e3cc23f4


389: 恋人は名無しさん 2012/05/06(日) 15:12:16.89 ID:MUWcCfEjO
数年前に起こった修羅場

自分…理系少年な中学1年生(当時)
○夫…親戚のおじさん(当時30過ぎ)、父の弟
○嫁…○夫の妻(こちらも30くらい)

今は文系大学生な自分だが、当時は理科の大好きな理系少年だった
特に生物の遺伝、地層、天文に関しては本や図鑑など読みあさっていた

ある時、親戚で集まる機会があった
そこで会った○夫と○嫁の間には3人の子供がいた
その内、上2人は○夫に似ていたのだが下1人はあまり○夫に似ていなかった
親戚も「一番下の子は○嫁さんの方に似たのかねぇ?」みたいに言っていた
そこでふと思い付いた言葉が口をついて出てしまった
「劣性遺伝子が出たのかな?」

その瞬間クワッと○嫁が目を見開いて掴みかかってきた

「劣性って何よ!△△さんの遺伝子は劣ってなんかいないわよ」
周りは一瞬呆然として立ち尽くしていたが、
○嫁が自分の首を締めようとした時点で引き離してくれた

続きを読む