必見!オススメ人気記事

タグ:修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

588: 名無しさん@HOME 2012/03/25(日) 23:51:54

学生時代に24時間営業のファミレスで深夜バイトしてた。
午前2時くらいに20台後半くらいの男女が入ってきた。店内に客はその2人だけ。

男は無表情、女はべそべそしてた。離れたところで割り箸の補充とかしながら
聞こえてきたことを総合すると、どうやら女が浮気して話し合いに来たらしかった。
しばらくしたらフライドポテトが注文されたから、出来上がったのを持って行ったら
男が手を出して皿を直接受け取って、いきなりポテトを全部床
(私の足元)にぶちまけた。固まる私に見向きもせず、同じく固まる女に向かって
「食えよ。何でもするんだろ?手使わないで直接口で食ったら許すよ」
と言った。ちょっと全員誰も動けなくて、女がもう泣きながら
「○○君なんでそういうこと言うの…」
とか言うんだけど、男は全く動じなくて
「何でもするから許してって言ったじゃん。早く食えよ」
ってずっと無表情。私はどうすればいいのか分からないし足元ポテトだしで
一歩も動けないまま固まってたら、女が泣きながら
「もういい…帰る。別れるからもういい…」
って立ち上がってさっさと帰って行った。その後男が
「汚してすいません」って謝りながらポテト拾ってくれたので手伝った。

ポテト拾ってお金払って帰るときは凄く普通のお兄ちゃんで、それまでの
無表情っぷりが嘘みたいでこれがああなるんだって思ったら逆に怖かった。

完全に巻き込まれた形だけど修羅場の空気って半端ないんだと初めて知った。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


414: 本当にあった怖い名無し 2012/05/25(金) 18:01:12.55 ID:vVO5QM3CO

たいしたことないけど投下してみる
前おきが長いです

実親が、有りがちな長男崇拝で
女の私には二言目には誰に食わせてもらってんだとか
精神的いじめとあからさまな長男びいきされてた

私はかなり大人しいほうというか
生まれた時からそんな感じなんで
反抗する気力もなくただ耐えてた

父は家にあまりいないからそこまでではないが
母のいじめは毎日
25才まで家に軽く軟禁状態だった

母も父と成長した長男(私の兄)
に叩かれたりしていたんで気の毒だしとずっと反抗しなかった

私は家を出たくて結婚

そしたら母は、手を出すことはなく
家に給料入れるまとも?な旦那と私が
結婚したのがきにいらないらしく

除しろとか姑いびり的なものをしてきた
(母は家の掃除月一したらいいほう)

でも別に暮らしてるからほっといた
先日子供を連れて実家に帰ったら
子供が病気になってしばらく実家に泊まることになった

そしたらここぞとばかりに嫌味嫌味

言い返したら叫びだすので子供の前だし黙ってた
しかし私が30年近くためてたのが噴火した

子供が寝てる間に母の所へ行き
「何様じゃごらあ」的なことを言いながら
掴み掛かった



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


456: 1/6 2010/08/17(火) 15:39:13 ID:e9l29ZHf0

私子 大学2年、人見知り
ハフ美 大学2年、ハーフでグラマー美人、勝気なS
熊男 24歳、他学部生、マッチョ
友子 大学2年、ハフ美の友達、小動物系


大学生の頃、いつも出席する授業で目が合ったハフ美に話しかけられ友達になった。
ハフ美は学部では有名な才媛で、性格も朗らかなパーフェクト美人。

当然友達も多く、人見知りの私子を色んな人に紹介してくれ、
地味だった私子の大学生活は一気にリア充っぽく変化した。

ハフ美に影響された私子は、化粧やファッションの指南を受け、
一緒にスポーツジムに通ったりと自己改革をスタート。

3ヶ月も経つ頃には、見た目も良い方へ変わり始めていた。


遅い大学デビューを遂げ、楽しい大学生活を送っていた私子だったが、
それでもまだ男性とは全く縁がなかった。

そんなある日、他学部の授業の帰りに、
同じ講義を取っていた熊男に突然話しかけられた。
熊男は長身のマッチョで、元体育会運動部所属の優しげな顔立ちの先輩。
恥ずかしながら、これまで男性から話しかけられたことがなかった私子は、
「これが自分磨きの成果!」などと舞い上がって連絡先を交換した。

それからは、メールや授業、食事をしたりしながら
熊男と親しくなり、めでたく私子に初彼氏が。
ずっとアドバイスをくれていたハフ美もとても喜んでくれた。

初めての彼氏とデートを重ね、幸せいっぱいの私子は人生の春を謳歌していた。

が、その反面、友達付き合いが希薄になってきていることに気づけなかった。
それもそのはず、話すことといえば熊男との惚気話ばかりで、何の話をしても恋愛話に繋げる。
今思うと完全に頭に何かが沸いていた。

