スポンサードリンク

タグ:元旦那

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

822: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/10(日) 10:54:34.92 ID:naAIcRtY
正月に姉ちゃんの元旦那が押しかけてきた。
「年賀状見たんだけど」と鼻息洗いそいつに一言。
「まあこのお腹見れば分かるよね。そういうことだから」
こいつは自分の種が薄くて子供が出来なかったくせに、その責任を姉に押しつけたあげく
「愛人に子ができた。やっぱり悪いのはお前じゃないか。この欠陥女。離婚だ」
と姑と一緒になって姉を追い出した最低男。
「嘘だろう」と狼狽える男の様子が尋常じゃなかったので話を聞くと
子供がこいつにも母親にも全く似ていないので
今になって姑が「本当にアンタの子なの? 」と言いだしてるらしい。
まあ種付けるだけの男とは違い、女は妊娠した事を身体で証明できるからね。
茫然自失状態でとぼとぼ帰って行くそいつの背中が情けなくも笑えた。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

709: ◆qpvo1HVVFU 2012/06/08(金) 18:53:57.65 0
とうの昔に離婚した元旦那から今さっき来た


 愛してるよ、愛してるよ
 どうしてこんな簡単なことに気付かなかったんだろう
 僕は君を愛しているんだ
 君だけが僕の運命の人なんだ
 けれど悲しいね
 運命が引き裂かれてもう10年も経ってしまった
 でも僕は負けないよ
 いつか必ずまた君と笑いあえる日がくるって
 だって運命だからね
 愛してるよ、愛してるよ
 早く君が僕のところに戻ってきてくれることを信じてる
 君が僕や両親のもとに戻ってきてくれるのを
 君が僕のかわいいお姫様の優しい母親になってくれるのを


あんた確か10年前に不倫したとき
「プリンは僕の運命の人なんだ!」って言ってなかったっけ?
まあその運命の人wは、育児放棄して借金作って男と逃げたらしいけど?w


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

551: ◆l5cEUlQGOCPT 2013/09/22(日) 01:17:04.51
誰も居なみたいので書き逃げ。

元旦那が結婚3年目(小梨)で浮気。
この時点で離婚を決意してたんだけど、
大奥大好きなプリンちゃんが「見台所(?)と側室が一緒に暮らして寵愛を奪い合うなんて素敵☆ミャハ」と乗り込んで来たので、弁護士入れてサクッと離婚した。

そんな後ろ暗い出来事があったにも関わらず、さっき元旦那からロミメが来たので投下。

件名:お久しぶりブリーフ!

お元気ですか?
君の所(私の持ち家)から追い出されて、もう2年かぁ。
早いなぁ…ほんと早い。

そういえば、○○(共通の友人)から聞きました。
お父さん、亡くなったんだね。
離婚しなければ、今頃は俺が社長だったのかな?なんてね!

今からでも遅くない。
俺が君を支えるよ!
先ずは食事でもして、これからの事を話し合おう。
連絡して。

これが一通目。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

344: 名無しさん@おーぷん 2015/01/29(木)22:59:24 ID:???
修羅場だけど半分愚痴
文才ないから長くなってしまった

約20年くらい前に元夫の浮気+私に内緒で消費者金融で借金してたことが発覚し離婚
当時若かったから知識もないしPCどころか携帯すら持ってない時代で、慰謝料とかなしの泣き寝入り
借金だけは私の親が動いてくれたので私に被害がなかったのが救いだった
子供達は私が絶対手離すつもりがなかったのと、元夫が浮気相手との再婚を夢見てたから、親権はすんなり貰えた
正直なところ、元ウトメのいびりや元夫のマザコンっぷりにほぼ冷めてたので渡りに船だった
金がないどころか借金抱えてる元夫に多額の養育費は無理だったので月々3万(子2人分)で諦めた
その微々たる養育費は1年弱支払われただけでその後は貰っていない、関わるのが面倒で請求もしなかった
最後の養育費が支払われてから元夫・元義実家とも音信不通、住まいも車で2時間程の隣県だから偶然会うこともなかった

去年自宅に借金の請求書が来た。元夫がタヒんだらしい
後で知ったことだけど元夫は結局再婚もしておらず、法廷相続人はうちの子2人だけだった
借金取りってすごいのね、相続放棄出来る3ヶ月過ぎてから送ってきた
送られてきた請求書だけでも総額700〜800万くらいあったから実際はもっとあったと思う
法とかに無知な私も子供達もパニックになった
職場の友人に愚痴ったらそういうのに詳しい人いるよと教えてもらい相談してまだ放棄出来ると教えてもらった
専門家にも相談しつつ家裁に訴えた結果、無事相続放棄出来て私も子供達もホッとした

