必見!オススメ人気記事

タグ:修羅場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
カップル12

28: 恋人は名無しさん 2007/10/09(火) 15:38:26 ID:MsVLiL+d0

兄の修羅場みたいな奴

兄には付き合って1年の年上彼女A子さんがいた。
何度か会った事はあるけど、優しくて面白くてで話題も豊富。
チョット気が強すぎるところはあるようなのは、父親が浮気の末駆け落ちし
体の弱い母親と弟を高校卒業後一人で面倒みてきたからだと思う。
弟さんは一昨年結婚し家を出た。
お母さんは昔脳梗塞を起こし、顔面・右腕・右足の麻痺に加え軽度の嚥下障害もあり
その面倒をみつつ仕事をしているというしっかり者。
兄はかなりヘタレなのでちょうどバランスが取れていて良いかも、なんて兄をからかったりもしてた。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
o04000266imagephpimage_uid00007052w400

914: 1/7 2007/10/06(土) 02:37:49 ID:pXQkvthn0

私子 23歳
A子 24歳(大学時代からの私子の親友、一浪のため1つ年上)
B男 23歳(C子の彼氏)
C子 23歳(A子の友人、B男とは周知の仲)

A子が起こした修羅場の話です。
数年前のことです。
私子とA子は同じ大学で学んでおり、同じ科に女性が少ない事から仲良くなりました。
大学を卒業後、A子はK株式会社に入社しました。
私子も希望職種に就け、お互い地元に就職できたため、しばらく付き合いは続いて
いました。
卒業後から私子には彼氏はおりませんでしたが、A子はといえば、大学入学当初
からの男癖の悪さに拍車をかけ、たくさんの彼氏と遊んでいました。
(A子曰く「男性が告白してくれたら、その勇気に感動してひとめ惚れてしまう」
とのこと。)
もう注意してもA子の二股三股は直らず、私子は諦めながらも、普通に女同士で
付き合う分のA子には好感が持てたため、よく遊んでいました。

ある平日、A子から私子の会社に直接電話がきました。

A子:「イライラして自宅で睡眠薬たくさん飲んじゃった。
歩いて近所のレンタルビデオ屋に返却に行く途中なんだけど、
ふらふらしてきて怖くなったの。…私子助けて…」

A子の力無い声にびっくりして、私子はチーフに事情を説明し、車を飛ばしてA子を
探しに向かいました。
たまたま、私子の会社とA子の自宅が近所だったため、
数分後には道端で倒れていた彼女を見つけることができました。

そのままA子を拾って彼女の自宅に送っていき、水を飲ませ、布団に寝かせました。
やっと落ち着いてひと段落した時に、A子の携帯が鳴りました。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ph01

384: 名無しさん@HOME 2011/09/02(金) 21:55:07.34 0

携帯からなんで見辛かったらごめん。
子どもでも衝撃的すぎるとよく覚えてるもんですよね。

私と兄が幼稚園前くらいの年に、母が教習所へ行くことになった時のことです。
その教習所には併設の託児所があり、私と兄はそこに預けられました。

が、この託児所にいた保母さんがとんでもない人でした。

ニコニコしているのは親がいるときだけで、普段は別室でお菓子食べつつテレビを見ていて子どもは放置。
子どもが騒いだ(といっても普通にキャッキャ声を出しただけ)時だけ子どもの部屋(?)に来て、うるさいと容赦なく子どもをぶん殴る。

おかげで託児所には私と兄以外にも4?6人はいたのに誰もが騒ごうとせず、
壁際にピタッと張り付くように座り、ひとり遊びばかりしていたのを覚えています。

私と兄は両親に「いつも叩かれる!あそこには行きたくない!」と訴えたのですが、
私たちがあまりにも幼かったせいで、何か悪いことをして怒られたのを
大げさに言っているとしか思われておらず、この状態は数ヶ月続きました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20110124_02


557: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/24(火) 18:04:52.14 ID:huhwQ1DV

自分は地方の空港に勤めてる
と言ってもパイロットやメカニックじゃなくて空港経営のお店
今年の8月の中ごろ、旅行客で賑わうなかで騒動があった

10時ごろだったと思うけど、突然男性の怒鳴り声と女性の悲鳴が聞こえた
空港で喧嘩って実はよくあるんだけど、悲鳴があがるほどのことは今まで一度もない
何だろうと思ってお店から顔を出すとすぐ近くの待機所で一人の男性(A)が
もうひとりの男性(B)の胸倉を掴んで怒鳴り散らしている

