タグ:学校

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

120: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/24(土) 22:08:18.95 ID:PW4JtvcU
大学で史学科を専攻してたのだが、どうしようもない韓国人が居た。
まず人の話を聞かず、教授があれこれ説明していると
「それは違うんです!」と、ありもしない語りを始める。
もちろん突っ込みを入れるのは朝鮮に関わりのある話だが

例としては「唐辛子は朝鮮が日本に伝えた」等。

そして第二次世界大戦の授業になった際、こいつは恐ろしいまでに発狂した。
教授が説明を始めると、いきなり「はい!!」と手を挙げ、教授の返事を待たずに起立。
「まず最初にみなさんに言っておきたいのは、みなさんは私に謝罪しなければいけないということです」
と、始まってみんなアチャーな雰囲気が流れてて、アメリカの留学生も失笑してたんだが
「慰○婦問題は、日本人が攻撃的である証明」
「われら誇り高き朝鮮民族はそんな日本人からの弾圧に耐え、戦勝国となった」
などとまくしたてる。教授は
「いいから座りなさい」と制止しようとするが、韓国人は無視し、
「今、日本を韓流が席巻している。いま、韓国が日本を越えようとしてるのです!」



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

515: 名無しさん@おーぷん 2015/07/06(月)17:13:38 ID:bFj
高校生のころ、風疹にかかった。もう風疹は済ませたと思ってたから
全然気がつかなくて、授業中にベテランの女性教師に突然呼ばれて前に出たら、
あちこち見られて、「あなた、風疹!すぐ帰りなさい!」って教室追い出された。

電車通学だったから、電車の中でもできるだけ他の人に近づかないように隅っこに座った。
昼前で、あまり人が乗ってなかったんだけど、ふと気がついたら小さい子が横に座ってた。
運転台が見たいのかと思って、席を譲って別のとこに行ってもついてくる。
そのころにはどんどん体調が悪くなって、ふらふらだった。




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

889: 名無しさん@おーぷん 2016/03/08(火)09:38:00 ID:Oqj
ゼミの忘年会とか追いコンとかのイベントに参加しなくても参加費を出さないといけない。
幹事は「何円出して」としか言わない。
毎回すごく大金(1万ほど)本当にイベントに使われてるのか謎なので、内約と領収書見せてねとお願いしたら
「幹事で大変なのに、そんな面倒をかけるの?」と怒鳴れた。
周りからは「領収書とか幹事を信頼してないのか。ケチくさい。図々しい」と責められた。
参加しなくてもお金出してるのに。
私の趣味がオタク系なんだけど
「バイト代でアニメグッズ買うなら、もっと私達にお金を出すべき!私達はバイトしてなくて金欠なのにズルい!奢れ!」
って怒られる。
自分で儲けたお金、節約したお金くらい自分に使いたい。
ゼミ内でケチで図々しいって思われ、なんか最近は孤立気味。
幹事は「今年のお年玉は1000万ほど札束貰ったの」って言うくらい金持ちなのに。
「バイト代ズルい!グッズ転売して私に奢れ!」とうるさい。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

595: 名無しの心子知らず 2007/05/12(土) 10:03:40 ID:bqlwReiY
上のレスを見て思い出したけど、子供の頃よく私は物を盗まれてました。
文具はもちろんの事、キャラクターの靴まで(靴下で帰る事もしばしば)。
母からはいつも、「馬鹿だねーお前は!どうせ、無くしたんでしょ?」
と、笑顔で頭を叩いた後に(不足になった物のみ)買ってくれてました。

後々になってから母に教えられたんだけど、
母が担任に相談したら(娘が年中物を盗まれて困ると)
「○○さんの所は裕福だから、的にされてるのでしょう。
他の子供に寄付をするつもりになってあげて下さい。
彼等は鍵っ子で可哀想な子供達なのです。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

827: 名無しの心子知らず 2013/11/27(水) 09:02:30 ID:P4Pj2oG0
息子が小3だったころの話。

転校してきたばかりで、いじめというほどじゃあないのだけれどちょっとからかわれてばかりいた息子はわりといつもイライラしていたんだそうで。
ある日、同学年・別のクラスの男子がしつこく下級生の女の子を「バカ、バカ!」と怒鳴っているのを見て、普段の鬱憤もあってブチ切れた。
周囲には他にも大勢の子がいたが、みんな遠巻きにして何もできない。
息子はその男の子Aに「てめえ、何してんだ」と因縁付けてぶんなぐり合い。
うちの息子は大人しい上に運動音痴なのだが、Aの虚をついたためか向こうが逃げ出すことになった。
放課後、担任のB先生から電話があってだいたいの顛末を私は知った。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

