必見!オススメ人気記事

タグ:報告者がキチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

120: 名無しの心子知らず 2010/02/10(水) 13:53:02 ID:9mguLpIz
我が家は社宅。 
下の階の住人が音に敏感なので夏休みは気を使って子供2人を連れて友達の家によく遊びに行ってた。 
冬休みも遊ぼうと思ったら、全て断られ1度も遊びに行けなかった。 
なぜなのか聞いてみたら 
「うちに遊びに来れば、光熱費もお菓子代も浮かせてラッキーって言っていたらしいね。 
うちはあなたの家の為の無料休憩所でもなんともないから。」と言われた。 
お菓子だって持参でいったし、光熱費だって私達家族が行ったからって、余分にかかるものでもないのに。 
細かい事で私がセコケチ扱いされて腹が立つ 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

733: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 21:41:57.80 ID:BlPgSHMr.net
いつまでもお役所仕事気分の郵便局が神経分からん! 
先週ついに電話でキレてやった 
荷物の配達があっても、平日は旦那も私も仕事だからポストの不在票見るのは大体夜7時過ぎになる 
帰ってすぐポスト見て再配達の電話かけても、いっっっつも翌日になりますと言われる 
素直に当日持ってきますと言われた試しがない 
いつもいつもそうだから、ついに今回は我慢の限界だった 
オペレーターに、なんで当日持ってこないんだと聞いても、この時間だと他の荷物の配達の関係(どんな関係だよ)で当日は難しいと言い訳を言う 
他の宅配便はそんなことない、おたくだけだと言うと謝るだけ 
他にもごちゃごちゃ言い訳してたけど全部論破してやった 
もう聞く気も無くなって、旦那の荷物だしどうでもいいし好きにしろ、といって黙ってやったら、ようやく上に相談して今日持っていくようにします、と言ってきた 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

795: 西瓜p9d937183.kyotnt01.ap.so-net.ne.jp 2018/08/08(水)14:41:35 ID:f45

娘が大学進学を機に出て行ったから2番目の夫と再婚したい。
最初の夫はシ別で、娘が小学生の時に2番目の夫と再婚したんだけど娘への虐待をきっかけに別れることになった。そうしないと、親権取り上げられそうだったから泣く泣く夫と別れた。

娘への心のケアもさせて、大学進学もさせたから、もう幸せになってもいいよね。なのに両親や義両親は「絶対に結婚するな!あの子を傷つける気か!」って言われた。でも、娘と夫を同居させる気もないし娘が帰省するときはホテルを借りたらいい。

18だと高卒で働いている子もいるのに、いつまで親であり続けなきゃいけないんだろう。もちろん、夫は反省している。

796: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)14:47:37 ID:F7I
いくつか質問
娘よりも自分自身の気持ちと元夫の方が大切という事で合ってる?
元夫はあなたとの再婚を望んでいる?
娘への虐待は身体的虐待と精神的虐待とセイ的虐待と色々あるけどどれが当てはまる?
再婚した場合、娘さんがあなたと絶縁する確率は考慮してる?(当然老後の面倒も見ない)
娘が人生の成功者となっても連絡とらず慎ましく夫と暮らす事を誓える?


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

447: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)21:56:56 ID:1EU
少し長いけど、愚痴と相談です。お付き合い下さい。

物心ついたときからアトピーで苦しんできました。小学校中学校はいじめられていましたし、高校では避けられ続けてきました。
そのときから結婚は無理だなってあきらめていたので、がんばって勉強して医学部に入り、医者になりました。
大学に入ると、薬のおかげで見た目もマシになり、彼氏ができました。

その彼氏と旅行に行ったとき、薬を持っていくのを忘れて、起きると肌が被れてアトピーそのものの肌になっていました。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【3/4】俺『俺に気があるんだろ?俺の事好きなんだろ?』営業『困ります…やめてください!!』右ストレート→俺『警察呼ぶぞ!』→営業『襲われそうになったからなぐった』→
の続きです。

804: ◆Tg6Rbz4dL2 2017/04/03(月) 23:28:26.96 ID:X4jsjRYP0.net
生憎お前らが期待しているような処分は今の所言い渡されていない
だが女の方の代理人?多分女の会社の奴から、もっと本格的な診断を受けて報告書を会社に提出しろと言われた
女はどうしても俺を異常者だと会社に認識させたいらしい
女独特の卑怯なやり方ヘドが出る

