タグ:子供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
b0130368_12111467

478: 名無しさん@HOME 05/01/11 00:12:37

哀れなウトトメの話

先日、偽両親がなにやら盛り上がって話していた。

どうせいつもの噂話だろうと気にもせず夕飯の支度に取り掛かろうとすると
ウトが「いやね・・先月弟のところに孫が生まれたんだけど・・・」などど、
聞いてもいないのに話し出した。一応「おめでとうございます」と言うと

「それがめでたくないんだよ!指が6本あるんだって!奇形児だよ。奇形児!
どうすんだろうなぁ」と言ってきた。
なんて言ったらいいのかわからず「大変ですね」と言うと
「大変なんだよ弟もどうしようかと言ってて・・・初孫なのに、ガッカリしてたよ・・・
うちには奇形児なんて産まれたことないのに・・・」の言葉にムカッと来て

「じゃぁ、お嫁さんが原因だっておっしゃりたいんですか?
どっちが原因かなんてどうでもいいじゃないですか。
お嫁さんは命がけで出産したのは事実じゃないですか
お嫁さんの今の気持ちを考えたら、お偽父さんたちとこんな話をする気にはなれません。」

と、夕飯の支度を放棄して家族で外食しました。
私が次女を生んで母乳が出なかった時に
「乳の出ない牛は殺されるんだ」と言ったウトトメらしい話題だったが、
この非常識さには夫も恥ずかしいと嘆いていました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ehestreit1

943: 名無しさん@HOME 05/02/03 19:22:05

私の旦那、超無神経なんです。
トメも、無神経で、旦那実家へ行くといつも
「孫はまだかー?」「あんた(旦那)は、良いもの食べさせてもらってないんだろ?」
などなど、イヤミのオンパレードです。
もう、ここに書くのもムッカつくぐらいです。
旦那は、ヘラッヘラしてるだけ。
で、実家から家に帰った後は、大喧嘩です。
ここで何度もいわれてるとおり、最後は
「お袋だって悪気はないんだよ!悪気ない人間にどうしろっつんだよ!」
で、キレて終わりです。

なので、先週の日曜日、私の実家にいつも連れて行かない旦那を連れて行きました。
「○○君(旦那)、仕事上手く行ってるの?」「リストラとか、最近怖いからなー。」
「そうそう、赤ちゃんできないって件ねえ~男の人にも原因あるかもだから、病院二人していっといで!」
などなど、私の母親も凄いイヤミ人間なので、ありったけのイヤミを言ってもらいました。
もちろん、私はヘラヘラの上の空。
旦那、目じりプルプルです。

帰りに、「お前のお母さんきついなあ」って言われたので
「あらぁ、貴方のお母さんと同じ、悪 気 は な い の !」
って、「悪気はない」の部分を強調していったら、「う!」ってなってました。

月曜日の朝、耳元で「ごめんよ」と旦那は呟きました。
「悪気がないからって、言っちゃ行けないことってあるんだな」
と、しみじみと反省したようです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
200px-Plasma-donation

391: 恋人は名無しさん 2006/06/06(火) 00:33:30

そういや俺も、過去に修羅場ったことがあったよ。
ちょっと投下させてもらいます。

彼女の名前は祐美ということにしとこう。勿論仮名。
祐美とは大学3年の時に、ゼミで一緒になったことがキッカケで付き合い始めた仲。
祐美は結構病なヤキモチ焼きで、俺が他の女の子と談笑するのすら快く思ってなかったみたいでしたが
一方、俺はその手の束縛は全くしていなかったし、そんなことする意味すらないと感じてました。
基本的に信頼していたし、付き合うってそういうもんだと思ってました。

大学卒業後は、院に進学することもなく、二人とも地元の企業(別々の)に無難に就職し、
お互い「多分結婚するんだろうな」という予感を保ったまま、何事もなく1年が過ぎていきました。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
01


608: 名無しさん@HOME 2005/04/22(金) 20:41:12
先日、義実家で子供達がケンカを始めました。
お互いがお互いにぶったり蹴ったり。

当然、親としては怒りますよね?
二人にげんこつをして怒っていたら、ウトが口を挟んできた。
常日頃から何かと口を挟んでくるので、ウトメにはうんざりしていた。

しかも子供達も義実家にいると怒られないんだと、調子に乗ってるし。
ウト『ほらほら怒るなよ~』
トメ『手ぇ出さないのぉ』
ウト『心が歪んじゃうよ』
トメ『育て方が悪いのよ』

こんなことが過去に何度もあったので、いい加減キレました。
ウトメをキッと睨みつけながら
『外野はひっこんでろ!あんたはこの子達の親かっ?口を挟むんじゃないっ』
ウトメはそそくさと自分の席に。

