タグ:修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bat91

750: 名無しさん@HOME 2011/11/28(月) 17:21:58

修羅場と聞いて
まあ俺の修羅場なんてしょぼいが、親が宗教(日蓮系カルト)にハマった一件だったな

そこから母方の祖父母に伝搬しいつの間にか俺の身の回りは新興宗教の信者だらけになっていた
父方の親戚はこれまた別の宗教(真光)をやっていて絶縁状態
挙句の果てにはよくわからない祭壇みたいなものを買いだしたりし始めて・・・

高校に上がる頃には親と夜な夜な殴り合いをするようになってた
親の車を鶴嘴でベコベコにしたり、家の壁が穴だらけになったり
断っておくとうちの親父は体育会系でボクシングやってて左目を潰して引退したような人
加えてレーシック手術によって視力が回復していたので俺では到底敵う相手ではなかった
母親も母親で一度は金属バットで頭をかち割られて、俺はそのまま救急搬送されたこともあった
その事についてついぞ謝ってもらったことはない

ただ俺も負けん気が強くて、かならず可能なだけの被害を相手に与えることを考えて抵抗してた

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
montbell-5

697: ◆fvvZ/ubP8Y 2013/09/04(水) 01:22:06.50 ID:cR/pvbH7

誰も書き込んでないようなので、最近、決着ついた勘助話をば。

一年近く粘着された、勘助の話

サークルの後輩だった勘助。
入部した当初、好きだった女の子にフラれ、相談や愚痴を聴いていた私にターゲットをチェンジ。
私には当時から、結婚を前提に付き合っている彼氏がいたため拒否をしていたが、
全く無視して猛烈なアタックをされた。

告白された回数18回
メールは毎日20通(平日)
内容はといえば、彼氏sage発言や、勘助がいかにイケメンかの自慢話。
その上に、毎日電話までかかってくる。

鬱陶しい事この上なかったため、サークルの幹部にも相談し、
厳重注意するものの収まらずに、半年が過ぎた。

長くなってしまったので、一度切ります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m-504x420

314: 恋人は名無しさん 2011/12/20(火) 20:38:18 ID:JnhWNOlwO

俺が巻き込まれた友人の修羅場。

俺→典型的道化キャラ
友男→良い奴だが人見知りが激しい。おとなしく、無口で暗い。
A子→明るく派手めで可愛い女の子

登場人物は全員大学生で同じ部活動に所属。
前半は面白くもなんともないので箇条書き。

・部活内で「友男とA子が付き合っている」という噂が流れる
友男「いや、なんだそれ知らん」

・イジラレキャラのためからかわれる友男。見かねた俺がA子にも否定するように進言。
A子「私も困ってるの。なんか、友男が私のこと好きみたいで、それが変な噂になっちゃって」
俺「????」

・友男に真偽を問う。
友男「えー。俺、A子嫌い。俺のこと小馬鹿にしてるから」
たしかに派手グループのA子はおとなしく真面目な友男を見下したような態度をとっていた。

・噂をダシに友男をからかう先輩。
ある日、部活動でペアを組ませるとき、
トーナメントに沿って決めるものを勝手に友男とA子で組ませようとした。

・今まで我慢していたが部活バカの友男、ブッチリと切れた

友男「付き合ってないって何回も否定しましたよね!そういうの迷惑なんですよ!(A子に対して)アンタも否定しろよ!なにニヤニヤしてんだよ!」

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
daimond01-thumb-580x386-494


401: 名無しの心子知らず 2012/10/16(火) 19:46:42 ID:y6czE/3Q

近所のAママからのクレクレセコが酷くて
そろそろセコケチに書こうかと思ってたら、先日とうとう泥された。

Aは人の持ち物に敏感で、誰かが新しい洋服や小物を買ったり、
今まで見た事ない物やメイク用品(色物)を身につけてると
直ぐにそれクレあれクレ、前の要らないでしょクレクレ攻撃が酷い。

ほかのママ友を含め皆で近寄らないようにはしてるが、町内会のつきあいもあるので、
完全に無視とまではなかなか出来ない歯がゆい現状でした。

先日亡くなった叔母の七回忌をし、皆の気持ちにも整理が付いただろう、って事で
実家にあった叔母の小物や鞄などを女親族で形見分けをし、
私は一粒ダイヤのついたチェーンネックレスやイヤリングや時計や細々としたアクセサリーを貰った。

