581: 名無しの心子知らず 2010/05/22(土) 12:01:43 ID:Z9nBto1e
1/3 
昔の話です。 
当時、婦人服店の店長だった私。 
ある日クレームのお客様が来られたという事で応対した。 

以前、娘さんが購入したブラウス2枚が不良品だとの事。 
ブランドタグは確かにウチの店(当時新規ブランドだったので、全国的にも数店舗しか無かった) 
お客様(以下A)の言い分 
「何度か洗濯・アイロンしていたら襟がヨレヨレになった。 
高い金を出して買ったのにどういう事だ」 

話を詳しく聞くと 
商品は約1年前に購入。もちろんレシートは無い。 
会社の制服代わりに使っていたので、平日は2枚をローテーションで毎日使用 
・・・そりゃーもう寿命だろう。 
そうは思ったが「せっかく高い買い物したのに1年ももたないなんて!」と言うので 
一旦預からせて貰って、本社で検査をさせて下さいとお引取り願った。 

もちろん本社にブラウスを送って確認してもらったが、製品自体は問題ないとの答え。 
それをAに伝えると 
「でも高いお金払ってこんなにもたないなんて(@1万円前後)ぼったくってるんじゃないの」 
「こんなにヨレヨレになってしまったから、また新しいのを買わないといけないのよ」 
要はお金を返せと言いたいんだな。 
百貨店に入っているお店の場合、 
クレーム対処は百貨店の指示を仰ぐべしというのがセオリーだったのでフロア責任者に相談した。 
「話を大きくしたくないから、少なくとも商品がウチの物である以上、お客様のご意向に沿う形にする様に」 
=返金に応じなさい。 
不本意ではあるが、客商売だし百貨店側がそう言うなら仕方ないな。
続きを読む