必見!オススメ人気記事

タグ:客

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
レジの前にもフェアトレード・チョコ&オ-ナ-堀川さんs

429: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/17(月) 17:37:18 ID:EGBrBzZq

今日のランチタイムの出来事。

あるお客さんが、レジに来て「財布を忘れた」と言いだした。
こういう場合、SC内のマニュアルで、身分証を預かることになってるんだけど、
免許や社員証なんかは全部財布の中だと言う。

じゃあ携帯を預かって…と提案すると、
「個人情報が云々~そんな不用心なことできない云々~常識だろう云々~」
財布持たないで飯食いに来た奴に常識を説かれるとは思わなかったよw
大体会社に連絡入れて、同僚なり誰かに持って来てもらえば?って言っても「恥ずかしいから無理」
で却下したのはあんただろうが。

もうやんなっちゃったから店長(かなりの強面)に丸投げ。
しばらく(昼ピークの忙しい時間に!)協議した結果、携帯の側部分(電池パックとカードを抜いて)
置いていくことに。
1時間後にお金払いに来たからまあいいんだけど、その時の台詞が
「一生懸命対応してくれてありがとね」だって。

そこは普通「ご迷惑をおかけしましてすみません」じゃないかなあ。
20代後半ぐらいのきちんとした感じのOLさんだったけど。
飲食業の人間だったら、このシチュエーションで食い逃げを疑わない人はいないと思うけど、
疑われてる当人に自覚が全くなしってのがびっくりした。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
annamillers

469: 彼氏いない歴774年 2012/03/15(木) 15:57:49 ID:Bk71nPA9

先月あった話。
個人経営の飲食店バイトです。

私「ご注文お決まりのようでしたらこちらのボタンで~
客『ランチ』
私「…はい?」
客『だぁか~ら~、ランチだって言ってるでしょ!』
私「本日のランチメニューは15時で終了いたしました。(当時19時半過ぎ)
申し訳ございませんが、こちらのディナーメニューからお選びください」
客『だからランチメニュー出せって言ってんの!!』
私「(こればっかりは責任者に絶対禁止されてるしな…)」

みたいなやり取りがあって、責任者を呼んだ。
その責任者は、こちらのバイトがご迷惑をお掛けしたようで~と、私にも謝らせてその場は終了。
かなりモヤったけどこれが接客業なんだと我慢して帰りのバスに乗った。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
757b228c560337eb_S

795: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/06(土) 00:29:21 ID:RooSagQJ

昔働いてた店であったことなんだけど、

ちょいと会社が変わってて、同じ業種の店を近場に3店舗ほど構えてて
(一般の人は完璧に違う店と思ってるらしい)、そのうちの1店舗で働いてたとき

俺が商品の品だししてるときにオッサン(客)が3万くらいの商品指して
『○○(姉妹店)で同じの2万5千円くらいで売ってたんだけど、同じ値段にならない?』
とか言ってきた

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
f221ac483035f14b0e95194e88350fccd539455d1369194025

426: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/31(日) 14:15:05 ID:Ezcr+pXc

数年前俺が高校生でコンビニのバイトをしていた時の話

礼服を着た30代くらいの男性が焦った様子でレジにガムを持ってきて
(これから葬式なのかなー)なんて考えながらレジ打ちをして
「100円になります~」って告げたら・・・

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
f0125597_15201817


119: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/09(土) 22:43:46 ID:zP+sUtrq

パン屋の店長をしていたときの話。私が休み明けに出社すると、
バイトの子に「昨日おかしな客が来たんですけど…」と報告された。
若い男の客が、大量にパンを買って金を払い終わった後、その場で
「これ捨てたいんだけどゴミ箱はどこ」というらしい。

対応した女の子は怖いので言うとおり捨てたという。
私はバイトの子たちに「来たら私にすぐ教えて。私がいなかったら
刺激しないようにそいつの言うとおりにしておいて」と通達した。

何週間かあとにもまた来たと報告があったが、私は所用で店にいなかった。
お店の子達は「刺されそうな容貌だった」と不安がり、親に辞めなさいと言われた子もいた。
私が店長になってから、赤字だったこの店を盛り返すためにバイトの子達と
一生懸命やってきた。人材は宝。辞められるのも痛手だが、彼女たちに危害を
加えられるかもしれないと思うと不安で、悔しくて、どうしたらその男を
撃退できるか日々考えた。


そいつの3回目の襲来のとき、私は店に居合わせることができた。

入店直後から様子がおかしかったが、レジの前で「うおおおお」と
小さく声を上げたとき、私は例の奴かもしれないと思って対応を頭に思い描いていた。
案の定大量のパンを袋詰めし終わったとたん捨てたいと言い出した。
私「そういうことを承ることはできません」
男「別にお金払った後のものをどうしようと勝手じゃないですか!」

続きを読む

このページのトップヘ