タグ:修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
10098030033

395: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)00:06:22 ID:uxoidM7iT

約10年前に付き合っていた人との話。
スペックは当時のもの。

私、26歳 ネトゲオタクな社会人 容姿はクロマニョン人に似てると言われる。
身長156cm。ツルペタヒョロガリもやし。

彼氏、22歳 ヘルパー志望の学生 容姿はお世辞にもカッコイイとは言えない位の感じ。
身長165cmくらい。ピザとまでは行かないデブ。

彼氏との出会いは当時やってたネトゲだった。

出会いを求めて遊んでた訳ではないが、一人で狩りをしつつうろうろ。
装備出来るアイテムだが店に売って良いのか解らずその辺にいた人全員に向けて質問発信。
答えてくれたのが彼氏だった。

何にも解らなくて色々教えてくれ、
その後彼氏の加入してるギルドに迎えられ、そこそこ楽しく遊んでた。
オフ会が開催され参加。

彼氏とは、住んでる地域が近いのもあってオフ会以降ちょこちょこ連絡を取り合う仲に。
そっから一年ほど友人期間があり告白されて交際スタート。
彼氏は介護する人になりたいと目をキラキラさせて語っていた。
そんな話を聞いていて「人の役に立つ仕事を選ぶって凄いなぁ…」と感心していた。

ある日友達と一緒に大型ショッピングセンターのフードコートでご飯を食べていたら、
聞いた事がある声が聞こえて来た。
声の方を見たら彼氏も友人とそこに来ていた。
彼氏の席からは柱が死角になり私が見えないようだった。
ただ彼氏の話してた内容は耳を疑うものだった。

彼氏「そういやさぁ…この前テレビにZ武が出てインタビューされてたんだよ。
でさ、インタビュアーが「今、一番欲しいものは何ですか?」って聞いた訳。
したらさ、アイツ何てったと思う?」

彼氏友人「…さぁ?何て言ったの?」

彼氏「「翼が欲しい」って言ったんだよ。俺さ、そこで大爆笑。「お前翼の前に手とか足とかたりんモンいっぱいあるだろーw」ってテレビに突っ込んだよ(ゲラゲラ」

彼氏「マジな話さ、ガイジって本当身分弁えてないよなぁ…目につくだけでイライラするし、
本当サクッと死ねばいいのに。きめぇんだよ。」

おおよそこのような内容を喋っていた。
私は頭から冷水を浴びせられたかのようにスッと彼氏への気持ちが冷めて行ったのが分かった。

お付き合い始めたばかりで肉体関係もなかったし、
何の後腐れもなく直ぐに別れられると思って彼氏の携帯に連絡をした。
電話を見てため息をつく彼氏。
彼氏「クロマニョンから電話来たわ。ちょい出るから黙ってて」

続きます


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
news_093

この記事は再編集されたものです。

195: 1 2009/03/11(水) 14:33:18 0

元義姉(私の実兄の妻)とその一家がクソ。

もう結構前に終結した話なのに先月思い出したように現れたので
実兄たちに許可をもらいイライラ解消&厄落としのためにフェイク入れつつ投下。

書いてたらものすごく長文になってしまったので
嫌いな方はスルーしてください。


私は兄2人の3人兄妹で、幼い頃から兄妹全員ある同じスポーツを続けてきた。
長兄と私は学生時代までで、その後就職して会社員になったけど、
次兄は社会人になった後も続けてプロテストに合格、そのスポーツで生計を立てている。

長兄と私がそれぞれ結婚した後、次兄は2年ほど付き合っていた女性(義姉)と結婚した。
先述のとおり次兄は一応プロ選手なので、合宿や遠征などで飛び回る。
独身時代から1年の半分は家に帰ってこない生活をしており、それは結婚しても当然変わらない。
結婚前
「こんな生活だから嫁さん淋しがらないか心配だ」
「でも嫁はその辺理解してくれてるから嬉しい」
と惚気ていた次兄を家族でワイワイとからかった事を今でも忘れられない。
 
