校生の布団と散らかした荷物
俺はリビングで寝るように言われ腹がたって帰省を取り消し

この高校生は何年か前に引っ越してきた他人の家の子
毒親の子らしいんだが
うちに暖房目当てで押しかけ昼間をすごし・・・
その内夕飯を食べていくようになり
今では他人である俺の実家に住みついた

どうなってるか詳しく聞く前に腹がたって戻ってきてしまったんだが
なんなんだ、どうしたらいいんだと混乱中

ただ帰りがけに近所のおばさんに会ったら
「毒親が○○さん(俺の実家ね)のお陰で子供の分の金も浮いて楽♪」
としゃーしゃー言ってるよと忠告してくれた
実際、光熱費も食費ももらってないようだ

託児所じゃねーんだよというには年齢も行きすぎだろう・・・
すまん、ただの愚痴だよな
 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

814: 名無しさん@HOME 2011/09/22(木) 12:55:02.18 0
明け方父親の愛人がやって来て大騒ぎになった
今日は学校にも行けなくてずーっと2階に閉じこめられてるも同然
腹減った

弟が窓から抜け出してコンビニ行ってくるって言うから金渡した
夫婦のことは夫婦で解決してくれorz

816: 名無しさん@HOME 2011/09/22(木) 12:58:57.05 0
>>814
学校に行けないって、まだ自立するのは難しい未成年か。
そんな修羅wの家からは、さっさと脱出するがよろし。
もちろん、親が子供に出すべき費用はきっちり出させた上で。

818: 名無しさん@HOME 2011/09/22(木) 13:00:20.91 0
未成年を無責任にそそのかすバカな大人が1人

821: 名無しさん@HOME 2011/09/22(木) 13:06:03.26 0
>>814
学校はともかく、食事もさせてもらえず軟禁てひどいね
愛人とずっと話し合い中?

823: 名無しさん@HOME 2011/09/22(木) 13:08:01.97 0
>>814
イキロ



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

28: 名無しさん@HOME 2011/10/18(火) 23:56:49
大学の新歓コンパで、いかにも脳みそが筋肉でできてそうなOBが自慢話を吹きまくってた。
ケンカが強い、仕事が出来る、友だちが多いなどなど…。
次第に男の生き方とやらを語りだす。

かなりうんざりしてたんだけど、声がでかいし、強そうだし、
気が短そうだしで逃げるに逃げられない雰囲気。
「ワルいことしたから今の自分がある」などと言い出して、
くっだらねえDQN自慢しだして他のOBも笑いながら聞いてる。

話が中学時代にやったいじめに及んで、
「こういう写真撮ってやった」って、自慢気に写メを見せて回る。
いじめられっ子がハダカにされてたり、おし○こさせられてたり、
ゴミ食わされてたり、体に落書きされてたりしてて、
このOBは「オレの人生で会ったクズナンバー1」に決定。

周りのOBや上回生が盛り上がってて、新入生は全員ドン引き。

「早く帰りてー」とだけ思ってたら、新入生の一人がいきなりOBを一升瓶でぶんなぐった。
倒れるOBをさらに瓶でなぐり続ける。逃げ出したOBを追いかけて
後ろからけり倒すと、すごい勢いでけりまくる。
全力で人間の頭にけり入れて、瓶を振り下ろす奴を初めて見た。

他のOBや上級生はガクブルしてて動けず。
しばらくして新入生の一人が警察呼んでなぐった奴を警察連れてってようやくお開き。

後日事の真相を聞くと、OBが見せた写真に写ってたのはなぐった奴の兄だったそうな。

兄がいじめで精神病んだせいで家庭が崩壊して苦労したから、
写真を見た瞬間に体が動いてたと。
なぐった奴は退学食らったけど後悔してないって言ってた。

いろんな意味で修羅場だった。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

208: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)13:04:35 ID:cWP6ixW2O
今から23年前の修羅場。

結婚式に旦那になる人が来なかった。
今は犬と猫と一緒に一人ですがたぶん幸せに生きていることかな。

209: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)14:38:29 ID:FVBTXVtp0
>>208
乙です。23年前・・・
あなたには何の落ち度もなさそうな話
差し支えなければkwsk

210: 名無しさん@おーぷん 2014/08/05(火)18:19:06 ID:cWP6ixW2O

kwskありがとうございます。
仕事も在宅みたいなものだし、
人恋しくて誰かに聞いてもらいたかったのだと思います。

23年前私は大学を卒業したばかりでした。
婚約者とは大学2回生の時に知り合って、4回生の冬に婚約しました。

彼は私より3歳年上で、わたしの友達の彼の同僚でした。
彼は技術者として働いていました。
私が4回生の秋に、海外勤務の内示があったので
赴任前に結婚してほしいということで、婚約ということになりました。
私の両親は、私の就職が決まっていたこともあって反対していたのですが、
最終的にはおれてくれました。

私は内定をいただいた会社に事情を話して就職をお断りしました。

それからは、結納だとか、結婚式の準備、卒論等でめまぐるしく時間が過ぎました。
特に卒論と結婚式の準備には時間をとられ、今まで少なくても
2週間に1度は会っていたのが、彼も引き継ぎや挨拶まわりなどで忙しくなり
1か月に1度打ち合わせで会えればいいかなという感じになってしまっていました。

