タグ:女の子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

528: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 23:59:09.51 ID:+Vo9nNhI0.net
五年前一緒に働いていた友人の話 

当時かなり大きな病院の厨房で働いていたんだが、早番(といっても夜中3時くらいの出勤だった)の為 
一人で厨房にいた。その友人はまだ早い時間だから一服しようと喫煙所に行こうとした。 
その当時厨房は地下にあり右隣に霊安室。正面に売店があり、真上の一階には救急病棟があった。 
友人はコーヒーでも買おうと売店の横に設置してある販売機に向かった。 
すると真後ろから「ねぇねぇ」と、か細い声が聞こえてきた。夜中3時だし人なんているはずない… 
そう思い恐る恐る振り向いたんだ。 
するとそこに二十代位の女の子が立っていた。立っていたんだが…見るからに異常だった。 
頭が陥没し服はボロボロ。血まみれだった。 
友人はその場に腰を抜かしてしまった。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

340: 名無しさん@おーぷん 2015/03/08(日)14:03:36 ID:Fz3
数年前の話。
買い物に行ったら店の前でティッシュをもらった。
ティッシュ配りの女の子が弾みで持っていたティッシュを落としたので、数歩戻って一緒に拾ってあげた。
次の瞬間、背後に車が落ちてきた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

412: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/02/20(火) 19:00
ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。 
友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、 
その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろう 
とおもい、病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。 

結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、三ヶ月ともたずに 
その子はなくなってしまいました。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

116: 名無しさん@HOME 2009/03/19(木) 09:16:42
「最初は実家で産んだんだから、次はこっちに来るのが筋でしょう!」
ってトメに言われた。
夫は男3兄弟で、義兄義弟とも子供は男の子、家の上の子も男児。
次は女の子なのでトメはエラいはっちゃけてもう
「ピンクピンクひらひらレースおっきいリボン!!」と目ん玉ハート状態。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

100: 名無しさん@おーぷん 2015/02/04(水)00:46:55 ID:mKo
後悔してもしつくせない私の修羅場

昔4歳の頃、家のお風呂が壊れたので銭湯に行ってた
4歳でもう一人でお風呂に入れるので、お気に入りの金魚とアヒルの玩具を持って、父や祖父と別れて女 湯へ
そこに私より少し背の小さい、言葉もたどたどしい子がいた
その子は私のおもちゃに興味津々だったので、貸してあげた
でもその子、左手の指が無かったんだ
右手だけだとうまく2つの玩具が持てなくて、私が片方運んで洗面器に浮かべたりしてた

家はどうせだから建て替えようという話になっていて、それから半年は銭湯に通い続けてたと思う
時々左指の無い女の子とも会った
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

720: 名無しさん@おーぷん 2016/07/07(木)21:31:59 ID:DWe
私の実家のそばには公園があって、特に約束していなくても誰かしらが遊んでいて混ぜてもらったり混ぜてあげたりして遊ぶのが常だった。
その日もそんな風で、私と妹以外は知らない子だったけど関係なくみんな一緒に遊びまくっていた。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

484: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/12(水) 07:00:00.85 ID:0YhllfQT0.net
学生時代。アジアの某国を旅行中の話。

ビザの必要無い範囲でのんびり気ままに旅をして、最後に滞在した宿での出来事。

その宿には小学校低学年?くらいの小さな女の子が居たんだけど、
いきなり初対面の俺の手を掴んで何所かへ連れて行こうとする。




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

766: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)15:57:30 ID:BXp
金曜日は仕事が早終わりなのでジムに行こうと思って車で出かけました。
近所に大き目の信号ありの丁字路(正面はホームセンター)があって、そこで右折するために信号待ちをしていました。

信号が青に変わって右折するために車を動かしたんですが、横断歩道をホームセンター側へ渡っている小学生の女の子がひとり。
横断歩道より前で停止して手で「先にどうぞ」と促してあげると頭をペコっと下げてやや早足に渡り始めました。




続きを読む

このページのトップヘ