タグ:女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
9372d9fe97670328bf2e9f6bd8974699

569: 名無しさん 2014/04/23(水)11:40:36 ID:NUJd8FSkp

批判覚悟です。

夫の職場に子供がいる女性が多くて、子供が熱出したとか、
学校の何とかでよく早退するんだけどそのしわ寄せは私の夫に行き、帰宅が遅くなる。

私は小梨の専業だし、子持ちで働いてる女性は立派だと思うけど何かおかしいと思うんだよ。
社会全体で子育てっていうけど、どうしてその子持ち主婦の夫は協力しないの?
なんで子供の父親は苦労しなくて私の夫が苦労するの?
子供のかわいさに癒されることもなく、他人の仕事の尻拭いだよ?
子供が熱出たから迎えに行きます、て男の人もやってくれないと、
いつまでたってもこれだから女はダメだって言われるじゃん。
私の夫ももう女は職場に増えて欲しくないって言ってるよ。私もそう思っちゃうよ。
なんなの?なんで夫に頼まないの?

社会が悪いの?
もうわかんないよ!


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
riepon5_02

232: 名無しさん@HOME 2011/08/31(水) 21:14:12.76 0

母が体験した修羅場。今から約50年前のことです。

母は当時小学生。母の実家は、大きな商家で住込みの弟子が常時15人以上はいた。
母を含め経営者一家は3階だての3階、弟子は2階、トイレや風呂などは一階。
そんな感じで住んでいたそうだ。

ある夜、小学生だった母が夜中に尿意を覚えてトイレにいこうと、1
階までいくと血だらけのみたことない女性が倒れていた。
びっくりして叫ぼうとすると、後ろから手で口を塞がれて意識を失った。

ここで一端、母の記憶は途切れます。次に気付くと病院のベッドで目を覚ました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
36310ff8

398: 長いです1 2013/05/05 11:47:37

罪に問われないと分かったので、去年起こった姉妹修羅場を吐き出します!!

私は大学生、妹は高校生。
ある冬の日、妹が駅前のミスドで友達と喋っていたら、
隣の席の女性二人の会話が聞こえてきたそうです。

その内容が
『今旦那と別居中。旦那のDVが理由で、子供と一緒に実家にいる。
しかし実は自分が他に好きな男が出来たので離婚したいだけ。
でっち上げの旦那DV証拠を皆信じている。親権も当然こっち。
養育費もたっぷり貰って、子供は両親に預けて、
自分は慰謝料と養育費で好きな男と暮らす。
ほとぼりが冷めたらその男の子供を産んで再婚する。』
 
そんな内容だった。

その女性二人、見た目はごく普通のママさんで 
「〇〇ちゃんが証言してくれたから助かったよーありがとう」 
「いやいや!私のときも頼むよ。それにしてもちょろいね」 
「親は私の味方だし、彼の事は絶対バレないようにしてたし」 
「子供はいつか引き取るの?」 
「いや、親に任せる。定年まで10年以上有るしいけるでしょ、  私は都会で働くって言うていでw 」 
「もうー悪いなーw 幸せになれよ!」  「任せてww 旦那はノイローゼらしいよww」 
「そりゃ、全く身に覚えが無いDVだもんねww」 
「周り中でDVDV責め続けたら自分でも分からなくなったらしくてw 
無意識で私を殴っていたのかって鬱状態だって。」 
「人間そんなもんなんだねーちょろいねー」  「ねw あー早く彼の子供欲しいなあ!」 

そんな会話を繰り広げていた。 

何故現場にいなかった私がここまで鮮明に書けるかと言うと、 
一部始終を妹&妹友達がスマホで録画していたから。
余りの内容に妹ズは衝撃を受け、とにかく録画してしまったという。 

その後、妹ズは当事者の方のママさんの後を付け、実家を特定。 
…で、その後どうしよう??と私に相談してきた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2f969ddaad63c8843e2da2477ad6697a

599: こぴぺ1/3 2006/04/24(月) 00:41:45 ID:j7wnF1XD

寝不足で車の運転に自信が持てなかったので、電車にて帰宅した時のこと。

前に立っていたお姉さん(と言ってもきっと私より若い(爆))が、
くにゃりと倒れ込んでしまった。

「大丈夫ですか?」と声をかけても朦朧としているようで返事がない。
これは席を譲るだけでは済みそうもない、と判断した私は、
周囲の人にも声がけしてその女の人を降ろすことにした。

隣に座っていたおばあさんとその前に立っていた若い男性が手伝ってくれて、
無事ホームの椅子に寝かすことが出来た。
男性は駅員さんに声をかけておきます、と去り、
おばあさんも上品そうな会釈を残して去っていった。
まだ苦しそうにしているお姉さんの服を差し支えない範囲でゆるめ、顔色を見守る。

