スポンサードリンク

タグ:元嫁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

655: 離婚さんいらっしゃい 2009/10/15(木) 11:07:17
出張先で中耳炎になり病院行ったら
元嫁と会った。
10年と半年ぶり。

何か汚い生き物になってて哀れだった。


656: 離婚さんいらっしゃい 2009/10/15(木) 11:13:32
kwsk


657: 離婚さんいらっしゃい 2009/10/15(木) 11:17:42
655
ワロた。
そんなもんなんだね。
歳月人を待たず。諸行無常の響きありってかぁ。
いつまでも元パートナー思っても無駄、前向きに歩こう。



スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

145: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/02/07(土) 11:06:13
とりあえず解決したので俺も書き込んでみようかな。
3年前に俺の子どもを産みたくない!と言って別れた元嫁から「あなたの子どもができたから戻ってきてほしい」と連絡があったよ。

要望があったら、まとめてから書き込む

146: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/02/07(土) 14:25:08
待ってます

147: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/02/07(土) 15:22:43
待ってる待ってる。

148: 145 2015/02/07(土) 17:23:33
すまん、まとめてたら途中で寝てた。

身ばれを防ぐために時間的な要素やところどころにフェイク入れてます
最初に書いておくが障がい者について触れるから、気分を害する人もいると思う。

俺の父も母もすでに他界している。そして父の兄(伯父)は重度の知的障がい者でずっと入院していた。
伯父も父のタヒ後しばらくして内臓疾患で他界した。子供のころから年に何度か両親と伯父のところには
面会に行ったり、盆と正月には家に泊まってた。伯父は3〜5才児がそのまま大人になってしまったよう
な人だったので、おれ自身は伯父に嫌悪感のようなものは持っていなかった。
父のタヒ後は、母と2人で伯父のところに面会に行っていた。
母からは、俺の結婚は伯父のことでなかなかできないかもしれない。理解のある人と付き合うようにし
なさい、と言われてた。
母は父との結婚のとき、気にならなかったのか尋ねると、「(父に)惚れてしまったものはしょうがない、
血筋にいなくても生まれてくる場合もあるし、生まれたら生まれたで育てていく覚悟はしてた。」と言ってた。
俺が20歳のとき、母は癌でタヒんだ。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

906: 名無しさんといつまでも一緒 2013/10/19(土) 21:18:10
何年か前の話になるが。

嫁が書置きと緑紙おいて出て行った。
「別に好きな人ができました別れてくださいごめんなさい」
みたいなこと書いてあった。
当時の俺はここにあるような知識も何もなかったから、泣きながらそのまま紙提出。
不倫共は同じ市内に住んでるらしく、2人腕組んで歩いてた、みたいな目撃情報をわざわざ寄せてくる奴もいてさらにへこんだ。
じ○を考えたこともあったが何とか立ち直ることができ、その後何年かして元いた会社から独立、
小さいながらも自分の会社を立ち上げた。
で、こないだ商談の帰りに街中歩いてたら、「○○君」と、昔の呼び名で呼びかけられた。
見ると、一見ホームレスの婆さんみたいなのが立ってた。
え、なにこれ、と思ったが、よくよく見ると元嫁だった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

148: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/19(金) 18:31:34
元嫁との離婚をものすごく後悔している俺が通りますよ。
俺の有責による離婚。元嫁の離婚条件は自分と離婚したらすぐプリとケコンすること
ケコンしたら戸籍謄本を送って来い。その後プリとの離婚は許さない。慰謝料は夫婦共同の貯金全額いただく。だった。

