スポンサードリンク

タグ:宗教

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

349: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 14:40:22.80 ID:haoX+l+3.net
友人から突然封筒を渡された
「親から友達に渡せと言われてこんなの受け取っても普通の人は迷惑だろうと思ったけど
親からのプレッシャーがきつくて一人一回だけ渡すことにした
万が一興味あったら教えてほしいけど
私子が何も言わなければ二度と話題にも出さないから
興味がなかったら読まずに捨ててくれていいからスルーしてほしい」とgdgd言い訳
中身を見ようとしたら「今は見ないで帰ってから開けて」
「その後は読んでも読まなくても捨てても構わないから」と焦った様子


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

265: 名無しさん@おーぷん 2015/10/08(木)04:05:02 ID:CsX
神経がわからないし許せないこと

私は病気を抱えてる
一日3回服薬していて、自己免疫疾患があるから
エピペンと炎症を抑える塗り薬も持ち歩いてる
時々皮膚がミミズバレのようになって腫れ上がることがあるので、
そんな時は塗り薬を使い、症状が収まらず広がっていく時はエピペンを使うよう指示されていた


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

743: 名無しさん@HOME 2008/06/28(土) 10:18:50
流れを無視して恐る恐る・・・プチッとバカ夫婦話。

旦那実家とは近距離別居。でも凸された事も無いんでこの点では有難い。
がしかし、先々代まで農家だった家で女系家族の中の唯一の男子だった
旦那への密かな執着(旦那の前ではそういう素振は見せない)と層化信仰がウザイ。
待望の男である旦那には、しっかりと農家長男教も洗脳していたらしい。
女系で育ったせいか、旦那はマッチョな癖に女っぽい部分があり、若干というか正直ドM。
自宅では「おい動物」と私に呼ばれ「はい」とお返事して休日は家事を手伝う生活。
私との結婚生活で長男教の洗脳も解け、奥タン大好き男に。
でも義実家では勿論、そんな素振は全くお互いに見せずにいた。
多少イラッと来る事はあっても、旦那の親だし他人だしと一応我慢してた。
だけど相変わらずしつこい層化勧誘や大作マンセー攻撃に苛々も最高潮に。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

718: 1/2 2007/08/03(金) 09:35:07
場つなぎに昨日の夜の話を。
義実家親戚(トメ姉夫婦)が宗教にはまってて色々言ってくる。
宗教以外は良い人のトメ姉夫婦には皆きつい態度で断ることが出来ないため
控えめな断り=遠慮してると勘違いして勉強会はしつこく誘ってくるし、
御札も勝手に買ってきて金銭(実費らしいけど)を要求するように。
で、ウトメさんからなるべく穏便に宗教を諦めさせる方法はないかと頼まれた。

トメ姉夫婦が来ていつも通りナントカ教の勉強会の勧誘をしてきたので
「実は私と夫くんは萌教って言うのを信じてるんです」と、切り出した。
「萌教って言うのは萌が基本です。モエーって最近よくテレビでも聞くでしょ?
最近、信者の人がすごく増えてるんです。すごいでしょ!
心ときめかせることで生活に潤いを与える素晴らしい教えなんです!
で、私って最近5次元に萌えてるんです。ランドール博士の5次元の話です。
博士は素粒子物理学とかの博士です。もう無茶苦茶すごくて超萌えなんです。
私たちがいる世界は3次元だけど、5次元になったら重力とか時間とか無視なんです!
意味解りませんか?そりゃあ私たちは三次元の人間だから難しいんですが、
これが証明されたら世界が変わっちゃうくらいすごいんです!
前世の業だとか先祖のナントカとかより良い人生とかご利益なんて所詮三次元の話です!」



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
19300001149606133939653856557



299: 名無しさん@おーぷん 2014/08/22(金)13:43:52 ID:ISeu4xILZ

実家の母が新興宗教に入ってしまった話です。

私の母は統合失調症の精神障碍者です。
高校卒業までは実家で暮らしていましたが、卒業後すぐに実家を出ました。
そこから年に2,3回帰るほどです。ちなみに実家から出て3年目です。

去年の冬頃帰ったところ、キリスト教徒だった母が仏教の本を読んでいて
「なんで仏教の本読んでるの?」と聞いたところ「うーん」とあいまいな返事。
母は不可解な行動が多いのであまり気にしていませんでした。

