タグ:実家族

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

225: 名無しさん@おーぷん 2015/12/20(日)03:48:59 ID:tYy
9歳年上の姉
姉は小学校からいじめられたっぽくて中学校から引きこもり
母いわく「厳しくしすぎて内気で主体性のない子に育っちゃった。あの性格じゃいじめられるわ」
父:旧帝大→証券業界
母:どっかの固めの女子大→結婚
と両親は真面目一筋の堅めの人生を歩んできた
実は今になっても親が本気で笑ったところは見たことない
んで子育てにも真面目に取り組みすぎたようで姉は結構厳しめに育てられたらしい
姉の話でしか知らないから詳しいことはわからんけど
服装も門限もガチガチ。成績が悪かったら吐くまで怒鳴られる
一応ゲームや携帯は買い与えられたっぽいけど遊んでたら嫌味言われて親の機嫌が悪いと没収されるから楽しめなかったって
体操座りしてただけで「足癖が悪い」
顔見る度に「勉強しろ」
どうも体罰もあった臭い

すみません。改行が多すぎるっぽいので一旦切ります



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

83: 名無しさん@おーぷん 2015/12/08(火)17:24:42 ID:82L
高3の正月。
朝リビングで妹二人が切っただけの伊達巻だけをお皿に盛り付けもそもそ食べてた。
私も伊達巻をいただきウマーして小さな幸せを感じて、炬燵にテレビで極楽。
少ししてから父が入ってきてからのちょっと話がある。

「お父さんとお母さん離婚するから」

( ゜д゜) ( ゜д゜)( ゜д゜)ホ゜カーン

その瞬間私のみ「いやあぁぁぁ…」とドラマのように泣き崩れ、それ見て妹( ゜д゜)ホ゜カーン
なんとなく危ないかもという感じはあったけど、どうして正月に言ったの?お父さん。
今までの修羅場の中ではこれが一番。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

384: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)03:53:37 ID:Ljg
テレビとかで見る幸せな家庭像のおかげで、自分の家がおかしいことには割と早い段階で気づけた
母は姉をD Vしていた




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

974: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)11:46:15 ID:cIr
祖母(母の実母)はたぶん母にとっての毒親だと思う。
祖母60代、母40代。私は成人なりたて。

祖母は私や兄に対しては激甘だけど、とにかく母に対して当たりがきつい。
知らない人が見ると「きっついお姑さん」に見えるらしく
実母だと知ると驚かれたことが何度かあるくらい。
何をしても気に入らないらしく、言動も趣味も容姿まで全否定。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

229: 名無しさん@おーぷん 2016/01/24(日)11:32:37 ID:m7T
中学生の時、親が離婚した。理由は父親の度重なる浮気と、浮気相手のストーカー行為。
幸い母親が資格持ちだったから、生活に困ることはなかった。
養育費は途中で止まっちゃったみたい。ネットでよく見る弁護士をはさんでの取り決めはやってなかったのかもしれない。面会もなかったし。
兄も私も無事大学まで行けて、卒業して就職できた。
兄は26歳で結婚。私は母と同じ職についた。
それから3年。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

962: 名無しさん@家庭ちゃんねる 2015/01/18(日) 22:19:15
父方の祖母は「女はハイハイ言って、男をおだてていい気にさせればいいのよ」教の人
実際祖母が元気なうちは、祖父がワガママを言っても従って、後で一人でおいしいもの食べたりと、気楽にやってるようだった
本当の本当にどう思ってたかは分からないけど、少なくとも私の前で嫌そうにしたことはない
そんな祖母が体調を崩し、祖父は介護をすることになった




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

534: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/24(月) 14:41:05.75 ID:WOwS62yW
父が浮気し、さらに両親が離婚した

父が飲んだくれのD V親父で…ならともかく、私と二つ下の弟が小さい頃は
季節ごとに色んな所へ連れて行ってくれた
遊園地やファミレスにはあまり言った事が無かったけれど、
どんな事でも家族がいたから楽しかった
母も変な人ではなく、ちょっと気は強いけど優しい母だった

ある日、夜にどこかの部屋からガシャーン!という大きな音がして目が覚めた
その頃私は中学生で、弟は小学生だったので二人で共有していた子供部屋に寝ていた
「何だろう、一階の方からだ」「泥棒違うんか」と二人で部屋にあったバットなどの
何かしら武器になりそうな物を抱えて恐る恐る音のした方へ行くと、
台所の電気がついていて、両親の怒鳴り声が聞こえた

「何なのよ!馬鹿にして!!」という母の高い声が更に高くなった甲高い声
「馬鹿になんかしてないだろ!!」という普段声を荒げる事のない父の怒鳴り声
これは普段のささやかな言い合いレベルの喧嘩ではない、とすぐに私達は気づいた

二人で息を潜めながら聞き耳を立てていると、
どうやら父が他の女性とどこか出かけて正に先ほど帰って来たらしかった
その時の時刻は日付を越えた午前2時10分 今でも覚えている
そんな時間に、しかも異性と出かけて帰ってくるなんてどう考えてもおかしい
まさか、と思った 弟も目を丸くして私を見ていた




続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

360: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)17:17:20 ID:Dhn
修羅場とは少し違うけど、
私の実家と夫の実家のぎくしゃくが原因で起こった事件の話

義実家は絵にかいたような上流家庭で、
割と貧しい家で育った私は、その空気にあまり馴染めなかった
うまく溶け込もうとはしていたのだけど、
住む世界が違うという感じで、どうも話がかみ合わない

義両親ももったいないくらい優しい方々で、
馴染めない私にとても気をつかってくださったのだけど、
そうすると余計に疎外感を感じてしまって、うまくいかなかった

私自身がそうなのだから、私の実両親はもちろん義両親とうまく付き合えず、
実家と義実家はほとんど交流がなかった

これでは悲しいということで、今から十年前のお正月、
義両親、夫、私、九歳、六歳の私の息子が集まった義両親家に、
私の実弟が挨拶に来ることになった



続きを読む

このページのトップヘ