必見!オススメ人気記事

タグ:図々しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

382: 名無しさん@おーぷん 2018/02/10(土)12:47:54 ID:Rj7
弟嫁が勝手に俺の家で甥っ子のクリスマスパーティをやろうとしていた。

前提として、弟夫婦は俺実家で俺両親と同居、俺は隣町(実家から車で20分くらい)のマンションで一人暮らししてるんだけど、昨年末に弟嫁からメールが来て、要約すると
「今年の甥のクリスマスパーティーは義兄さんのところでやることにしたのでよろしくお願いします。料理やお菓子はこちらで用意するので場所だけ提供してくれれば大丈夫ですから」と。

何勝手に決めてんだと思い断りの電話を入れたら「もうママ友と約束しちゃったから断れませんよ」と。
その人数たるや、弟嫁+甥+甥友達+その母親達で計12人。アホかと。うち1DKだからそんなに入れねーよ。

そもそも何故俺の家でやる必要があるんだという根本的な疑問をぶつけると「義兄さんの家ゲーム機いっぱいあるじゃないですか。子供たちも喜ぶと思うので」と。
確かに俺は廃ゲーマーだから家にゲーム機はたくさんある。PS4にWiiUに3DS数台etc…しかしだからといってなんで見ず知らずのガキ連中にやらせなきゃいかんのだと。
「みんな楽しみにしてるのに」「子供たちの期待を裏切るんですか」とかギャーギャー言ってくるので「とにかく、来ても絶対家には上げないから」と言って電話を切ったんだが、その直後メールで「とにかくお願いします。約束しましたからね!」と一方的に告げられた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

99: 名無しさん@HOME 2012/09/13(木) 20:17:48.30
義弟嫁から、頭おかしくなったとしか思えない電話が来た。 
義弟がこちらの市に転勤になったそう。 
期間は不明で引越し補助は出るけど、社宅も家賃補助もないらしい。 
それで、落ち着くまでうちに住みたいと言ってきてる。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

141: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/04(金) 03:58:24 ID:Tma6zCOj
ずうずうしいとは微妙に違うかもしれないが昨日の出来事 

地方都市の我が家は一級国道から一本裏側の住宅街 
国道沿いの仕事場は自宅から50mなので通勤は徒歩 

二日酔いで遅めの出勤すべく玄関を出て施錠中に 
道路に居た若い男性が接近してきた。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

959: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/05/02(金) 14:12:08.21 ID:7jFDVtOU.net
弟の彼女が、実家に挨拶に来た 
せっかくだからと、美味しい寿司屋の寿司を頼んだ 
大トロが10ほど入ってたんだが、その彼女、最初に大トロだけ5つ、自分の皿に持っていった 
その時彼女入れて7人いたんだが、びっくりした 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

395: おさかなくわえた名無しさん 2008/06/17(火) 13:22:40 ID:fCPM+QOB
編集の仕事をしていると、作家さんやイラストレーターさんから 
差し入れのお菓子をいただくことが結構ある。 
ある日を境にそれがぱったりとなくなって、不景気のせいかと 
思っていたら、同僚が会社のゴミを一手に集めている場所で 
お菓子の空箱と作家さんの名前の宅配便送り状を発見。 
調べてみると、最近入社した総務の女が勝手に開封して、 
総務だけで配って食べていたと判明。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

223: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/08/30(日) 15:34:11
世の中で、そんなに一口女が嫌われていたことをネットで知ったことがスレタイ。 

私は去年大学生になった。たまたま席が近かった4人で親しくなり、ランチなどプライベートでも楽しんでいた。 
ランチといえば一口交換というか、頼んだものをシェアし合うってするじゃない? 
全員抵抗なくやってたし、女子が集まればそういうもんだと思ってた。 

けど、今年になってグループの一人が、いきなりキレた。 
彼女がいつも学食で食べるデザートがあるんだけど、一口ちょうだいと言ったら、 
「そういうの嫌いなんだよね。いい加減にしてくれる?」って。 
え?何、いきなり?って思って聞いたら、以下彼女の言い分。 

グループのランチでお互い違うもの食べててシェアし合うのは、 
色んな味を試したいってお互いの気持ちが成立してるからいいけど、 
私が毎日このデザート買ってるのをたからないで。味はとっくに知ってるでしょ? 
毎回毎回毎回毎回、最初の一口持っていかれるのは、正直気分が悪い。 
私がコンビニで買ってきたお弁当をテーブルに置いた途端、自分の前に引き寄せて、 
わーい、いただきまーすって言うのは、もう冗談でもやめて。 
私が自宅から持ってきたお弁当を食べ始めた時、横目で見ながら指くわえて、 
ジーって口で言うのもやめて。 