805: ◆Tg6Rbz4dL2 2017/04/03(月) 23:32:45.39 ID:X4jsjRYP0.net
此処に晒されていたクソビッ○のTwitter見に行って今もチェックしてるんだが、友達みたいな奴に『うちと契約したことで相手が出世出来たら最高』とリプライしているのを見て腹たった、、
出世どころか真逆のことに追い込もうとしているゲス女がよくそんな嘘言えるよな
あれこそ自己愛性とかなんじゃ無いのか
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【2/4】俺『俺に気があるんだろ?俺の事好きなんだろ?』営業『困ります…やめてください!!』右ストレート→俺『警察呼ぶぞ!』→営業『襲われそうになったからなぐった』→
の続きです。

394: ◆Tg6Rbz4dL2 2017/03/12(日) 00:21:51.03 ID:LutmaXUt0.net
大体において人妻がこんなに何日も無断で家空けていいと思ってるのか、、、
槇原の歌じゃ無いが、どこに何があるのか分からないから飯も満足に食えやしない
洗い物も溜まるし責任感の無さに呆れるばかりだ

395: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/12(日) 00:22:18.89 ID:jO+m56MX0.net
一般に、既婚者と判明したらそれは恋愛関係に発展する相手にはならないとするもんだが
なぁ、ついでに聞くが、これまで何人そうやって婚外恋愛して来た?

396: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/12(日) 00:25:05.72 ID:oMbi8gKa0.net
>>392
皆釣りだって分かって付き合ってんだよ

釣りでもこ設定盛り込みすぎたり、自分で作った設定忘れるようなやつだからバカに違いないし。

本物ならこんなバカ滅多にお目にかかれないチャンスだしな
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【1/4】俺『俺に気があるんだろ?俺の事好きなんだろ?』営業『困ります…やめてください!!』右ストレート→俺『警察呼ぶぞ!』→営業『襲われそうになったからなぐった』→
の続きです。

171: ◆Tg6Rbz4dL2 2017/03/09(木) 20:02:36.98 ID:sHV5Ujgo0.net
終わった
帰ったら詳細書くが、会社は辞めないし逮捕もされない

172: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/09(木) 20:05:32.17 ID:N7Ru1A4e0.net
示談かな
いくら払った?

175: ◆Tg6Rbz4dL2 2017/03/09(木) 21:15:41.95 ID:sHV5Ujgo0.net
俺、俺上司、相手上司、クソビッ○で話し合ってきた

あのビッ○今まで慇懃に話してたくせにいきなり態度悪くなってて、始終ガンくれてたな
俺上司びびっちまって『このタイミングで更なる不祥事は我が社の存続に関わりますのでどうか穏便に』なんて頭下げてたが、相手上司はやっぱり分かってる人で『キスくらいでこいつも大袈裟ですよねー』って笑ってた

長過ぎるらしいから分けるぞ
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
※このお話には続きがあります。続記事21:00

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/07(火) 21:55:48.44 ID:sfP1wMM00.net
スレ立てた場所が本家じゃ無いことに気付いて再度

とんだクソ女にハメられて離婚危機に陥ってる


俺 40代既婚小梨
女 20代前半独身

相手はよく俺の職場に来る営業の女なんだが、絶対俺の事好きだと思ったんだ
ム ネデカいし顔も少しだけ戸田恵梨香に似ててまぁ好みだったから、まぁ愛人にしてやっても良いなと考えてた

それで一昨日食事に誘った帰りに口説いてやったんだが『困ります、、、』なんて顔真っ赤にして俯くから、キスしてやろうとしたら、その女急に態度を変えて『やめてください!!』だと
腹たって女の肩を掴んだんだが、そしたら思いっ切り右ストレート
口の中が切れた、、、今も腫れ上がってる、、、
傷害罪だ、、、と思って警察呼ぶぞって言ったら『どうぞ呼んでください私は困りませんから』
今思えば、その発言がフラグだった
その女、やって来た警察に、俺から襲われそうになってなぐったなんて抜かしやがったんだ
 
お陰で嫁に連絡されて、嫁は5年連れ添った亭主より女の方を信じてマジギレ
もう別れるなんて冗談だろ、、、

どうしたらクソ女に謝罪させて、嫁に離婚を思い止まらせることが出来るか教えて欲しい
続きを読む

このページのトップヘ