と、肩に何かが当たる感触がした。

帰宅ラッシュ時のホームで、椅子に向かうようにしゃがんでいるので
邪魔になっているのだと思い、自分が使っている杖(足が悪いので)を
なるべく邪魔にならないところに置き、椅子ににじり寄って介抱を続けた。

と、また激しく肩というか、腰の当たりに衝撃がはしる。
ああ、まだ邪魔になってるかなぁと思い、「すみません」といいながら振り向いた。
 
目線の先に、杖をもったおじいさんが凄い形相をして立っていて、さらに杖でこづいて来た。
「年寄を立たせておいて、若い女が寝てるんじゃない!!」

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bousabi_kaidan

602: 名無しさん@HOME 2013/04/28(日) 19:52:53.28 0

引っ越しも終わり一段落したので厄落としカキコ、書き捨てゴメン。
そう長くない生涯で初めて経験した修羅場、フェイク等は一切なし。
長い上に、誰も救われません、モヤっと感があります。

私は26歳の独身男、遠方に住む姉夫婦が昨年待望の第1子を授かったが、
暇が出来れば何時でも顔を見に(顔を見せに)おいでと言われていた。
最近まで私自身が忙しかったのと、姉夫婦も大変だろうと出産後にすぐお祝いの電話と
品だけを送って済ませていたのだが、4月5日に有休がとれることになったので、
その旨を姉夫婦に伝え一泊二日で遊びに行くことにした。

ここまでが前提。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
lgf01a201308201100

78: 名無しさん@HOME 2013/06/16(日) 12:37:44.86 0

プチだけど私的にけっこう修羅場だったやつ。

海外勤務が多くなかなか春が来なかった義兄が、
カリブ系の外国人女性と結婚した。

赴任先で知り合ったそうで、義兄は歳行ってるけれどもお嫁さんは若くて
義兄にベタ惚れで即子宝に恵まれ、日本人ageの国らしく
向こうのご家族はよくやったと諸手を挙げて送り出し、
良ウトメも最初こそ戸惑いはしたけれどもやっと訪れた長男の遅い春に大歓喜で、
慣れない日本暮らしに馴染むようあれやこれやと協力していた。

トメさんは英語もスペイン語もさっぱりわからないのに日本語一本で果敢にコミュニケーションに務め、
ウトさんが「あれはさすがに真似できない」と舌を巻いたほど。

義兄嫁さん本人もよく義実家を頼って来てたし、
家族を大切にするお国柄だそうで、義両親の誕生日やクリスマスは欠かさず尋ねて来てくれて、
関係はとても良好だった。

ところが義兄の長期海外出張中、義実家から切羽詰まった声で「今すぐうちに来て」と電話があった。
義兄嫁さんが怒り心頭でうちに来て何かを訴えているが何を言っているのかわからない、
嫁子さんなら若いから言葉とか気持ちとか何かわかるんじゃないか、と。

そんなこと言われても私だってスペイン語なんかパエリアぐらいしかわからないし
英語だって高校卒業と同時におさらばだし、とは思いつつ仕方なしに行ってみたら、
そこには顔を真っ赤にして見事な巻き舌で何かを怒鳴り続ける義兄嫁さんが。
情熱の国の血を受け継ぐ女性のマジギレは何を言ってるかさっぱりわからなくてもとにかく怖かった。

とはいえ呆気に取られていても仕方ないので、どうにか宥めすかして
片言の英語(スペイン語圏だけど英語もできる、ただし多分すごく訛ってる)で話しかけ、
パソコンで翻訳サイトを見せながら事情を聞いてみたところ、
義兄さんが私を侮辱している!こんなの耐えられない!もう終わりよ!といった感じ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
250115ba

167: 名無しの心子知らず 2013/06/21(金) 11:18:45.32 ID:OlYh71ze
さっきランドリーで軽いキチに会ったよ…。

梅雨やら嵐やらで洗濯物が干しても湿ったままだったから
徒歩15秒の古めなランドリーに行って、乾燥機にかけた
かなり小さなスペースでやってるランドリーで
壁とかひび割れてるレベルだが、機械は普通に生きてる。
10程度乾燥させようと、備え付けの椅子に座って
スマフォ弄ってたら、「やだぁッ!!」と言う女性の声がした。

視線あげたら、見知らぬ女性+3歳程度の男児
(なにがヤダなんだ?)と思いつつも
近隣住人だろうと「こんにちはー」と軽い挨拶をしたら
「何狙ってるのよおおおー!?」「変態いいいいー!」
といきなり金切り声でファビョりだした

続きを読む

このページのトップヘ