え?お互い今までシェアし合ってたじゃん。何で嫌って言わないの? 
って言ったら、だから今言っただって。 

もう彼女からは何ももらえないけど、私も上げられないな。 
上げると、そっちもくれって言ってるみたいだもんね。 
けど、スッキリしなくてネットで相談しようと思ったら、想像以上に一口女が嫌われてて驚いた。 
正直彼女がケチなんだと思ってたから余計に。 

あと、ついでのように言われた。 
成人式のお祝いで初めて親に買ってもらった指輪を、アンタに指から抜かれてはめられたのも嫌だった。 
本を貸すのは嫌いって何度も言ったのにしつこく頼まれて、仕方なく10冊も抱えて学校に来たら、 
サボって来てないってどういうこと?ってなじられた。 

言われる度に細かいな〜って思ってたけど、私の方が図々しかったことに気づいたのもスレタイ。 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

478: おさかなくわえた名無しさん 2009/03/27(金) 15:31:40 ID:53Y9kkOI
ずうずうしく長文書かせて頂きます。 

私は自営で接客が2割ぐらいで作業やパソコンが8割みたいな業種だからか 
外回りの仕事をしてる友人(?)がお客さん用の駐車場に車止めて、事務所に 
入って来て、普通に接客用のテーブルでノートパソコンひろげて居座る。 
更にターミナルに接続してメールの送受信、それを確認しながら先方と電話 
まぁ別に損害は無いし仕事の邪魔をする程話し込む訳でも無いから他の報告者の 
方々みたいな被害は無い、でもなんか「当然!」「当たり前!」みたいな態度で 
やられるとかなりムカ付く。少し前に私のパソコンの調子が悪かった時に 
いつもの調子でやって来たので「そのパソコンで繋がれば(USBを差し込まないと 
見れない)少し使わせて」と頼むと快く(?)貸してくれた、繋がったので 
「助かったぁ、ありがとう」と言うと「○○のランチで良いよ」って素で言われた 
「普通の定食屋さん程度の値段だしまぁいいか」って奢ってしまった。 
他にも「えっ?どう言う事?」って思う様な事が何度か有って 
「感覚が違い過ぎる、この人と友達付き合いは無理かな」と思っていたら 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

802: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)00:34:38 ID:LFw
私も夫も5月1日2日と休みにできたから、飛行機の距離の義実家に三泊四日で泊まってきた
60代の義母が怪我をしてしまって歩行器が必要になったから、家の模様替えを手伝うためにちょっと長い目の連泊
ついでに義母に使いやすい家具や家電の買い替えもしてた
義父は農業をしてるので、私達が居る間もいつも通りのルーチンで働いてた
その期間に義兄家族が泊まりにきたんだけど、義母が歩行器で自分のこともままならないのに上げ膳据え膳当たり前の3人にカチンときた
私と夫が七人分の洗い物をしてたら、「義弟嫁さん、アイス食べたいから買ってきてくれない?私、子供(5歳児)がいるから」とニコニコ
田舎なので近くのコンビニまで車で15分
断ると子供が我が侭を言い出し、義父が腰を上げたので、仕方なく私と夫で買いに行った
戻ってきたら義兄家族三人で一番風呂
私達は仕舞い湯に入って、夫と風呂掃除を終わらせてからあがった
翌日、いつもの習慣で7時前に目が覚めた私
義母から洗濯物をお願いされたが、普段夫婦2人が使う洗濯機なので7人分の洗濯物は入り切らない
義両親の分と私達夫婦の分だけ洗い、洗濯機が止まる頃に夫を起こして洗濯物を干してもらい
その間に私は義実家の和室計六畳間×7部屋の掃除
義母がその間に朝食を作ってくれており、掃除と洗濯が終わったタイミングで義父が一旦畑仕事から帰ってきたので9時頃に遅めの朝食
その後夫と四人分の食器と調理器具の洗い物をしていたけど、義兄家族はまだ起きて来ない
階段を登れない義母に頼まれて起こしに行ったが、結局起きたのは10時を過ぎてから
洗面所に顔を洗いに行った義兄嫁が「私達の洗濯物がそのまま!!」と怒り出した
今から洗えば乾くんじゃないですか
それより二階の客室は自分で掃除してくださいねと言うと、
普段コインランドリーだから洗濯機の使い方とかわかんない、普段ルンバだし掃除機はちょっとと言い出した


続きを読む

このページのトップヘ