スポンサードリンク

タグ:名誉棄損

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

896: 名無しさん@おーぷん 2017/09/08(金)12:39:51 ID:YeH
以前勤めてた会社で、同僚同士で不倫した人たちがいて、男性側の奥さんが会社に興信所の調査書を持って凸してきた
社内の風紀を乱したという理由で2人を懲戒解雇するように言ってきたのでその場で顧問弁護士呼んで対応してもらった
興信所の調査を見る限り勤務時間外の不貞行為だったので、懲戒解雇の理由には弱いと顧問弁護士がばっさり
実際社内で2人が不倫してたことを知っていた人は誰もいなくて(知ってても黙ってただけだろうけど)
風紀を乱したという理由も弱く、会社から退職を推奨するのがよいと結論付けた
奥さんが納得してくれなくて大変だったけど、顧問弁護士が
「依願退職なら退職金が出るからそれを慰謝料として取ればいい、自分の知り合いの弁護士を紹介しますよ」
と言ったら引き下がってくれた

と思ったけどやっぱり納得してくれなくて、奥さんが会社の周囲や最寄り駅でビラを配り始めた
不倫した2人の顔写真と会社名をでかでかと印刷して
「○○社は不倫する人間を守るような会社です」
って書いてあってビビった


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

348: 恋人は名無しさん 2007/03/14(水) 20:49:05 ID:K7ibFKIB0
俺の修羅場らしき物を投下。

登場人物

俺(30)既婚 子蟻  → 俺
妻(30)       → E子
妻妹(20)既婚 子蟻 → M美

1ヶ月ぐらい前に妻婆の法事があった。
当然、妻一族集結。
お経やら、お墓やら昼食会などを淡々とすませて、
最後に妻実家にて座談会。茶でも飲んでってくれ状態。

みんな、サケも入っていた事もあり終始談笑してた。
ちなみに俺は飲んでない。みんなの送り迎え運転手だったからね。
そんな中、俺はE子とM美と話をしてた。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

※このお話には続きがあります。続記事23:30




872: 名無しさん@HOME 2007/05/27(日) 13:29:37
言ってきたよーー!

ことの発端は旦那従兄弟。何かの拍子にウトメに
「そういや昔旧姓嫁子って名前のA V女優がいたな」とほざいたらしい。
これでトメがヒートアップ。
「あの女ポ○ノあがりですって!汚らわしい!ふしだらな!息子ちゃんは騙されたんだ!」
と親戚中に触れ回ってくれた。それがまわりまわって私の耳に…
私の耳に入るくらいだからかなり噂は出回ってると思う。
はっきり言ってブチ切れたね。
まず旦那従兄弟の家に行き、「どういうことじゃゴルァ」と。
「いや、同名の女優がいたけど嫁子さんのが美人だって話したんだ。
別人だって言ってあったってば」
と言うのをしめあげて、同名女優のDVDを提出させた。
それから図書館へ行き資料コピー。
義実家へ急襲。居間に乗り込み無言でDVDセット。
居間に響くアノ声。
それに被せるように「これと私とどこが同じだ、ああ?似てる所があるなら言ってみろ。
事実確認もせずに誹謗中傷撒きちらしたんだ、覚悟できてんだろうな!」
「何て口のききかたなの!息子ちゃんに言ったら何て思うかしら」
「それだけのことしたって自覚ねえのか、ああ?どういうつもりで人誹謗したか言ってみろよ!」
「名は体を表すのよ!姓名判断というのもあるでしょ!同じ名前ならあんたもふしだらに決まってる!」
「ああ、そうかい、言うと思ったよ!(トメは占いマニア)」
ここで、図書館コピー投げつけた。
トメの名前は私が生まれる前の有名な事件犯人と同名。
「人頃しと同じ名前のてめぇは人殺し平気なんだな!だから名誉毀損も平気かハンザイ者!
ハンザイ者と同じ空気吸いたくないわ!二度と孫にも会えないと覚悟しとけ!」
言い捨てて帰ってきたよ。

親戚近所に噂撒き散らさないだけ有り難いと思え。
これで夫が「言うだけ言ってきたならスッキリしたろ。忘れなよ。お袋には俺が謝るから」
と、いつものようにスルーするなら離婚も考えるわ。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20140606-00007104-otome-000-1-view

129: 名無しの心子知らず 2012/05/25(金) 10:34:40 ID:HUF4Z6CV

先日修羅場スレに途中まで書き込んだのですが、あらためてこちらに。
メモにまとめてありますが、エラーが出るので少しずつ貼ります。長いです。

夫をクレクレされたこと。

実際に夫と何か絡みがあったわけではなく、私が言われただけの話です。
実力行使とか危険なこともなかったので、端から見ればそれほどでもないかも。
ただ、当時の私の気持ちとしては修羅場でした。
記憶もかなり薄れてますし、フェイクとわざと書かない部分もありますので、
おかしいところはご容赦ください。
キチの主張が意味不明すぎなので、記憶を辿ってみましたが、違っている部分もあると思います。



十年ほど前、娘が幼稚園児だった頃、同学年にキチママが居た。
そこの幼稚園は面倒見がいいぶん月謝が高めだったので、
親の職業欄に医者とか会社社長とか一流企業名が普通に書かれている園だった。

家から近いという理由だけで決めた私のような親も居たけど、
ママさんたちも身なりがいいというか上品で、きちんとしたスーツ系が多い感じ。
そんななかでキチママ母娘はものすごく浮いていた。
キチママもキチ子もうるさい上に体がやたらと大きくて、
そこにいるだけで「いるー!」って感じの存在だった。

キチ子は乱暴で口も悪くて生意気だし、キチママもキチ子の自慢が凄くて余所の子をけなすので、
だんだんと周囲に距離を置かれていた。
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