私も義姉には付き合っている当時から何度か会った事があるけど、
当時は人当たりが良く清楚な感じの女性と思った。

次兄は家に居る時は大半の料理と掃除を担い、
本人の意向と兄の勧めで結婚後も仕事を続けていた義姉の疲れと日頃の淋しさを
少しでも労おうという生活だったそうだ。

次兄が結婚して1年ほど経ったころ、
私と私夫で実家に届け物に行った際、偶然次兄がやってきた。
遠征先の土産を持ってきたよと笑顔だったが、どう見ても影がある。
私夫もそれに気づいたようで、「話を聞いてみるよ」と夜に飲みに誘い出してくれた。
男2人で飲んで聞き出してくれた話を後日聞いて驚いた。

つづきます

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20130428110652_517c843c27a3a

945: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)19:03:03 ID:edyhzLIZ2

気持ち悪い従弟の修羅場

一つ年下の従弟(母の妹の子供)がいた。
それ以前にもそこそこ交流あったけど、高校が同じだった。
俺が見てた限りだとそんな兆候なかったのに、高校入学早々いきなりキチガイになった。

まずは名前もよく知らないと思われる別のクラスの女子にいきなり告白して玉砕。
よく知らない相手から告白されても気持ち悪いだけだしこれは当たり前だと思う。

れだけならただのイタい奴だけど、フラれた後はその子に粘着しまくってた。
昼休みに「ご飯食べよう」とか、放課後に「遊びに行かない?」って毎日続けるとかは序の口で、
どう調べたのか土日に家の前で「付き合ってください!」って一日中土下座したり、
しまいにはその子の家に窓から入ろうとして大事になって停学くらってた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
a0182081_15202945

152: 1 2013/10/06(日) 20:58:21 ID:ZEGh7fHV

長いです。
893が絡んだ話なので、胸糞注意。
かなりフェイク入れているので、辻褄合わないです。

前提として、私には年の離れた兄がいます。
幼少期から体が大きく、乱暴者で、小学生の頃高校生を半頃氏にした黒歴史あり。
重度のシスコンで、親に感動された後も私には甘く、私の同級生は影で『ジャイアン』と呼んでいた。

ジャイ子こと私は、大学時代漫画家としてデビューし、
卒業後は住宅地の一軒家を、住居兼職場として購入。

周囲の住民は、私よりひとまわり以上年上の夫婦と小学生くらいの子供、といった家族構成が殆ど。
右隣は小梨のキャリア夫婦の出来杉さん、左隣は成人した息子とその両親が住む野比さん、
どちらのお宅とも挨拶程度の関係だった。

小さな子供がいる家庭は、子供会や登校班等で関わりもあるけれど、
毒女の私は近所の方と特に接点があるでもなく、また仕事が忙しくて家の外に出ることもない、
外出は車を利用していたので、両隣以外はどんな人が住んでいるのかも知らないくらい、
近所づきあいは希薄。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bb60db97


632: 630 2011/04/27(水) 16:07:13.51 O

人違いで刺されたことがある。

結婚式場で仕事してたんだが、写真撮影に使う、
造花のアーチを解体してるときにいきなり刺された。

ドン!って鈍い衝撃が体に走って、その時は
「誰かが走ってきてぶつかったのかな?気をつけろよ全く~」って思ってた。
振り返ってみたら、自分の腰あたりに小柄な女性がくっついてる。

「あの、お客様…」って声かけたら、その女性が叫んだ。「何っ!!誰!!?って。
こっちからしたらお前が誰やねん、ですよ。
んで、ぎゃーぎゃー喚きながら走って行ってしまわれました。

追いかけようとしたら、体に力が入らない。
身体中に激痛が走る。特に腰が痛い。パニックになるけど声が出ない。
腰を触ったら何か生えてる(この時は本当に生えてるって思った。)
気がついたら同僚が叫んでた。自分も立てないくらいの激痛と息ができない苦しさで、
そこから先はあんまり覚えてない。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_1130040_25012925_3

