スポンサードリンク

タグ:墓場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

685: 名無しさん@おーぷん 2015/06/03(水)18:14:10 ID:Z8u
中学の時、同じクラスに不良の男子がいた。

一度、ちょっと友達と話して席を離れたすきに財布をカバンから盗まれたことがあって、
それもその不良から「お前の財布たいした金入ってねーなww」とあとで言われた。
先生に言ったが、「本人に訊いても、盗んでいないと言ってる」みたいな感じでウヤムヤに
された。
多くの生徒が絡まれたり、物盗まれたりしてて、不良仲間以外からはとにかく嫌われてた。

「あのクソ氏ねや」と思ったのが天に通じたのか、在学中にその不良はバイク事故で氏んだ。
速度超過で曲がろうとしてスリップして、それは見事なモミジおろしになったらしい。

クラスみんなで葬式に行った。
みんなニコニコしてた。一部の不良しか泣いてなかった。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

121: 名無しさん@おーぷん 2015/12/22(火)01:55:49 ID:1Jy
旦那との馴れ初め。

当時、通っていた整骨院の先生とお近づきになりたくて、
先生が行きつけにしている喫茶店に通ってた。

下心があると上手くいかないもので、その喫茶店で先生と遭遇することはなく
無駄に店主&スタッフ&常連とばかり仲良くなっていった。
そうやって半年くらい無駄に通ってたら、常連客にデザイナーがいると小耳に挟んだ。
その人は、誰もが知ってる有名メーカーのデザインもしたことがあるらしい。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

161: 名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水)20:55:16 ID:YrE
十年以上前のお話

とあるまったり半お役所会社に就職した。
公務員ではないけど、役場と仕事をしていて、社員も公務員のOBが半分くらい。
天下りというより病気とかの理由で早期退職した人の受け入れ先みたいな感じだった。
あと公務中に亡くなった人の奥さんとかも働いていた。
時代はIT化まっさかりだったが、私が入社した時はパソコンは一台もなかった。
私(A)と同僚のBとCはIT化要因として採用されていて、三人でPCメーカーと話し合いやら
見積もりやらと、これは新人の仕事なのか?ということをやっていた。
でも基本まったりとした会社なので、「急がなくていいからね〜」「若いのにすごいねぇ〜」
という感じでストレスフリーな良い職場だった。

が、私が入社した年度で退職する60半ばのSという人が曲者だった。
今生きてたら80歳くらいだと思うけど、元警察官で、悪い意味で「警官らしい」人だった。
横暴で話を聞かない、自分が正しいと思い込み、常に上から目線。
人のミスを見つけるとねちねちつつき回し、いさめられても
「ルールを破ったほうが悪い、それを指摘してる俺は正しい!」という態度だった。
当然嫌われていた。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

992: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/04(木) 15:35:11.00 ID:IrrYZ+kr
凄く嫌な事書きますよ

元カレが鶏ガラみたいな女と一目で分かる重度障がい児二人連れて歩いてた。
数年ぶりに見かけたけど、ほんと「やったーーーー!!!」って思った。
こっちも家族連れで、うちの子供は向こうよりたいぶ年下だったけど、
旦那と子供と一緒ににっこり挨拶してやった。お久しぶり^^ って。
旦那に子供を連れて行ってもらってから元彼一家と立ち話。逃さなかった。
もう舐める様に奥さんと子供を見てやったよ。アチャーって顔もしてやった。
すっごい気分よかった。大変ですねって何回も言ってやった。

元カレは一回り年上の社会人で、初彼だった。20代の間ずっと付き合ってた。
30手前から結婚話が出て、かなり具体的になって家を探す事になって
元カレの方から「会社辞めて結婚準備に入って欲しい」と言われて寿退社。
元カレは自営で高収入だった。私はそれを手伝う予定だった(元彼の希望)。
しかしいつまでも入籍せずズルズル、31の時に連絡が取れなくなった。
どうにか探し出して事情を聞くと、若い恋人が出来たってことらしい。
その子は読者モデルで激細。元カレはアニオタで綾波が好きで、
びっくりする程細い子(且つとても若い子)が好きだったんだって。
私も最初はそうだったけど年と共に棒のような細さではなくなったし
老けてきたから嫌だって事らしい。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

889: 名無しさん@おーぷん 2014/07/20(日)00:40:48 ID:IsgGfgjNI
初書き込みかつ携帯からなので改行とか変でしたらごめんなさい。

学生の時に母が病気で亡くなった。
病気だったが現実逃避というかまさかすぐに亡くならないだろうと思っていたのにとてもあっさりだったので驚いていたら両親と年の離れた姉は長くないと知っていたと聞いたのが第一の修羅場。
親戚たちとは離れているので各々連絡したら何故かその日の夜中に一家できた叔母夫婦に振り回され、全く母の顔を見ることができず火葬されたのが第二の修羅場。
さらにその時に年の離れた姉とは異父姉妹だと知り、知っている姉の他にもさらに上に姉が二人いることを聞いたのが第三の修羅場。ただ単に親戚だと思ってた。

あと小学生の時に母が兄に強○されたというのを聞いた時も修羅場だったんだけどその兄が母の葬儀に来たことが個人的には心の一番の修羅場。家族だから仕方ないけど母の人生はその人と祖父が壊されたと聞いたことがあったからどうしても許せなかった。だけどそれを聞いたのは私と姉だけだったから二人で母の兄を睨みつけることしかできなかった。
その兄が病気で亡くなったという連絡があってから1年が経つので。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

357: 本当にあった怖い名無し 2010/04/09(金) 14:04:15 ID:60Mvph3yO
学生時代の話。
大学入学したてで、一人暮らしをしてる友達が初めてできた嬉しさで
その学生マンションに住んでる友達の家に毎日泊まりに行ってた。
サークルに入ったんだけど地方から来たサークルの奴らも一人暮らしをしていて、
当時の俺は毎夜誰かしらの家に泊まりに行って全く自分の家に帰らない日々を送っていた。

入学から3ヶ月、夏休み前の定期試験あたりだったと思う。
その日はサークルのみんなで学校から少し離れた安い飲み屋に行ってその後は、
いつも通り誰かの家にお邪魔して飲み直そうかって流れで店を出た。

なのにその頃の俺はおサケが無茶苦茶弱かった為に頭は痛いは吐き気はするわって
グロッキーな状態になっていて早く自分の家に帰りたかった。
っと、ここまであたりの記憶しかなく目が覚めて気づくと
そこは電気がついた同じサークルの友達Aの家だった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

387: 本当にあった怖い名無し 2011/03/20(日) 03:09:45 ID:jc/JlW0q0
昨日、地震の怖さからか過去を思い出してなぜに諦めた人生を送っているのか解ったの。
生まれた時から片親で幼稚園からいじめられてた。
5才の時、知らない爺にお菓子で釣られてショジョ喪失。
其の後も友達が居ないので、爺を友達と言って仲良くしてた。
言われるまま米をあげたり、お○っこあげたり、家にあげたり。
異変に気付いた母が通報、爺逮捕。

続く


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

853: 本当にあった怖い名無し 2011/06/20(月) 09:09:06 ID:vONmTaj80
嫁の妹や、その妹の娘も食った。
20代のころは当時不倫していた奥さんの娘も食った。
親子ともども食う背徳感はくせになる。
が、なかなかそんな機会はない。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