私は子供を連れてさっさと帰っちゃった。
あーすっきりした

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
259: 名無しさん@HOME 05/01/21 15:42:52

ヒソーリとプチスカですが・・・

義実家に行き、私、旦那、ウトメでお茶を飲んでいた時、
トメが、「いつこっちに帰ってくるの?」といつもの如く同居話を振ってきた。
ウトも「早い方がいいぞ。家賃払うのも大変だろ?」と便乗。
旦那が私を見て、「どうする?こっちに帰ってきた方が楽だろうし。」
と嬉しそうに言ったので(ひそかに同居希望)、思わず、
「帰りたければ帰れば?もしそうすれば、家賃は払わなくてすむけど、
慰謝料と子供の養育費を払うことになるけどね。どうする?」
と言い返した。

すると、ウトメ、旦那ショボーン。
そしてしばし無言の後、早々に家に引き上げました。

帰りの車中、旦那が「そんなに嫌か?母さんたちがっかりしてたぞ。」
と戯けた事を言ってきたので、
「私はあんたの親を喜ばせるために生きてるんじゃない。
いつまでもヘラヘラと親のご機嫌とってるんじゃねえ。」とまた暴言。
旦那ちょっと泣いてたw

つーか息子と男孫はちやほやして、女孫を蔑ろにしてる奴となんか同居できるか、バーカ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_147491_14628505_16

166: 名無しさん@HOME 05/01/07 11:24:31

人の顔を見れば「子供はまだか」と
ネチネチネチネチネチネチネチネチうるさいトメ。

そうでなくても同居でいろいろと
不愉快な思いさせられてるってのに

今朝も
「子供が出来たらこの家の事をいろいろ教えてやらないといけないのに」
「私が元気なうちに子供生んでくれないと何もしてやれない」などとグチグチ。
怒鳴り返したい気持ちを押さえて、出来るだけ冷静さを装って言ってやった。

「この家、三人しか住めないんですよ。
 一人増やしたいんなら、一人減ってからですね」

トメは「んまー!んまー!」と言いながらどこかへ消えて行った。

ちょっとドキドキしたけど、一回言っちゃうと案外肝が据わるもんだと思った。
これからはガンガン言い返して行こう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sekimoto_1

455: 1/2 2011/10/11(火) 14:10:12

子供のころに、姉と近所の子と一緒に砂場で遊んでいた時、
飽きた私はベンチの上にある日差し除けの覆いに飛び乗って遊び始めた。

ベンチからジャンプし覆いの端に指をかけてぶら下がっては地上に飛び降りる。
それを何度か繰り返して遊んでいたんだけど、とうとう手が滑って落ちた。
あまりの痛みにしばらく動けず、砂場で遊ぶ姉と友達が遠く感じた。

その内、私のうめき声に気付いた姉が、
曲がった私の左手首に驚き、自宅へ飛んで帰った。

姉と共に駆け付けた母はかまぼこ板と包帯を持っていた。折しもその日は休日。
病院はあいておらず、少し離れた救急指定の小さな整形外科医院に連れて行かれた。

医者はかまぼこ板にまず笑い、簡単な診察をして骨折ですねと診断。
私は添え板を当てられ包帯でぐるぐる巻きにされ、全治1か月と言われた。

その治療に母はレントゲンは撮らないんですかと詰め寄ったが、医者は必要ないと。
そんなに心配なら今から別の病院に行けば良いでしょうとまで言ったらしい。
私はよく覚えていないんだけどね。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
baby1

766: 1 2013/10/29(火) 16:58:59

私と元旦那は幼なじみで幼児の頃から仲良しで
夫婦夫婦とはやし立てられ、そのまま本当に結婚した。

両家仲良いし近所だし若いしで、円満そのものだったけど、
やがて仕事で双方遠方へ行く事になり、しばし別居婚に。

すると、これが具合が良かったんだよね。お互いに。
つまり、恋愛感情なんてとっくに終わってた。

むしろ変に「地元・幼なじみ婚万歳」に縛られていた。
仲良かったし、別れる理由もないし、気付かなかった。
そんな訳で3年で離婚した。皆残念がったけど仕方ない。
この時点で私達はまだ20代だった。

数年後、私は別の男性と結婚し、更に数年後出産。
お正月に家族で帰省して、子供と散歩していたら
元旦那とその嫁に遭遇。元旦那夫婦は同じ年で、新婚だとか。
その場で笑顔で挨拶して別れた。けど、
その日の夕方に元旦那嫁(以下Aさん)がウチにやってきた。曰く

「こんな事言うべきかどうか凄く悩んだ。でも、
差し出がましいのかもしれないけど、謝って欲しい」。

続きを読む

このページのトップヘ