タグ:入院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

139: 名無しさん@HOME 2013/11/18(月) 05:40:07.18
肩が痛く鎮痛剤貰いに行ったら
実は心筋梗塞と心膜炎だった時が人生最大の修羅場

心電図撮った後の医者看護師のあの慌ただしさは一生忘れないと思う


140: 名無しさん@HOME 2013/11/18(月) 08:19:28.41
心筋梗塞は肩に現れるって本当なんだ…ご無事でなにより。医者が慌てて自分がどうなるかわかんないのって怖いよね

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

41: 名無しさん 2014/03/18(火)13:02:11 ID:wluWsXoR1
私が小学校に入学する直前に母が再婚した。
義父にはもちろん遠慮もありながらも普通に暮らしていた。
義父側の親戚にも初孫といってかわいがってもらって嬉かった。

小学4年にあがった頃、母が長年わずらってた腰痛がひどくなり
手術とリハビリで半年ほど隣町の大きな病院に入院することになった。
私は近所にある母方の祖母の家で過ごすことになった。
義父は仕事の関係で長期出張があったりもするので、義父と二人で母を待つという
選択肢は家族の誰も持っていないようだった。正直ほっとしていた。
義父と二人で過ごすと思うと、やはり多少気が重い部分があったので。

母が入院して数ヶ月たったある日曜、その日もいつものように
親戚の車に乗って隣町の病院の母のところへ。
お見舞いに頼まれたものがあると病院の前にスーパーで親戚と
買い物をしていた時、ふと目に留まった人がいた。

義父が見知らぬおばさんと腕を組んで買い物をしている光景だった
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

90: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)05:54:08 ID:tRW
10年前に両足火傷で、入院した時に出会ったジイちゃん。
入院初日に見たジイちゃんは、車椅子に乗っていて、首を固定していたからひどい怪我なのかなと思った。
次の日車椅子を自走しているのみて、単なる鞭打ちかなと考えを改める。
私が入院して3日目、ジイちゃんはナースステーションで、看護師に囲まれていた。美人が多いから羨ましい。
そう思ってた時に、ジイちゃんと目があった。
その日の午後に、ジイちゃんが自走して女6人部屋(私の部屋)付近まで来ていたようだ。
看護師さんに、「こっから先入ってはいけませんよ〜女性棟ですからね。」
と言われているのが聞こえた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

764: 名無しさん@おーぷん 2017/01/26(木)12:56:36 ID:y4i
母の修羅場だったろう話

10数年前に父に癌が見つかり急遽手術、入院となりその後1年半で亡くなった。
母は勤めていたパートを辞め泊りがけで父の看病をしていた。
ある日消灯時間くらいにウトウトしていると病室に見知らぬ女性が訪れたそう。
父の不倫相手だったらしい。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

185: sage 2009/02/03(火) 00:10:51
初めて投下します
携帯からなので読みにくかったらごめんなさい。
兄から聞いた話で私は今回初めて聞きました。

普段からお金に細かい父。
数年前母が余命宣告され
入院中のこと。(大部屋)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

63: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)03:51:06 ID:iIB
数年前母が整形外科関係で入院した際に偶然胃がんが見つかった
幸いどちらの手術も成功したんだけど、退院が決まった矢先に
熱を出して意識が朦朧とした状態になった

私の事も時々は認識するけど看護師さんと勘違いする状態…
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

484: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/08(水) 14:53:12 ID:pwJqpybP
病気が治って退院したら自分が可愛いとわかった事

三歳の時に病気で入院してからほとんど病院のベッドで暮らして来たような生活してた。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

910: 名無しさん@おーぷん 2015/04/28(火)05:47:00 ID:fSD
短いですが、書き込ませて頂きます。
下系の話ですので気分を悪くされたら申し訳ありません。

二年前に盲腸と胃を切り取る手術をしました。
3週間の断食に始まり下剤を飲まなくてはならなかったのですが、
ある日担当のお医者様が変わりまして液状の下剤から錠剤タイプに変わりました。



続きを読む

このページのトップヘ