必見!オススメ人気記事

タグ:和み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

310: 名無しさん@HOME 2015/02/23(月) 20:41:26.22
夕飯を作っているとき 
トメ「あっ双子の卵よ(*´∇`)でも崩す勿体ないわね(´・ω・`)」 
私「それは明日朝目玉にして新しいの割ればどうでしょう?」トメ「そうね(*´∇`)」 

次の割るトメ 
また双子で(´・ω・`)な顔 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

506: なご 2011/10/23(日) 12:08:59.61 ID:IPk070hN0
647 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/10/21(金) 12:50:06.80 ID:Kz+RaBmN 
母が亡くなって数年、私も一人暮らししているので父も一人きり。 
そんな父から「今週帰ってこないか」とメールがきた。珍しいな、と思いつつ家に帰ったら、 
リビングに床から天井まであるキャットタワー、猫トイレ、おもちゃ複数が散乱してた。 
え、猫飼ってるの?とテンション上げたら 
身長180の厳つい顔の父はしょんぼり肩を落としてテンションが低い。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

286: 名無しさん@HOME 2015/02/21(土) 13:05:04.66
今日のトメ 
川の中洲でニャーニャー鳴いてた子猫2匹を救出して連れ帰り、洗って 
乾かして餌やって飼い始める。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

203: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2014/12/11(木) 20:12:40
息子がバカ過ぎて可愛いwww 
今年中学生になった息子は素直で単純で分かりやすい。 
そしてなぜか私の事を尊敬し過ぎている。 
何でもできる人だと思ってるみたい。 
(ただのダラ奥ですけど) 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

378: 名無しさん@おーぷん 2018/06/14(木)13:15:21 ID:WaB
昨日、大学に行く前にコンビニに寄ったらお弁当を見繕ってるお爺ちゃんがいて
軽くぶつかってしまって「すみません」「いやいや」の流れから
お爺ちゃんに「これとこれ、どっちが美味いと思う?」って聞かれた。
塩豚カルビ弁当と炭焼き牛カルビ弁当の二択だった。
うーん・・・って迷ってたら「あんたならどっち買う?」って言われたので
「私だったら今日は豚カルビにして、明後日牛カルビにする」って答えたら
「明日は?」って言われたので「肉の二日続きは重いから明日は幕の内」って言った。
そしたらぽーぽー笑いながら「それ採用」って言われたw
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

497: 名無しさん@おーぷん 2017/01/22(日)02:54:58 ID:hU3
子供の時、8歳下に生まれた弟が、両親に可愛がられているので
両親を取られた気がして面白くなく、何とか意地悪してやろうと思っていた。
弟がしゃべり始めた頃、私の動物図鑑がお気に入りになって
動物の絵を指さして「うさぎ」とか「ライオン」とか読んでやるときゃっきゃっと喜んだ。
よしここだ。
私は「馬」の絵を指さして「ブタ」と教え込んだ。
何度か繰り返すと、馬の絵を見ただけで弟の方から「ブタ!」と言うようになった。
やーいバカ、と考えの浅い私はほくそ笑んだ。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

227: 名無しさん@おーぷん 2015/09/21(月)20:26:18 ID:xlN
私と旦那は中学の同級生で、大学で再会→仲良くなって告白って流れなんだけど
今日旦那実家に行って、ストーブとかコタツの出し入れ手伝ったのよ
お義母さん腰悪くしてるから、何かあっても大変だし
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

513: 名無しさん@おーぷん 2018/11/30(金)01:43:12 ID:Liz
3日前、夕飯の生姜焼きを食べながら、本っ当に美味しくないなぁと作った張本人である私の無意識の呟きと深いため息に生姜チューブを捨てていいと許してくれた夫。
節約の為に業務用スーパーで買った生姜のチューブの匂いが違う、臭い、こんなの生姜じゃないと後悔を訴えつつずっと涙目で消費してたんだけど、あと少しで消費できるところだった。
母からはまずいものを無理に食べるくらいなら捨てておいしいのを食べなさいと育てられたので辛かったし、それでも使えるものを捨てること、まして夫が頑張って働いて得たお給料で買ったものを捨てるなんて大袈裟のようだけど拷問のようだった。
続きを読む

このページのトップヘ

×