スポンサードリンク

タグ:兄嫁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
4851929570_5b9864d44d_b

984: 名無しさん@おーぷん 2014/08/29(金)15:53:14 ID:???

兄嫁が、自分の子供を弟夫婦の子と交換しようと提案してた。

兄子(姪)は幼稚園生。言葉も早く覚えて、パパ、ママ、おばちゃん、と
しっかりした発音で、お話がとても上手。
弟子(甥)は3歳前。
まだ簡単な会話が出来る程度だが、人なつっこくとても愛嬌が良い。

弟は「パパ」と呼ばれるのが照れくさいとかで、甥には「お父さん、お母さん」と教えている。
今はちょうど舌っ足らずな感じで「おとうしゃん、おかあしゃん」と呼んでて、すごく和む。
時々父母間違えて呼ぶのもまた可愛い。
スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1208847_35671158_m

695: 名無しさん@おーぷん 2014/08/12(火)14:52:03 ID:???

エリートの兄が40まで結婚しなかったのは
私のせいだったと知った時

私はそもそも結婚する気が無い。いちお正社員で仕事してるし
友達もいる、趣味に没頭、彼氏がいた事無い訳じゃないけど
今のこの実家暮らしがぬくぬく過ぎてもうこれで良い。
両親は資産家で、私からは特にお金入れなくて良いと言う。
だから家事をやってる。犬も猫もいるしもう十分幸せ。

しかし、大学から家を出てきちんと自立して出世した
エリートイケメン兄、家も年も離れてるので
私とはあまり親しくない、正月しか帰って来ない。

兄には彼女はいるらしいがいつまでも結婚しなくて、
ようやく彼女をうちに連れてきて言った事には
「お前(私)がショックを受けると思って遠慮してた」

はー なんでそうなる…?私そんなそぶり見せた…?
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
main

74: 名無しさん@HOME 2012/11/11(日) 15:45:15.24 O

兄の嫁はバツイチ。
なんでも不妊が原因で離婚されてバツイチになったそうな。
それでまた離婚はされたくないと結婚してすぐ不妊治療。
うちは私と兄と姉と弟の四人兄弟。

そしてそれぞれに三人ずつ子供がいる。

だから子作りを急かすこともないし、それが原因で離婚を迫ったりもなかった。
兄嫁は不妊治療に年間三百万円費やした。
そして二年目に妊娠。 実家で兄嫁が妊娠報告した途端、兄が怒り離婚話に。 

離婚の話し合いで判明したのは、兄嫁は治療中ということで、当該期間はレスだったということ。 
あと不妊治療というのは病院ではなく、霊験あらたかなスポット巡りとかお祈りしてただけらしい。 

浮気ではなく巡った先で、お祈りの呪文?を唱えながら
夫を思いながら着物の裾だけめくって目をつむり、霊感?ある人に協力してもらい
産道に道をつけてもらう?治療
だそうな。 

それを聞いた父が 
「それはようするに二年で六百万円浮気に使い込んで
顔も名前も知らない男の子を妊娠したということかね?」
と聞いた。 

すると兄嫁は、夫婦の不妊治療に口出しする舅とは縁を切りますと怒った。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
61_s

789: 名無しさん@おーぷん 2014/06/29(日)16:30:34 ID:???

兄嫁は私と同じ年でオシャレカメラ女子。
私は某スポーツ系カメ子ガチ勢。
だから使っているカメラが全然違うんだけど、
同じカメラ好きとして仲良くしていた。

けどある時、兄嫁が私が撮った風景写真を
自分の作品としてブログにアップしたり
写真展に出品して賞を貰っていた事が判明。

バレた経緯は実に馬鹿馬鹿しいもので、

兄嫁、オシャレカメラ仲間にいつも受賞自慢
  ↓
ついでに「私の愛機?」としてオシャレカメラ自慢
  ↓
それを見たカメラ仲間がある日
「そのカメラであの写真は撮れなくない?」と。
  ↓
Exif情報確認
  ↓
兄嫁のカメラではない、しかも
ブログに書いていた位置情報も違う
  ↓
兄嫁問いつめられる
  ↓
兄嫁「そのカメラも持ってる、サブで使ってる」
  ↓
兄嫁のカメラ、セットで10万のミラーレス一眼
私のカメラ、ボディだけで30万の重たい奴
  ↓
カメラ仲間「サブで使う機種じゃない!」
「証拠を見せろ!」
  ↓
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kaigo4