166: おさかなくわえた名無しさん 2010/07/06(火) 19:47:08 ID:lP6lF6Zq
中坊時代のイジメグループ7人♂5人♀2人
イジメられる側だった俺達数名はホント辛かった
一番酷いイジメを受けていた奴(A君)が、とうとう学校に来なくなり
担任に「転校した。」と聞かされた。
残された、こっちは更に酷いイジメのターゲットになり毎日が地獄
夏休み前の今頃の時期、自分より酷くイジメられてた(B君)がとうとうキレて
イジメグループのリーダーをカッターで切りつけた。
当然学校で大問題になり、B君も転校
ホント、事なかれ主義のサラリーマン教師ってのはクソだ。
残った俺は、どうなったかと言うと最初はそれはそれは酷い目に、、、
しかし数日経つと不思議とイジメもなく
何だか逆に連中に遠巻きにされて監視されてるような日々
中三の夏休みも終わりに近づいたある日、塾から帰宅すると
母親が、A君が亡くなった事を告げた。
後日知ったのだが、彼は転校後も丸っきり学校には行かず
ずっと家に閉じこもりっきりだったらしい。
自室で首をつり、おまけに共働きの両親が発見するのが遅れて
遺体は酷い有様だったらしい。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

702: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)16:49:31 ID:Ex3ptsCNK
復讐と呼べるかわからないし、私自身はほとんどなにもしてないんだけど。長文注意。

我が家はフレンチブルドッグという種類の犬を飼っている。まだ若いのでめちゃめちゃ元気。
人も犬も大好き!な奴で、家では暴れん坊の癖に一歩外に出ると、
途端にいい子に変貌するので、犬好きなご近所さんからは可愛がっていただいてる。

私は子供の時から何匹か犬を飼っていて、その時に母に
「いくらうちの子が噛まない子でも、何があるか分からないから散歩の時は気を付けるように。犬嫌いの人もいるから、リードは短く持ちなさい。特に子供は触りたがるけど、むやみに触らせないように。」と言われ、その言いつけを守っている。(当たり前のことだけど)

今住んでいるマンションのすぐ近くに小学校があり、
散歩の時間に登下校する子供たちによく会う。
珍しい犬種ではないけど、この辺りでは見かけないので、あっ!ブルドッグ!触ってもいい?って聞いてくる子がよくいた。最初の内は、ごめんね、うちの子力強いから怪我さしたら困るし、見るだけにしててね。と断っていたが、殆ど毎日会う登校班?の子供達には、近くにいた親御さんに許可を取り、背中を触らせていた。犬も子供も大喜びだった。

そんなある日、池の周りに作られた公園というか広場みたいなところで散歩させていると(もちろん犬OKの場所)、一組の親子に会った。親は見かけない顔だったが、子供の顔に見覚えがあった。低学年の男子で、うちの犬を見かけるとあ!不細工な犬ー!と笑ったり、気をひこうとそこらへんに落ちてるものを投げてきたり(当たったことはない)する子だった。
もう出よう、とさりげなく踵を返した瞬間、犬がギャン!と鳴いた。
家の外でも中でも掃除機以外に鳴いたことのない犬なのでびっくりして見ると、
でっかい石を投げられ、それが足に当たったようだった。
親子の方を見ると、ギャン!も鳴いた声が面白かったようで、親子共々爆笑している。
慌てて犬の状態を確認し、危ないのでやめてください!と注意すると、



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

347: 名無しさん@おーぷん 2015/11/08(日)03:50:20 ID:GuS
内容が内容なんで話半分で聞いてくれれば。

小学校から続いてたかなりハードなイジメを苦に中学で一人がジサツした。
マスコミにも情報を漏らさず、事態は学校の中で封殺された。

と言うのも、当時新任の校長先生が冗談抜きで修羅と化したから。
ジサツした翌日に朝から全校集会、遺書の読み上げと黙祷、
そして遺書に書いてあったイジメの犯人を公表。
学校自体サボってた主犯が親同伴で連れ込まれる。この時点で二時間経過。
犯人全員壇上に正座させられて徹底的な糾弾。
遺書の内容を否定したらビンタというかパンチが飛んでた。

全員の顔と校長先生の拳がぼこぼこのちまみれになった辺りで全員が容疑を認めた。
そこから日々の生活態度から(校内で煙草と賭け事やってたとの情報も遺書に書かれてた)
どれだけの罪をやってのかをまたボウリョク込みで徹底的な糾弾。壇上に飛び散るちしぶき。



続きを読む

このページのトップヘ