タグ:子供時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
422: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/06/22(日) 14:05:49.51 ID:U5Pqa2OW.net
小6の頃、友人の耳を切り落とそうとした事 

うちの小学校では全校集会などがあると、先生が来る前に整列して待っていなければならなかった 
それで整列させていた時、1人走り回って並ぼうとしない子(以下A)が 

私「並べって言ってるでしょ、聞こえないの?」 
A「聞こえませーん!」 

冷静に考えれば
「聞こえてるじゃん、ほら早く並びな」とでも返せば良かったんだろうけど、
その時は何故かすごくカチンときて、 
「あっそう、じゃあ聞こえない耳はいらないよね」
と、Aのむなぐらをひっつかんで教室まで引きずっていった 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
591: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/31(土) 05:24:32.60 ID:G6EGty60
小学生の時の武勇伝 

運動会の朝、登校中に変態さんに出合った 
「これナデナデしたら1000円あげるよ」と最終形態に変形したちωこを見せられる 
ビックリして「火事だーーーーー」と叫ぶ 
なんで火事をチョイスしたのかはわからん(助けを呼ぶときは~よりずっと前の話) 
隣家との距離約50cmな住宅密集地なので即飛び出てくるご近所さん 
あわてて逃亡する変態 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
233: 名無しの心子知らず 2010/07/27(火) 01:08:19 ID:LSQrIgdl
未遂話。 
20年以上前、小学校低学年だか中学年だかの宿題で
『買い物を一人でする』ってのがあって、 
シャンプーとリンスで合計600円だったのが、
レジのおばさんになぜか「900円よ。」言われた。 

「はい、900円よ!レシート要る?要らないわよね?」て。
おばさん、レジ通してなかった。 
ただ、一人でメモ無しで買い物するのは初めてだわ、
大人は絶対にズルをしない、と思い込んでたわで、900円払った。 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
898: 名無しさん@おーぷん 2015/05/12(火)03:28:19 ID:2HB
小さい頃男の子に意地悪されて、指を扉に挟んで左指四本が千切れかけたことがあった
めちゃくちゃ痛くて痛くて仕方なかった
処置する時は麻酔をするけど、麻酔が効いた状態で色々触られるのも気持ち悪かった
体の中に入れられた針金みたいなのも異物感があり気持ち悪くて耐えられなかった
体の中を得たいのしれないものに弄られる違和感は本当に恐ろしかった
それ以来痛みにめっぽう弱くなったし、手術も怖くて仕方ない
私は体の一部が奇形で生まれてきたので、それを戻す手術を小学生の時にした
麻酔が効かなくて痛くて痛くて怖くて仕方なかった


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
79: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/03(金) 20:32:12.86
累ヶ淵という怪談があるんだけど 
俺はその怪談のように生まれてすぐ母親に見捨てられた 

生まれた時に俺は口唇裂だったようで 
しかも完全唇裂という鼻の孔の中から唇まで割れている状態だった 
生まれた俺を見た母はこんなの私の子じゃないと喚いたらしい 
医者の説明や早い段階からの治療で今では傷跡も 
ほぼ気にならないくらい綺麗になる事もいくら説明しても 
母は知らない聞こえないと全部拒否 
結果両親は離婚し、俺は父親に引き取られた 
その父と父方の親戚のサポートのおかげで 
小学校に上がる頃には傷跡は残るのものの 
他の子たちと変わらないクソガキへと成長し 
中学に上がる頃には傷跡も目立たなくなってた


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
421: 本当にあった怖い名無し 2008/05/10(土) 18:40:08 ID:zz+KqgAI0
小学校の頃、私は父が大好きだった。 

友達と父親のエ□本の話になって、父大好きの私は
「おとんは絶対A/Vなんか持ってへん!」と思い、 
家に帰って本棚を探したら、出てくる出てくる。エ□DVD!しかもレ ズモノばかり! 

ギャクギレした私は父の収集したA/Vをすべて公園のゴミ箱に捨てた。 
父には私がやったとバレているとは思うが・・絶対に私の口からは言わない。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
718: 1 2015/04/20(月)19:40:42 ID:1VH
※動物のタヒ・後味悪い話注意

20年以上前の小学生の頃の話。
当時友達のAちゃんが子猫(生後3~4か月ぐらい)を拾った。
Aちゃんは子猫をたいそう気に入り可愛がっていたが
Aちゃんの家は借家、私の家は祖母が大の猫嫌いで飼うのは無理。
同じ友人グループ内の子でもマンション住まいだったり
犬を飼っていたりと飼える状態の子はいなかった。

そこで貰い手を探そう頑張ったが何せネットもない時代、
出来る事と言えばグループの子みんなで同じクラス内や
同じ部活内で子猫の話を持ちかけるぐらい。

しかも相手も小学生なので本人が良くても親からの許可が出ずに終わることが殆どで
貰い手はなかなか見つからなかった。

(ここで当時アホだった自分は祖母さえ何とかなればと思い
 無謀にも祖母の説得を試みるがお互い平行線で終いには大喧嘩になり
 私が親にぶんなぐられて終わりというプチ修羅場になった)

その間Aちゃんは借家の人目につかない家と塀の隙間で子猫の面倒見てたらしいが
そんな状態が長続きするわけでもなく程なくしてAちゃん親に見つかり
子猫は近所の通称「犬猫おばさん」と呼ばれる人間のところへ預けられた。

この犬猫おばさんとは捨て犬や捨て猫を大量に保護してる人で
朝夕に沢山のリード線を引っ張って大勢の犬を散歩させてる姿がよく見られる
近所の有名人だった。

娘が大事にしてた猫を再度捨てるよりは・・・とAちゃん親は判断したんだろう。

しかし子猫を諦めきれないAちゃんは子猫が連れて行かれた数日後
「トラちゃん(子猫の仮称)を取り戻すんだ!」と息巻いて
グループの子らにAちゃん自身が書いたシナリオを見せた。

「私たちがこの順番にセリフ言っておばさんを説得して返してもらう!」
シナリオは漫画やドラマから拾って来たであろう今でいう
「くっさいセリフ」が目白押しでとてもじゃないが大人には通用し無さそうな内容。

私始めとするグループ内の子らがドン引きする中Aちゃんは本気だった。
やんわり止めようとする子達もいたけどAちゃんは聞く耳持たない。
一人息巻くAちゃんに半ば引っ張られるように私たちは犬猫おばさんの家の前に行った



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
79: 名無しさん@HOME 2013/09/12(木) 13:31:22
簡潔に。 

小5の秋頃から、母と母の友達という男性と繰り返し遊びに出るようになった。 
そしてその男性は再婚相手で、今一緒に住んでいる父とは離婚するのだと告げられた。
浮気じゃん、という発想はその時はなかった。後から頭抱えたけど。 

そして小6の夏に離婚。私は母に引き取られた。 
別れる前に、父が、少し娘と話がしたいと私を喫茶店に連れ出した。
母は私に男性の存在を口止め。 
父と喫茶店でテーブルに向かっていたあの時間が、多分今までで最大の修羅場。 
秘密にしなきゃいけない罪悪感、離婚再婚に対する頭の整理、
引っ越すことに対しての抗いきれない好奇心、なんかごちゃまぜ。 
何喋ってるか自分でわからなかった。 

もし今なら、全部ゲロって証拠集めて父についていくのにな。


続きを読む

このページのトップヘ