そんな日が続く中、わたしは無事大学を卒業し、
あとは結婚するだけとなりましたが、海外に赴任することもあって
むこうでの生活の荷造り等に時間をとられて
彼と会う時間は相変わらずあまり取れませんでした。

そして結婚式の日を迎えました。

私は衣装を着け控室で待っていました。
私の両親や友人、親戚、彼のご両親や彼の友人や親せきの人が
入れ代わり立ち代わり控室にあいさつに来てくれていました。
しかし式の30分ほど前になって急に彼のご両親たちが、
バタバタし始め、私の両親も控室を出て行ってしまいました。

彼は式場に来ていなかったのです。
あわてて、彼の親せきの方が彼のマンションに様子を見に行きましたが、
彼はいませんでした。結局いくら待っても彼は来ませんでした。
私は彼が事故か何かに巻き込まれでもしたのだと信じていたので、
式を取りやめることになっても彼の心配こそすれ、自分の心配はしていませんでした。

結局、彼のご両親と私の両親が来ていただいた方にお祝いを返却し、
披露宴の食事は招待客の方々に楽しんでいただきました。

私たちは、警察に連絡をしジコ等がなかったかを必死に調べていました。
そんな時に彼から電話があったのです。

彼は私に彼を紹介してくれた友人を妊娠させてしまい彼女と駆け落ちをしていたのです。
結婚式に緊張していた私は、その時初めて彼女が式場に来ていないことに気づきました。

その場で彼のご両親が私と両親に土下座をしていました。
彼の父親は絞り出すような声で謝っていて、母親は声を抑える様にして泣いていました。
私の父は何も言わず肩を震わせてただただ立っていましたが、
母は彼の父親の背中の肩あたりを泣きながら叩いていました。

結局私の父がこういうことは早く決着をつけたほうがいいからということで、
招待客の皆さんが会食している会場に行き
結婚式の中止ではなく結婚自体を取りやめることになった旨を伝え私の結婚式は終わりました。

その後私は彼にも友人にも会っていません。
すべては両親と弁護士に任せました。
私は少し心を病んでしまって、
家から出ることのできない生活を送っていましたが、
両親に支えられ今は元気になっています。

クロという黒柴と、グレというアメリカンショートヘアと一緒に住んでいます。

私が家にいると両親が気を使うので、現在は一人暮らしです。
両親も今は二人で気ままにハイキングに行ったりして元気に過ごしています。
父は、私が一人娘なので自分たちがしんだあとのことをとても心配していますが、
クロとグレがいるので大丈夫だと思います。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


665: 名無しさん@HOME 2008/12/03(水) 10:44:42 0

私が中学3年のときのお話。

もともと私は母親と小さい頃からあまり仲が良くなく、
反抗期もあいまってこの頃はよく衝突していた。
学校から帰ると母親が鬼の形相で携帯電話の料金明細を見せてきた。

こんなに使っていったい何をしてるんだと怒鳴られ、それはそれはボコボコにされた。
最終的に包丁を持ち出され、私は必死にお隣さんの家に逃げ込んだ。

耳からダラダラ血を流していて目元は腫れて真っ赤になってフラフラしている私を見て
お隣さんはタクシーですぐ病院に連れて行ってくれた。
脳震盪おこしていて、なぐられて眼球が切れて白目が真っ赤に染まっていて
口元も耳あたりも切れていて血だらけでそれはひどい顔だった。

病院で手当てしてもらったものの
第三者からの傷害によるものだと保険が適用されないので
3万近くかかってお年玉から私が全額払った。
ちなみに切れた左目は右目と比べていまも視力が悪い。

そして私が使った携帯の使用料は7000円だった。
たった7000円でコロされそうになった私って一体・・・と思い
この事件をきっかけに中学卒業と同時に家を出た。

小さい頃からうちは貧乏だからと言われて育てられて
高校卒業後は進学するお金がなく働いているし、
成人式も着物もドレスもレンタルするお金が無いからと写真一枚すら撮ってない。

そして最近知った事実が我が家は年収1400万近くある家庭だったということ。
借金もないし住まいは家賃2万の社宅なのに一体どこにお金が消えているのだろう。


家を出て6年、あれから母親には一度も会ってません。
でもこれから冠婚葬祭などでかかわらなきゃいけないことがあるかと思うとgkbr


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

22: 匿名 2014-03-28 16:52:47

もう10年近くも前だけど、おれが結婚式場でバイトしてた頃の話。

バイト先の式場はかなりの高級式場だったおかげで
金持ちや芸能人、業界人なんかが式を挙げることが多かった。
面白いことにそんな式場で式を挙げられるほどの経済力を持った男と結婚する女は
芸能人もハダシで逃げ出すほどのレベルの容姿の女であることが多かった。
別でごく普通の式場でもバイト経験あるんだけど、容姿のレベルは明らかにケタ違い。
話の趣旨とはズレるけど、男はやっぱり金なんだなと学習した職場でもあった。

そんな式場で、ネットなんかでよく見る派手な修羅場ではなかったものの、
小さい修羅場はいくつか見ることができた。

新郎の勤め先は日本の中でも有数の商社。
誰もが知ってる、日本の経済の鍵を握るような会社だな。


続きを読む

このページのトップヘ