※この記事は再編集されたものです。

984: おさかなくわえた名無しさん 2008/06/26(木) 12:28:04 ID:9ZMV6pbJ

一週間前の話。

今、私は7ヶ月の妊婦です。

先週、妊婦検診の帰りに駅へ向かうためバスに乗ってたら、
体格の大きい男の人と付き添いらしき小柄のおばあさんが乗ってきた。

車内の椅子はほとんど埋まっており、空いてるところは
私の隣で二人がけの椅子と、後ろの男子学生さんの隣の二人がけだけだった。

私の隣に男の人が座ったんだけど、普通に座るってより空いてる椅子に向かって
突進してくる様子で来た。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bk85bes5ymzofvdi-image

85: 名無しさん@HOME 2012/03/21(水) 01:03:11

私がまだ小学生だった頃、母が死んだ。
母を死にまで追い込んだ父を未だ許せていない。
連絡を絶ってもうすぐ10年。

私に娘が産まれたことは、まわりが知らせたみたいだけど
一生会わせる気はない。

だけど、周りからは勝手なこと言われますよ。
「あなたも人の親になったんだから、もう少し丸く・・・」
「お母さんが亡くなったのは、もう自分の役目が終わったからだ」

その都度、心の中が修羅場だった。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
3ri5


269: 名無しさん@おーぷん 2014/07/27(日)05:14:47 ID:9FUj9rQhr

誰もいらっしゃらないですかね。こっそり投下していきます。
長いと怒られたため、何個かに分けます。

ここの方々の遭遇した勘違い男たちと比べたら全然大したことないかもしれませんが、
学生時代に遭遇した勘違い男の話です。

無神経な言葉が出てきます。苦手な方はスルーしてください。
初書き込みなので、読みにくかったら申し訳ありません。


・私
吉田沙保里選手の体に志田未来の顔をくっつけ
身長を小さくして胸だけデカくした感じを想像してください。
(見た目のバランスがかなり悪いw 特に肩とふくろはぎの筋肉が発達していて夏は悲惨w)
土日のみシフトでした。
年上の彼氏と別れた直後でした。

・バイト先の上司 Aさん
温水さんが中年太りして黒ぶち眼鏡をかけたという感じのおじさんを想像してください。
平日のみのシフトでした。

・バイト先の先輩 Fさん(40代くらい?)
土日平日は関係なく昼間のみのシフトでした。


卒業の時期でそれまで平日の夜にシフトに入っていた高校生のバイトさんが一気に辞めてしまい、
平日の夜が人手不足となったため、私は4月に入るまでの2か月限定で
平日の夜のシフトに移動することになりました。
その際に私の平日のみの業務を教える担当になった人がAさんでした。

Aさんと私は今までシフトが違ったため、面識が一切ありませんでした。

初対面から私の母の体調(一時期母が乳がんで入院していたため
バイトを休んでいた時期がありました。)を聞かれたり、
お客さんが途切れる度に、Aさんの身の上話や学生時代の武勇伝話などを聞かされました。

最初のうちはおせっかいで話し好きなおじさんと思っていたのですが、
毎回バイトの度に上記の話をされるため、
だんだんとこの人自慢好き?ってかうるさくない?めんどくさい人だなぁ。と感じ始めました。

そんなこんなでAさんの話に対するスルースキルも上がり、
ボーっとしていてもAさんに対して適当に返しているという事が出来るようなまでになってきた頃、
辞めていった高校生達の卒業祝いでちょっとしたカラオケパーティ的なのを
Fさんが幹事で行うことになりました。

カラオケパーティの3日くらい前にAさんに
「私ちゃんにサプライズを用意してるから!楽しみにしていてね!」と言われ、
Fさんが幹事なのに、なぜAさんがサプライズを知ってるの?と、ちょっと気になりはしたのですが
いつも通りに適当に返してました。これをAさんは楽しみにしてる!と思ってしまったんでしょうね。。


続きを読む

このページのトップヘ