必見!オススメ人気記事

タグ:変質者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

351: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 11:46:45.43
何十年も前の事だけど話す 

高校生の頃、電車で通っててクラブで遅くなると最寄り駅から家までの帰り道、 
いつもはバスで通ってたんだけど田舎だったのでバスがもう終わってる時間だった 
仕方なく歩いて帰る事になった 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

252: 名無しさん@おーぷん 2019/02/09(土)11:24:40 ID:8XW
ずっと昔、うら若き高校生だった頃、学校周辺にろ出狂が出没した
学校でも話題になり、みんな怖がっていた
先生達も見回りをしてくれたけど、大人達を避けるように生徒しか被害に遭わなかった
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

199: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/05(火) 00:49:14 ID:V69UlKbw
車は一家に一台じゃなく一人一台じゃないと生活が出来ないような県の話。 
中学3年生の夏、夜コンビニに出かけた。徒歩15分位。 
道の途中線路のすぐ横にさくらんぼ畑が広がってるような場所があるんだけど道に自転車が横たわってた。カゴに入ってたであろう教科書が入ったバックもあった 
なんでこんなとこにチャリがあんだ?と不思議に思ってたら変な声がした。グゥ…みたいな。 
まぁもうみんな分かるだろうけど…アホな私は特に何の考えも無しでさくらんぼ畑に入る。(この頃は防犯ネットとか無かった) 
タイミングよく電車が通って明るくなった時にはっきり見えた。大人の男の人が立ってて座ってる女の子の手を持って口でさせてた。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2: 名無しさん@おーぷん 2014/05/04(日)09:46:25 ID:0tNRA8oY1
昔、いじめられててぼっちでした。
放課後も、毎日1人トボトボと帰ってました。
ある日家の玄関ドアを開けると、若い男が私と一緒に家に入ってきました。
私は鍵っ子で、その時間親はおらず、細っそいガリだった小学生は格好のターゲットでした。
おそらくまだ明るいうちに帰る私なら、留守の家で襲うのが一番都合が良かったのかもしれません。
このあたりはちょっと端折りますが、私は服の上から触られて、男は逃げていきました。
「親は何時に帰る?」→「もうすぐ」→「嘘つけ、いつももっと遅いだろう」
→「今日家庭訪問あるから」→「嘘つけ」→「いじめられてるから。その話があるから」
こんな会話をしました。
家庭訪問は本当でしたから、男も嘘じゃないと思ったらしくそれ以上のことはされませんでした。
ただ、親は早く帰ることはなく、そのあと来た先生は長く待たされることになりました。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

563: 1/3 2010/03/16(火) 11:46:03 ID:Vm2is/0T
もう20年近く前、私が大学生の頃の話。長文ごめんなさい。
冬休みにコンビニのおにぎり・お弁当作りのバイトをした。
バイト先の工場は家からちょっと離れてたけど、
終わったら近くの駅まで、バイト先が会社のマイクロバスで送ってくれる。
そこからは自転車で帰宅。時間は18時〜22時で、田舎では結構時給が良かった。
その頃、うちの近所でも変質者が出るという話があって、夜は警察も巡回してた。
何しろ田舎なもので、駅の周りはともかく、ちょっと離れると何にもない。
ただひたすら真っ暗な田んぼ、ぽつんぽつんと家の灯り。
そんなあぜ道を、ひたすら自転車を漕いで15分程で実家に着く。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

883: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:00:49 ID:Yhr
女叩き大好きな人には胸がすく話だけど、一般人には胸糞話なので注意

私が住んでたところは小学校の全校生徒が100人に満たないようなところで
学年で我が家を含め3家庭(東家、西家、南家)だけ、特に人里離れた感じのところに家があった
その内の1つ、東家は息子しかいなかったので被害に合わなかったけど
南家の私と西家は娘だったので、変質者に狙われた



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
80: 名無しさん@HOME 2011/04/25(月) 07:42:51.55
夕方風呂に入ったウトが、トメ外でご近所と、立ち話してるのを話し声でわかったのか
おっ立てて見せにきたよ。 
まぁ、仕事柄見慣れてるのでなんとも思わなかったから 
「えっ?!もしかして立ってその大きさ?」 
と言って持ってた皿を落としたら、ウトはその日もう部屋からでて来なかった。 
それ以来ウトを視界の真ん中に見る日はない。
いつもフレームアウトな感じで接してくれるので嬉しい。


続きを読む

このページのトップヘ

×