半年後、母はある新興宗教に誘われていて
そこに入ろうか悩んでいるとのことを電話で話してきました。
有名な新興宗教だったので、私は反対しました。

お金がとんでもなくかかるからやめろときっぱり言いました。
私が猛烈に説教をしたのでそこで電話は終わりました。

しかし後日また連絡しみると後ろから男の人の声が聞こえます。

母がトラブルに会っているのかと思い、どうしたの?なにかあったの?と、聞いても
「あとで電話する」の一言で電話が切れました。
1時間後電話をこちらから再度してみると母はずっと無言のまま。私が何を聞いても答えません。
強い口調で何度か聞いたらやっと口を開き、新興宗教の会合に行っていたことを言いました。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bat91

750: 名無しさん@HOME 2011/11/28(月) 17:21:58

修羅場と聞いて
まあ俺の修羅場なんてしょぼいが、親が宗教(日蓮系カルト)にハマった一件だったな

そこから母方の祖父母に伝搬しいつの間にか俺の身の回りは新興宗教の信者だらけになっていた
父方の親戚はこれまた別の宗教(真光)をやっていて絶縁状態
挙句の果てにはよくわからない祭壇みたいなものを買いだしたりし始めて・・・

高校に上がる頃には親と夜な夜な殴り合いをするようになってた
親の車を鶴嘴でベコベコにしたり、家の壁が穴だらけになったり
断っておくとうちの親父は体育会系でボクシングやってて左目を潰して引退したような人
加えてレーシック手術によって視力が回復していたので俺では到底敵う相手ではなかった
母親も母親で一度は金属バットで頭をかち割られて、俺はそのまま救急搬送されたこともあった
その事についてついぞ謝ってもらったことはない

ただ俺も負けん気が強くて、かならず可能なだけの被害を相手に与えることを考えて抵抗してた
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2013060702

223: sage 2014/10/01(水)21:54:04 ID:???

私の家庭の話しを一つ。

父低学歴キレやすい酒好き。母宗教にドはまり。

昔から何度も何度も離婚だ何だ揉めて、結局妹(父母両方同じ。浮気はしてない)が生まれて
治まったように見えたけど、根本的解決にはなってない。

小学生の時は母の宗教に洗脳されてて
「お父さん、(その宗教の映画を)一緒に見よう」
と誘ったり、変な呪文?とかを唱えたりしてた。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
9efa06c9-s

597: 名無しさん@HOME 2012/07/08(日) 17:06:27
今から十数年前、まだ実家に住んでてのんきに暮らしていた20代前半の時のこと 
中学の時にわりと仲の良かったAから電話がかかってきた。 
懐かしさもあって、嬉しくなり「おおっ、久しぶりだねー、元気だった?」と話が弾みました 
そのうちAは、確か前に○○ちゃん(私)子供好きだって言ってたよね、 
こんど子供連れて遊びに行っても良いかな?と言うので何の疑問も持たずにOKしました。 

約束した日の夕方、Aは5・6歳ぐらいの男の子を連れてやってきましたが、なぜか知らない女の人が二人。 
面食らう私にAは「ごめんね、この人たちも上がっていいかな」と聞いてきます。 
困惑していると、脇をすり抜けてAの子供がさっさと家に上り込んでしまったので仕方なく3人を家にあげました。 
 用意してたお菓子とジュースを出すと、おもむろにAが 
「実は今日は○○ちゃんに大切な話をしに来たの」と話だし 
「私××という宗教団体に入ってるの、で、そのおかげで今すごく充実した日をおくってるわけ。 
この幸せをぜひ○○ちゃんにも分けてあげたいと思ってね、ね・○○ちゃんそういうの興味ない?」 
他の2人も口々に 
「本当に素晴らしいわよ」「宗教って聞いてアレかと思うけど、全然心配ないから」 
「人生感が変わるよ」「前世の行いが・・・」 
などと、こちらの口をはさむ間も与えないほど3人で畳み掛けてくる。  
こちらも時々「いやいや」「そういうのはちょっと・・・」と返すが、全くダメ。しつこいしつこい 
そのうち「今からさっそく本部の施設に言って、ありがたいお話を聞きに行きましょう」と恐ろしいことを言い出した。 
 今ではそんなもの、有無を言わさず「興味ない、帰れ!」で済むことだとわかってますが、その時の私は 
本当に意志が弱くて世間知らずでしたorz 
そしてそんな私の性格をよく知っていたAは、簡単に言いくるめて連れていけると踏んでいたのだと思います。
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