スポンサードリンク

タグ:墓場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

281: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/30(金) 02:42:40.56 ID:l8B6LPFG.net
五年前、厨二メンヘラよろしくで病んでいた私の修羅場。
20歳当時付き合っていた彼氏(30代)の部屋で朝方マッタリしていると、
突然インターフォンが鳴った。
今朝の6時半だぞふざけんな!と思いながらチェーン越しに対応すると

「おはようこざいます。○○警察署の者なんですけどね、〜〜さん(彼氏の名前)いらっしゃいます?
チェーン外してもらってもいいかな?」


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

475: 可愛い奥様 2012/02/11(土) 09:34:01.10 ID:NPmmsi3R0
小さな貿易会社の社長秘書兼経理やってた。
社長の愛人になって120万/月貰ってた。
既定路線でホストに嵌り貢ぎまくり。
その頃、覚 せ い 剤に手を出した。

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

229: 名無しさん@おーぷん 2015/11/02(月)13:32:15 ID:zT8
旦那を十年以上ずっと騙し続けていること

私の旦那は会社の元同僚なんだけど、
チビでガリでダサくてコミュ障で吃りで不細工で貧乏で高卒だった。
ゆえに、嫌われはしてないけど完全に空気扱いだった。
でもある日社食でふと視界に入った旦那のご飯の食べ方が綺麗だった。
魚とかこんな綺麗に食べる人初めて見たなーと印象に残った。
それ以来、一人ボソボソ隅っこでご飯を食べてる旦那を目で追うようになった。
別に好きではない。というかむしろ気持ち悪い。なのになんか、
ものすごいよく情した。
旦那がご飯食べてるとこを見ると興奮して仕方なかった。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

226: 名無しさん@おーぷん 2016/06/23(木)22:17:16 ID:QEr
特定バレ防ぐためフェイク有り

自分が旦那の両親と兄弟を頃した犯人の姪と言うことを隠して結婚したこと。
旦那は小学生の頃に修学旅行中に家に強盗に入られ両親と兄弟を頃されている。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

324: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)16:06:12 ID:YD7
私の黒過去

二十代で結婚したがまもなく夫がうつ病めいた中二病をこじらせた。
「俺は30才まで生きる気はない」
「年老いた両親の面倒はみたくない」

もともと専業主婦だった母親を毛嫌いしていたことは良トメに言えず。

タヒぬつもりだから!を言い訳に夫は浮気三昧、生活費いれないし私の愛情が枯渇したところで、夫がアボン。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

787: 名無しさん@HOME 2014/02/20(木) 23:47:26.52
こっそり投下。初カキコ。
墓場に持っていく予定の修羅場。ていうか誰にも言えない出来事だが,「王様の耳はロバの耳ー!」ってしたい。
今から3年前のこと。

以下当時のスペック(私以外みんな地方在住)
私 22歳 JD(春から院生)
高校卒業後,実家から出て一人暮らし。長女。兄と弟がいる。
母 パートタイマー。
父 公務員。
義伯父 母方の伯母旦那,公務員。夫婦仲良好
子梨のせいか,私を凄く可愛がってくれてた。


私は大学入って研究にはまってからずっと院に行くと宣言していた。
親には「まあ好きにしなさい。お金は心配しなくていい」みたいな感じで了承をもらってた。
ちなみに大学にいる間は奨学金が学費,仕送りが生活費,お小遣いはバイトといった具合。
で,無事志望院にも受かり,バイトと研究に明け暮れていた頃。母からある通告を受けた。

母「ごめん,お金の工面はしてあげられないかも」
私「うん,そっか(ヤッパリナ)」

正直これはちょっと予想していた私(時々仕送りがなかったりしたから)。
貯金(200万ちょい)や奨学金やバイトで,親から仕送りを貰わずに進学する気満々。
その旨を伝えて,大団円と行くはずが……母が変な親心を発揮した。
「娘(私)に無理をさせちゃだめだ,まだあの子は親の庇護下だ」 とでも思ったのかも。
私に断わりなく伯母夫婦に資金援助を申し込んだ。
ここまで前提。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

747: 名無しさん@HOME 2014/04/03(木) 00:17:52.39
父が父ではなく、親戚だと思っていたおじさんが実父だったこと
私は母が三十代後半、父が五十代半ばで生まれた一人っ子
父には以前にも家庭があり、元妻の間に子供が二人いるが私とは面識がない
事実を知ったのは大学受験の直前。母の友人の密告から。これが第一の修羅場

両親は同じ業界で働いていて、母は前妻と別れる前からの愛人だった
狭い業界の中では公然の秘密というやつだったらしい
やがて母が妊娠し、父は前妻と子供たちを捨てて母と一緒になった
と こ ろ が 母には父以外にも交際相手がいた。その人も既婚者
父と交際相手双方に「あなたの子」といいつつ、友人たちには本当は交際相手の子だけど一緒になりたいのは父と語った母
物心つく前から母に連れられ頻繁に会いに行くおじさんがいたんだが、これが母の交際相手で実父だった
「おじさんは親戚(嘘)だけど、他のみんなと仲が良くなくて、お正月の集まりにもいけないの
だからおじさんに会ったことはお父さんにもお祖母ちゃんにも言っちゃだめだよ?」
そんな話を疑いもなく信じた自分……。たまにあっては玩具をくれて勉強をみてくれるおじさんが好きだった



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

550: 名無しさん@おーぷん 2015/05/09(土)14:04:16 ID:nIf
叩かれるの承知だが
旦那とまだつきあってた頃妊娠し誰にも言わずに堕胎したこと
ちゃんと話せばよかったと思ってるが、当時の状況を思い返せばやっぱり誰にも言えないんだと思う

551: 名無しさん@おーぷん 2015/05/09(土)18:41:22 ID:FcM
kwsk


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