そんな私子の話を、ハフ美だけが嬉しそうに聞いてくれ、友情が続いていた。
惚気を聞かせるだけでは満足せず、「ハフ美も彼氏作りなよー」と
モテるのに彼氏がいないハフ美に調子に乗った発言までした。

思い出すだけでもしにたい。
そんな沸いた状態で熊男との交際が3ヶ月ほど続いたとき、ハフ美との関係に変化が起きた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


88: 名無しさん@HOME 2012/09/15(土) 21:53:37.52

もう随分前の修羅場。

結婚して一年目の大晦日に夫から、
実は男が好きだとカミングアウトされ離婚を切り出されたこと。
絶対親にも友人にもバラさないでくれと言われ、あまりにも誠意がないので調べた。
調べたと言っても携帯とか持ち物くらいだけど。

男好き云々は嘘だった。

元カノと偶然再開して運命を感じてやり直したかったそうだ。
ゲイだということにすれば、私も元カノも傷つかないとおもったそうだ。
女性を傷つけず男である自分ひとりが傷を負うつもりだったと威張った態度で言ってた。

離婚後二人は結婚したが一ヶ月で離婚した。

元カノは、一ヶ月で別れたから慰謝料返して頂戴と言いにきて
ファミレスでメニューを投げて暴れたのも修羅場。
不倫を隠したいでもカモフラージュの男が好きという話も隠したいで
フラフラした元夫は自爆して男が好きで不倫という疑惑を周囲に持たれ、
逆恨みして私を待ち伏せして殴りにきた。
ころしてやると叫んだので警察沙汰に。

あれから10年。
また元カノと運命の再開して運命の恋が始まったとつぶやいてるらしいと知人から聞いた。
元夫は今は独身だけど、元カノは既婚者らしい。
でももう縁切れた相手なんでそんな情報もいらない。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

293: 0/6 2009/12/04(金) 17:54:15 ID:IKte7jM2
数年前の事で即解決な泥ママ未遂の話です。
 
ご近所な泥ママ、30代前半で幼稚園児持ちが要塞のような我が家に突撃して玉砕しました。
これだけでは何なので、フェイク込みで後だしナシにしようとしたらじっくりと6分割にな
ったのですが、今は大丈夫でしょうか?

294: 1/6 2009/12/04(金) 17:55:41 ID:IKte7jM2

というか、いけそうなのでいっちゃいます。

我が家は、夫の手により、家の周囲には暗いところでも見える防犯カメラが死角無く設置
され、1Fには(寝室は2F)あると分かってても見分けが付かない隠しカメラが仕込まれ、
それらの映像は寝室で(独身時代に使ってた
14inchのTV3台で)モニター出来るようになっています。

当然モニターだけでなく、昔の使わなくなったビデオデッキを
対空き巣用に屋根裏に隠して常時録画もしてます。

以前に某映画を見てからは、もし1Fに誰かが侵入しても2Fの子供部屋と寝室のドアは少々
の事では破られないように、ドアを補強しロックが掛かるようにするまでの念の入れよう。
両実家共に空き巣に入られた経験があり、その際に警備会社が意味なかったことや、夫が
大学生時代に阪神大震災で済んでたアパートが半壊→半焼した為か、防犯と耐震と耐火は
これでもかってなくらいのほとんど要塞のような我が家。
この件まで、夫にはやり過ぎ金かけ過ぎと散々に言ってました。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

906: 1 2010/10/20(水) 15:19:13 ID:eb/nuNDG
家庭の恥だけど、弟から託児された。
一応ちょっとだけフェイクいれてます。

私には2歳上の姉と9歳下の弟がいて、この弟がクソ。
姉と私とを生んだ母は私が1歳の時に没、その後父が再婚してその人との間に弟が生まれた。
この母親が露骨に息子チャンだけに愛情を注いで私と姉を虐待してくれて、
お陰で私は中学時代からグレはじめ、高校卒業後、別の意味で放置子だった旦那と知りあって
実家から逃げるように20歳で結婚した。
弟は母親から溺愛され、着々とクズ男に育っていった。
姉は一応「長女だから…」と大人の対応で、実家近くに会社員と結婚して住んでいる。
弟はアホだしクズだし結婚なんて無理、と思っていたら意外にもしっかりした女性と結婚。
ところが、子供が生まれて数ヶ月も経たないうちに離婚。
しかも、弟から聞いた話では「子育てしない嫁を追い出した」「相手から養育費を貰う」とか何とかかんとか…
子育てできるんかいな?と思ってたら、案の定姉宅に託児して自分は知らん顔。
姉には一応意見したんだけど「デモ可哀想だから…」「ダッテ私が育てないとこの子ミルクももらえないし…」と
典型的なデモデモダッテチャンなので、忠告だけして後は放置した。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは、園の者です。
ここ数日で、また色々ありましたので経過を報告したいのですが、
投下してもよろしいでしょうか。