大好きな叔母だったのでその日から肌身離さず付けてたんだけど、
先日ずっと避けてたAと遭遇し、すぐにストールで首元を隠したが、目敏いAが
「それ新しいネックレスだね!ちょっとデザイン古臭いけど可愛いね!
私の方が似合うんじゃないかなー」

とニコニコ顔で言うもんだから案の定ポカーン。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
57261_l

908: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/27(水) 00:31:09 ID:3Wlp0LRM

突然ですまぬ
もう何年も前の話なんだが歌舞伎町の居酒屋で働いていた時の話だ

夜勤で店長も他のスタッフも全員出勤できず仕方なく自分一人で働いていた時なんだけど
暇な日で全然お客様が来なくて仕込みも終わらして
ボーッとしてたら893の三人組が来店した

そのうち二人は顔見知りでまあインテリ893っていうの?
かなり礼儀正しくて堅気には手を出さないタイプ?
で、もう一人が20歳になったくらいのガチDQN、しかもかなり酔ってる

なにか注文するたびに「おい不細工!」
と俺のことを呼ぶ。

まあ確かにイケメンではないがそこまで言われるいわれはないわwwww
まあゴツい系だから歌舞伎町ウケは悪いタイプだったけどwww

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
IMGP4992

880: 名無しさん@HOME 2012/02/14(火) 15:58:23

親友人には吐き出せないので。

・夫(36)が実は養子だった。
・実両親がキチガイのサイマーで弟がキモニート。
・全力でタカリに
・弁護士召喚中。
・夫急性ストレスで腸に穴があきかけ今朝緊急手術。
・トメさんも過労で一緒に入院。

以上年末からの修羅場。
夫のうなり声で目が覚めるとか、本当心臓に悪いです。
あと夫、心配かけてごめんねと気丈にしてるけどなんと支えたらいいのか。

年末思わぬ事故で舅さんが他界。
夫独身時代、全員大人だけどwって言いながらも
ディズニーに家族旅行行ったり
川下り行ったりと、仲良し義実家家族で、ちょっと不安だったんだけれど
結婚してからは私をハブとかなく、本当に本当によくしてもらってました。

スーパー良ウトさんだったので、トメさん(良)義弟S・私たち夫婦全員が
今だに立ち直れない位のショック受けた。
突然過ぎたのもあって余計に悲しみの消化ができない状態でした。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DSC05165

19: 1/4 2009/06/13(土) 21:56:50 O

>>1
さん乙です。
ちょっとしたものですが投下します…つまらなかったらすみません。

別に農家でもなんでもないのに、私の娘(7)よりまだ見ぬ長男の方が大事らしいトメ。

娘が生まれた時も会いに来ることすらせず、トメが冷たいのは棚にあげて
「なつかないかわいくない」と言っては長女を避けていた。

そんな態度を夫やウトに注意されても、愛情はコントロールできないとまで言い切ったトメ。

幸いその後遠距離別居になったので、トメからの凸に怯えることはそれほどなく、
どうしても義実家に行かねばならない時は、
娘を実家に預けたり、徹底的に長女に旦那をつけさせたりしていた。

娘もウトとは仲良くするものの、トメの様子にはちょっと気付くものがあったらしく、
当然というか娘は実家が大好きで、私の母と一緒に簡単なご飯を作ったりもしていた。
私の母は娘の私から見てもとても穏やかな人で、
私の娘が手伝ったサラダや餃子やカレーを、いつも
「美味しいね、孫ちゃんは上手だね、おばあちゃん嬉しいよ」と言ってにこにこしながら食べていたそう。

と、ここまでが前置きなんですが…

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kounandaitaishin3

763: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/14(土) 13:53:53.63 ID:j7ZmxTWP

お茶請け程度になれば。高校時代の話。

私は少し変わったアレルギーを持っていて、校内の体育館に入れない体質だった。
体育祭が近くて、体育館が練習場所に取れた日は、私は練習に参加できず、
ぎりぎりクラスメイトが見えるくらいの場所で見ていた。

そこで、勘助(他クラス、同学年)登場。
「私さん、体育のときとかいっつもそこにいるよね。どうかしたの?」
勘助は頭が良いことで有名だったので、私も彼の存在は知っていました。

でも、私のことを知っていたのに驚いて、キョドって、
あーえっと、体質で、ちょっと……みたいな返事。

ふーんそうなんだぁ。と言われ、クラスと名前を聞かれる。
クラスと、名前(苗字だけ)を答えたら、ちょっと小馬鹿にしたような、嫌な笑みで去って行った。

続きます。

続きを読む

このページのトップヘ