シタラリだった俺はふたつ返事で了承。
プリは「理解のある奥さんでよかった」と言っていた。

リコン→ケコンした俺はとりあえず元嫁に電話連絡、金のことは置いといてなぜあんな条件を出したかきいた
「後々あの条件がきっとあなたを苦しめることになるから」

今嫁とケコンして1年半。元嫁の台詞通りになりますた。
働かない・家事しない・子供はまだ産みたくない。
人生オワタ


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

921: 名無しさん@おーぷん 2015/07/08(水)11:22:33 ID:e8G
今日休みなのでつらつら書いた。長くてすまん。

一度目の結婚、俺は24で元妻(以下“元”省略)は29、5つ年上だった。
が、妻は背がちっこくて可愛くて、誰が見ても年上女房には見られなかった。
2年目、仕事から帰ると妻が泣きはらした目で産婦人科に行ってきたことを話した。
子/宮がん検診に引っかかって、全摘を勧められたらしい。
子/宮を取ってしまったら妊娠は望めなくなる。だけど摘出するなら早い方がいいそうだ。
不思議なぐらい迷いは無かった。
早い方がいいと医者が言うぐらいだから、迷ってるヒマはない状態なんだろうなと思ったし。
そりゃあ子供は欲しかった。だけど妻の命に代えられない。
そして手術を受けた。
「鎹なんかなくたって、俺たち大丈夫だよ」本心からそう言った。
この時は本当にそう思ってたし、妻を愛していた。
だけど妻の方がなかなか心の整理が出来なかった。
社宅住まいだったので、どうしても回りは同世代が多く、新婚や妊娠中の人、
小さい子供を遊ばせている人が多い。
それを見るのが辛いようだった。
手術のことは妻の希望で社宅の人には話していなかったから
悪意はなくとも踏み込んだ質問をされることも多かったらしい。
「そろそろお子さんは?」と聞かれるたびに
「妊娠できないのに、そんなこと聞かれるのが辛い」と愚痴をこぼした。
どうにか気分転換させないとと思って、多少無理しても本人が望むところに連れて行った。
海外旅行も年2ぐらいでやってた。友達同士の旅行にも行かせた。
本当は子供が出来ない以上、老後の為にも貯金に励まなきゃと焦りもあったが
今はとにかく妻のやりたいようにさせて、ストレスを溜めさせないことが優先だと思った。
が、いつまで経っても「今日こんなこと言われたー、子供できないのにー」
「今日も言われたー、泣きたいー」「今日もー」と愚痴を聞かされる。
多分、本人が思ってるほどガッツリ言われたわけじゃないことも
神経質に捉えてクヨクヨしてるようだった。
そういうの全部ひっくるめて支えるつもりで手術同意書にサインしたつもりだったけど
仕事から疲れて帰ってきて度々愚痴られるとどうしていいか分からなくなった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

351: 名無しさん@HOME 2016/05/25(水) 23:24:03.36
私の冷酷な態度に嫌悪感を抱く方もいるでしょうが、書き残させて頂きます。


離婚した元妻に引き取られ、会うこともままならなかった娘から不意に着信がありました。
久しぶりに連絡を取るので緊張しているのか硬い声で「結婚の報告をしたいから会って欲しい。」
私はとても喜びました。

次の週、少し離れた元妻の地元へ足を運び待ち合わせ場所の喫茶店に入りました。
応対した店員に娘の席を確認し、心を弾ませながら案内された席に向かうと
そこには元妻から送られてきた娘の成人式の写真よりずっと綺麗になった娘が座っていました。
私は娘の向かいの席に座り笑顔で話しかけましたが、娘は私を睨みつけ一言も喋ろうとしません。
娘の目を見ると、その奥底から滲み出て来るような恐ろしい憎悪を感じました。
私は落ち着いて姿勢を正し、何故そのような目で私を見るのか理由を問いました。
すると娘の口から信じ難い言葉が出て来ました。「私が不倫し、元妻と娘を捨てた。元妻がどれだけ苦労したか分かっているのか」


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

425: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)19:10:24 ID:iRB
友人がバツ3。
典型的な「彼氏にするのはいいが結婚に向かない男」らしく
どの嫁とも長続きしなかった。
離婚の直接の理由は不明だが、全部「性格の不一致」を建前として別れている。
友人いわく「嫌い合って、憎みあって別れたわけではない」。
離婚する時そいつは必ず「年寄りになった時、お互い独身だったらまた一緒になろうゼ」と
約束するのだそうだ。
嫁は3人とも了承したと言っていた。

だがそんな俺らもついに中年。いくつとは言わんがぎりぎりバブルを経験した世代だ。
そろそろ体にガタが来だし、心細くなる。
友人はまず最初の嫁にコンタクトをとった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

185: 離婚さんいらっしゃい 05/02/05 19:29:56
不倫したあげく出て行った元奥が重い病気らしい。
両親とはタヒ別、兄弟とは不倫のことで縁を切られ、挙げ句の果てに
一緒に逃げた間男とは別れて、孤立無援状態らしい。

知りたくなかったし、知らなければ良かった。

憎むことすら出来ないというのは辛い。
せめて幸せな状態だったら、気にせずに済んだのに。。。



スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