174: 名無しの心子知らず 2011/09/09(金) 22:11:23.23 ID:TfpTAzi7
お願いします

176: 名無しの心子知らず 2011/09/09(金) 22:14:18.31 ID:oZu8dheN
園の人って姪のお迎えで部活バッグを盗られた人であってる?

177: 園の人 ◆oArUvaFfBA 2011/09/09(金) 22:14:26.26 ID:vF5VwSWY
それではまず、泥父の電話について。

こちらは、前回ご報告したとおり、同日の夜に再度泥父から電話があったそうです。
またマシンガンが始まるかと警戒して義兄が電話に出たそうですが、
意外にも泥父は大人しく、前のシッターさんに対する非礼について詫びてきたとのこと。
話した感じも、怒ってはいるが抑えている様子だったそうです。

ただ、泥父の主張では
・泥ママがした勘違いを、私や姉夫婦が大袈裟にしようとしている
・泥ママは謝罪しているのに、それを私が受け付けない
・私が怒って自転車をひっくり返し、危うく泥子に大怪我をさせるところだったのに、
そのことは棚にあげて泥ママを責めたてている
・園の方にも難癖をつけて、他のご家族や職員に迷惑をかけている

ということになっており、まるで話が噛み合わなかったとのこと。
しかし相談に乗ってくださった弁護士さんが
「直接泥家とやり合わない方がいい」
とおっしゃっていたため、反論はせず、泥父と予定を合わせて
話し合いの席を設けることになったそうです。

――というわけで、泥家と対面することになりました。
当然ですが、私も出席します。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
※このお話には続きがあります。続記事→23:30

408: 名無しの心子知らず 2011/09/06(火) 17:05:23.34 ID:QU4/3bqB

流れを無視して申し訳ございませんが、投下させてください。

先日、姪を保育園に迎えに行ったとき、同じ園のママさんに荷物を盗まれました。
泥ママがキチで怖かったけど、それ以上に園長が泥ママ絶対擁護で大変でした。

明らかに私が被害者なのに、私が泥扱い。
姪にいたっては“駄目な子”扱い。

とりあえず容疑は晴れたのですが、
なぜか荷物の一部は返してもらえず、泥ママはお咎めなしです。

私にお迎えを頼んだ姉は憤慨して、訴えてやると意気込んでいるのですが、
被害額が微妙、納得していないとはいえ一応は終わってしまった案件ということで、
正直微妙そうです。

個人的には、園長にもしかるべき罰を受けてほしいのですが……。
とりあえず、後日姉は泥ママに話をつけにいくようです。

何かしておくべき対策や、園長をこらしめる方法など、教えて頂けないでしょうか。

409: 名無しの心子知らず 2011/09/06(火) 17:08:11.50 ID:XhlA0n0f
警察。。。ダメっぽいな

410: 名無しの心子知らず 2011/09/06(火) 17:11:44.52 ID:RXruwP6m
>>408
うわぁ、乙
まず、どこに相談するにも何が起こったのか時系列順に紙に書いておいた方が吉
あと園長との話は録音して、まとめて市役所辺りに相談かな

冤罪は精神的に疲れるよね
お茶どうぞ(´・ω・`)つ旦~

412: 名無しの心子知らず 2011/09/06(火) 17:12:27.30 ID:RWuzen/6
>>408
詳細がわからないから何も言えません
盗まれた物や状況、どのような話し合いが行われたか、擁護の内容
何一つ書かずに何を聞きたいの?

413: 名無しの心子知らず 2011/09/06(火) 17:12:54.68 ID:0SS6GAg6
園長と泥がつながってたりして。


414: 名無しの心子知らず 2011/09/06(火) 17:13:32.19 ID:yAH2XEHx
>>408
本気でやるなら弁護士。


416: 名無しの心子知らず 2011/09/06(火) 17:16:23.57 ID:zFrC2blw
園長と泥が親戚関係かもしれんな
保育園なら市役所に今からじゃ遅いから明日すぐにスーツ着用で

警察と違って役所はお役所仕事しかしないので明日

それから他ママに味方は作れそうにない?
これのあるなしでお役所系は大きく変わる



続きを読む

このページのトップヘ