2: 匿名 2014-04-04 02:12:26

今思い出しても怒りがおさまらない。胸糞注意。

私は3兄妹の真ん中で、下に弟、上に兄がいる。それぞれ皆結婚をして家庭持ち。

私の親は父親がもう亡くなっていて、母が一人暮らしをしていたんだけれどもう高齢のため、
兄夫婦と同居って形になった。

で、同居を始めて1年くらいの時に、母が階段から落ちて骨折した。
年寄りが身内にいる人はわかると思うんだけれど、
高齢者って大きな怪我をすると不思議な事にそっからもう転がり落ちるように体が弱っていきやすい。

母もその例に漏れず、どんどん弱っていきとうとう介護が必要になった。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
triangle6-3


378: 名無しさん@HOME 2012/05/09(水) 22:16:13.18 0

カップル板から誘導されてきました。
フェイクあり。

私 :25歳。社会人1年目。実家近くで一人暮らし
兄 :27歳。フツメン。公務員。結婚5年目。最近長男が生まれた。
兄嫁:29歳。兄の会社の元先輩。

ある日突然、見知らぬ男性(弁護士)から連絡が来る。
「●●さんとの件で」と言われ、●●さんって誰だっけ?と思いつつ
話を聞くと、「●●さんの奥さんが不倫の慰謝料を求めている」という内容だった。 

全く身に覚えがなかった私は「……詐欺?」と思いつつ 
・●●という男性に心当たりがないこと 
・そもそも不倫に心当たりがないこと  を伝えたところ 
かなり高圧的に「嘘を言っても無駄です。裁判になった際、不利になりますよ?」と言われた。 

相手の態度にムカついて「ほんとに知りません。言いがかりはやめてください」と言って電話を切った。

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
10133928651

378: 1/2 2013/05/16(木) 21:10:46.63 0

兄嫁スレにするか悩んだが自分にとって
修羅場話だったので流れを変えるついでに
先人達に比べて大した事がないかもしれないしヲタ話なので注意

仕事を終えて家に帰るとリビングから喧嘩の声がきこえてきた
どうやら遊びに来ていた兄と兄嫁が喧嘩しているらしく母の横で甥っ子がギャン泣き

何があったのか聞こうと思ったがその前に兄が土下座する勢いで
「嫁が勝手に息子をお前の部屋に入れてしまい大事な物を滅茶苦茶にしてしまった」
と謝罪してくるので慌てて部屋に行ってみるとフィギュア棚崩壊
(フィギュアといってもアニメ系ではなく特撮系の可動フィギュアがメイン)

フィギュアの中には当然限定品もあるが部品が折れていたり塗装が剥げていたり最悪な状態
怒りがこみ上げてくる前にショックの方が大きくてその場でへたり込んでしまった

リビングに戻って事情をきくと

甥っ子が勝手に部屋に侵入→あ!○○があるー!と興奮して棚からフィギュアを取り出して遊ぶ
息子がなかなか戻らないので様子を見に来た兄嫁→あら、おもちゃ遊び?よかったねー
→ほら、こっちにはこんなのあるよー、と次々フィギュアを取り出して渡す

二人が戻ってこないのが気になった兄が現場を見て激怒→二人をリビングに連れ戻して喧嘩
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
19393838df4dc5da8a3f896a406c1200

607: 1/2 2011/03/21(月) 09:01:43.67 0

私はコトメの立場。母と兄夫婦と同居している。

「生活費全部お義母さんに出してもらって、恥ずかしくないの?いい歳してw」
「だいたい家事全部私にさせて…そんなんだから嫁の貰い手もないのよ」など
きゃんきゃんうるさい兄嫁に先週

「今月中に出て行ってくださいね」って言ってやった。すっきりした。
そもそもこの家は私の家なんだけど。
父が亡くなったときに、母は現金全部、私はこの土地と家を相続した。
兄は父が亡くなる前に自営業の店を相続してたのでナシ。
兄は私の相続税でいろいろしてくれたらしく(私はまだ学生だったので関わってなくわからない)
そのお礼として無料で、母は家賃代わりに私の生活費を出すという形で親子3人で暮らしてた。


3年前に兄の結婚が決まり、じゃあこの家は売るか貸すかして
私と母で小さい部屋に引っ越そうかと思ってたんだけど
兄嫁がどうしてもこの家に住みたいと言い出した。

兄夫婦にこの家ごと貸してもいいかと思ったんだけど、兄が言うには相場の家賃を払えないと。
格安でいいよと言ったけども、それだとなんのために父がこの家をお前に残したのか
その意味がまったくなくなるじゃないかと言われた。それもそうだ。

しかも兄嫁の希望は同居らしい。
それは嫌だ。正直他人とは一緒に暮らせない。
しかし兄嫁はどうしても引かない。

スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