叫び声の主はAの腕を必死に掴んで、離して!ねぇ離して!!と叫ぶ女性(おそらくA嫁)
怒鳴り声は止まらず警備員が駆けつけてきてもAとBはヒートアップしている

会話が全部聞こえてきたんだけど、どうやらA嫁とBが不倫旅行へ
行こうとしている所をAが押さえたようだった

A嫁の妹から朝電話があってAが一緒に旅行にいくんじゃないの?と聞いたら
知らないよ?と言われて飛んできたらしい

二人は警備員が止めるのも聞かずにまたヒートアップ
他のお客さんもビックリして遠巻きに見ている

するとおもむろにAがBに掴みかかった
またA嫁が悲鳴を上げているがうるさいだけで何の役にも立っていない・・・
そのまま警備員を振り切ってAがBを思いっきり投げ飛ばした

うちの店の方へ

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img4c60ac13zikazj

548: 名無しさん@HOME 2012/03/26 18:02:07

義実家はいつ行ってものんびりとした空気が流れていて、とても居心地がいい。
ウトメものほほんとした人で、夫も同じ。
なので、中距離にも関わらず割としょっちゅう遊びに行っていた。
義実家の近くにコトメ一家が住んでいて、こちらも良く義実家に来る。
コトメ夫もおっとりした人で、パパに似たのかコトメ子ちゃんもおっとりさん。
みんな仲良しで、集まるととても楽しい。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1206193top

9: 恋人は名無しさん 2010/09/10(金) 18:45:00 ID:io5MUFD+0

こないだ片付いた?ばっかりの修羅場を投下してみる。

うちの家系の女は皆だめんず好き。
放蕩浮気オヤジは数年前ガンで死に、今は母、姉、俺、妹で住んでいる。
兄弟はもう一人、兄がいるが、他県で結婚してるので一緒には住んでない。

まず母がだめんず好き。
父はいい男でもなく金もないのに女が絶えない人で
俺が11歳の時から家を出てよその女と暮らし始めた。
そして7年後、糖尿とガンを発症し(どっちも末期)女に捨てられ、追い出されて
行くあてもなくウチに帰って来やがった。
俺たち兄弟は大ブーイングだったが、母は
「あの人もつらかったのよ」
「これでようやく家族全員揃った。家族みんなでお父さんを見送ってあげられるのは
神様の思し召し」
とわけのわからないことを言い、受け入れてしまった。
この時点で兄は呆れ、この家から脱出して他県に就職した。
母は体の動かなくなった父に日常的に踵おとしを脳天にキメられ、
罵られつつ献身的に介護し、最期まで看取った。
葬式には愛人が乗り込んできて、保険金半分よこせと息巻いていた。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20_20120427180158

792: 名無しさん@HOME 2013/07/01(月) 19:33:00.60 0

規制から解放された記念に。
私がまだ小学生くらいの時の修羅場。

団地の最上階に当時は住んでいて、確か9階だったと思う。
まだ夏も真っ只中な深夜、網戸だけにして家族で川の字で寝ていた。
そのとき、お隣の部屋からものすごい音がして目が覚めた。
物を投げる音とか、女の人の金切り声。どうやらとなりの人が浮気をして、お嫁さんにバレた模様。
そのお嫁さん、精神に異常をきたしている人で、いわゆるメンヘラさんだった。
なんで私を、とか、こんなに私は愛してるのに、とかキンキン声で叫んでいた。
両親が顔を見合わせたとき、となりの部屋の窓が空く音がして、
「こんなことされるなら死んでやる!!」とお嫁さんの声がした。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img491_Y398766526


450: 名無しさん@HOME 2012/05/02 16:40:16

20代半ばで結婚し、妊娠しました。小さなアパートで暮らしていたので
「子供を育てるならもっと広い所に行かないとね」という話をしていたのですが、
元夫は何か人ごとというか「うん、そうだね」とは返事をするけど実感がないというか。
心ここにあらず…と言った感じでおかしいとは思ったのですが、当時は時分のことで手一杯。
そして病院で出産。実家には兄夫婦と子供がいたので、里帰りはせずアパートに両親と戻りました。

しかし、元夫がいない。
夜になっても帰らない、携帯は当時まだあまり普及しておらず、夫も持っていませんでした。
会社に電話したら「帰宅した」という。夫実家も「え?だって今日赤ちゃんが家に帰る日でしょ?
うちにいるわけないじゃないですか」という返事。
事件に巻き込まれた?まさか交通事故?と母と父が警察や親戚に電話するのを
赤ん坊を抱えて呆然と部屋の真ん中で座ってみていました。

結局、元夫は失踪していました。
貯金が全部引き出されていて、元夫が会社で管理していた
新幹線の切符が横領されていたことが発覚しました。
(切符の件は会社側の配慮で私の耳には入らず、
後になって夫親から聞かされました。逃走資金だったようです)
初めての出産、初めての夫家出で呆然…とする暇もなく、とにかく子供を育てないと…
ああでもお金がない…
どうしたらいいの~~と泣く私と赤ん坊の話を聞いた友人達がカンパを募ってくれ、
更に出産経験のある友人や友人姉が手伝ってくれました。
両親や親戚にも何度も助けられました。本当に感謝しきれません。

ここまでが修羅場1。

続きを読む

このページのトップヘ