今日夜勤明けで昼寝してたら、どうやって知ったのか元トメから自宅に電話がきた
「親の不始末は子供が尻拭いしろ、遺産放棄とは何事だ!」(要約)とのこと
アホかこいつはと思いながら、いきなり何ですか?と言い返したら、元ウトメが借金背負う事になったと喚いてる
年末に請求書が来てお前達のせいで最悪の年越しだったとか言ってたから、さっさと放棄の申請しろよバカかと思ったら、
どうも元夫のわずかな貯金とか元夫の持ち物等売り飛ばした金を着服してたらしい
借金はうちの子に背負わせて、金目の物は私達の知らない内に自分達のものにすればウマーとか思ったんじゃないかな?
20年近く音沙汰なかったから、元夫の所有物や貯金なんて私達は知り様もないしね
結局それが仇になって放棄申請が認められなかったって、知らんがな
相続放棄を撤回しろとか喚かれたけど、「嫌でぇす♪」ってガチャ切りして音消して留守電にしておいた
そもそも放棄を撤回とか出来るのか?しないけど

元ウトメ確か今70半ばくらいだったはず、生きてるうちに借金精算なんて無理だろうなぁ
請求書来た時も修羅場だったけど、今度は代襲相続に備えなきゃならんのかと修羅場継続中


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

803: 名無しさん@HOME 2010/08/19(木) 13:51:37
脱力で熱中症になりそうだ
小粒でインパクトも無いけどショックを分かち合ってもらいたいよカキコ

やっぱりあいつとは上手くいかなかった
こうなることが判ってたのに
俺のために別れてくれたお前
人は学習する生き物
お前の言うとおりだったよ
人生の勉強を一つ終わらせた成果を見てくれ

読めば判ると思うが離婚原因は浮気
別れるときに
「どうせ上手くいかないよ!不幸になれ!」
と怒鳴りつけたのが変換されたらしい

『バカに付き合う奴はバカ』を学習したから
もうこいつの相手をする気はない
黙って着拒にするか、奴の実家に警告を出してから着拒するか悩み中




スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

451: 名無しさん@おーぷん 2014/10/08(水)13:54:57 ID:???
昨日元旦那からお金を貸してほしいと電話があった。
私と元旦那は元旦那の浮気が原因で離婚したんだけど、その時の浮気相手との間にできた子供が
難病は難病なんだけど、難病指定されていないらしくてものすごく治療にお金がかかるらしいのね。
それで、2人とも自分たちの実家にお願いに行ったんだけど、断られたらしく、私との離婚が原因で、
2人とも友人たちからも切り捨てられたらしくて、お願いするところがもう私しかいないとか言われた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

91: 名無しさんといつまでも一緒 2009/04/01(水) 16:12:49
元旦那はプリと再婚して幸福そうだよ。

子供は私が育ててるから時々メールで近況報告しあってる。
子供に会いにたまに来るしね。
それが元プリ嫁には気に入らない事らしくてさ、元旦那が子供と会ってる間、空メールとかワン切りとか私の携帯にかかってくるんだよね…

いい加減ウザイから元旦那にチクるかな


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

448: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)10:26:11 ID:oh9
元旦那と離婚したときが修羅場。
私はtwitterのアカウントは持ってるけど、3回ほど呟いたが、それ以来放置。
アンインストールはしなかった。
そのアカウントに高校の同級生からリプがきた。

「旦那と別れて付き合おう、それがダメなら不倫してくれ」と。
そのときは土曜だったけど仕事で気付かなかったので意図せず放置。
その数分後に100RTいったら不倫お願いね☆とリプがきていた。
同級生のツイートは瞬く間にRTされまくってた。
100なんて余裕で超えており、同級生は私のアカウントから
元旦那のアカウント(こちらも放置気味)を探し出し、元旦那を挑発。
元旦那は私に不倫の気持ちなんて皆無だと理解してくれたけど、明らかに壁が出来てしまった。

「私子は悪くない。説明しづらいけど、なんだろうな・・・。ごめん」と言って背中を向けられてしまった。
久しぶりにわんわん泣いたよ。仲がよくてこれから子供を作ろうかという幸せ絶頂だっただけにショックが大きかった。
結局修復できず、離婚。お互い納得して慰謝料無しで財産分与だけした。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