必見!オススメ人気記事

タグ:家事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

427: 名無しさん@HOME 2013/02/12(火) 16:17:09.55
私は専業だから家事は全てやってるんだけど、 
トメが何もさせなかった夫は私が寝込んだら外食してた 

そんで子どもたちの世話も疑問を持たずにやってたんだけど 
去年倒れて1ヶ月入院した時に 
何も出来ない夫が当然の様に中1の娘に全て丸投げした 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【1/2】嫁「家事をもっと協力して!」俺『仕事が激務ながらもゴミ出し、食器洗いは協力してるだろ!(怒』嫁「もういいや…わかりあえないね…実家に帰ります…」
の続きです。

770: ポーション ◆yR/Ri0aEU2 2012/12/02(日) 15:24:12
嫁から電話きて嫁友に連絡取った件を怒られました。帰ってくるようです。 
話し合いは帰ってからすると。ガーっと喋ってブツッときられたのでまだ怒っていると思います。 

>>765 
情もあります。致命的ですね。 
嫁が妥協してくれるなら好きでいられるとは思いますが、わだかまりを気にしてしまうでしょう。 
冷静に、強気で話し合いにのぞみたいです。 
離婚もやむなしと思えてきました。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
※このお話には続きがあります。続記事22:00

734: KD125028228159.ppp-bb.dion.ne.jp ◆yR/Ri0aEU2 2012/12/02(日) 13:19:45
◆現在の状況 
家事をやれと言われてる。だけど嫁は専業主婦なので自分の今のやっている以上にするのは不公平だと言った。 
そしたら実家に行ってしまった。 
初めて出て行かれて困惑、焦っている 


◆最終的にどうしたいか 
離婚はさけたい。 

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額 
31歳 公務員 350 

◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額) 
31 専業主婦 

◆家賃・住宅ローンの状況 
4万 賃貸 

◆貯金額 
200 

◆借金額と借金の理由 
なし 

◆結婚年数 
6 

◆子供の人数・年齢・性別 
いない。嫁側に原因があり。だけど責めたことはない 

◆親と同居かどうか 
自分の親は両方他界。嫁側は両方いるが別居。 

◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由 
なし 

◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい) 
同棲してた頃は嫁も派遣の仕事をしており家事は均等だったと思う。 
結婚をきに専業主婦に。ゴミだし(集めるのも、捨てるのも)、ほとんどの食器洗い、などは今も自分がしてる 
今回嫁は家事をもっと協力してくれと言ってきた。 
仕事が激務ながらも協力してる方だと思っていた自分にはびっくり&怒りが湧き言い争いに。 
「もういいや。わかりあえないね」と言われ寝室に行かれて次の日出ていった。 

家事をすればいいのか。しかし激務&いつ呼び出しがくるかわからん職業なのでこっちにも協力して欲しい気持ちもある 
よろしくお願いします
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【2/3】嫁「別れたい、もうこんな生活疲れた・・」俺『復縁して結婚までしたのに…俺より元彼の方が稼ぎが良いから?』嫁「フリンしてたと騒がれたら嫌だから話すけど・・・」
の続きです。

697: 甘やかされ 2018/05/07(月) 12:34:25.09 ID:DrMlK8aP0.net
すみません。季節外れのインフルエンザにかかって寝てます。 
また来ます。 

嫁さんのことは悪く言わないでください。 
一昨日からずっと優しく世話してくれています。 
本当に俺にはもったいない素晴らしい人なんです。捨てられたくないから、俺は変わりたいんです。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【1/3】嫁「別れたい、もうこんな生活疲れた・・」俺『復縁して結婚までしたのに…俺より元彼の方が稼ぎが良いから?』嫁「フリンしてたと騒がれたら嫌だから話すけど・・・」
の続きです。

589: 甘やかされ 2018/04/29(日) 23:11:09.98 ID:FOf6Xwwg0.net
・とにもかくにも転職 
・もはやそれもやめて専業になる 
・言われた家事はやれ 
(やり方はみなさんに教えてもらってるように工夫して) 
・プラスアルファ、嫁さんの倍家事する気持ちで 

いまのところ出てる意見はこんなところでしょうか。 

嫁さんと同じだけ今すぐに稼ぐのは無理なので、家事を2倍するとして、 
現状嫁さんの倍の時間を確保するのは難しいです。効率的にやるしかないですね。 

レスは少しずつですが、全部読んでます。 
時間かかるかもしれませんが、質問にも答えていきます。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
※このお話には続きがあります。続記事21:00

313: 名無しさん@HOME 2018/04/28(土) 16:59:28
【相談用テンプレ】 
・家庭の状況、自分や配偶者等登場人物の詳細 

自分 男 アラサー 会社員 
(転職活動中) 
嫁さん 同い年 会社員 

・悩みの原因やその背景 
仕事から帰ってきた後や、仕事前の俺の家事のクオリティの低さに嫁さんが呆れ果てている。 
朝ごはんは用意してほしい。嫁さんが起きる前に洗濯機を回し始めてほしい。できないなら出掛ける前にタイマーをかけて、嫁さんが帰宅後に干せるようにしてほしい。嫁さんが起きたときに風呂にお湯を溜め始めてほしい。等具体的な要求をされている。 

もしくは家事をやる頻度や分量を減らしてもいいから、家計にもっと金を入れろと言われている。 
しかしながら、朝疲れていて起きられなかったりで家事は結局嫁さんがやってくれることも多い。 

・これまでの話し合いや解決に向けて努力したこと 

俺が謝罪して数日はやっているが、結局は元に戻ってしまう。話し合いというか、いつも嫁さんに怒られてはいる。 

・どうなりたいのか、どうしたいのか 
金はあまり負担できないのと、今は繁忙期なので、転職するまで待ってほしい。もちろん別れるのは嫌だ。 
金以外の要望ならなるべく応えたいので、帰宅後に家事をスムーズにやる気になるコツなどあれば教えてもらいたいです。 

・特殊な事情(あれば) 
結婚前に、俺のだらしなさに嫌気がさした嫁さんが二また→俺と破局しているが、謝り倒して頼み込んで元サヤとなり結婚にこぎつけた。 
家計の負担も嫁さんの方が多いので、あまり俺が強く出れない。 

同棲前の約束で、収入差の関係で家計の負担が嫁さんに寄ってしまうので、俺が家事を多目に負担することになっていた。 

・その他(あれば) 
特になし。

314: 名無しさん@HOME 2018/04/28(土) 17:03:11
言われたことくらいはやれ

315: 名無しさん@HOME 2018/04/28(土) 17:09:04
>>313 
できないんじゃなくて(やりたくないから)やらないだけだろ 
ガキじゃないんだからさ 
嫁のために離婚してやれ


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

579: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/18(月) 20:29:25.88 ID:y8t+u1Th
自分というよりは父の修羅場。 
幼少時、自分の火悪戯で火事を出した。 
調度両親ともに仕事で出ている時。(母は内職の定期集合作業だったらしい) 
仏壇の蝋燭で暗い所を探検しようとして、外して立て掛けてあった襖に引火。 
仏間は二階で、一階からジョウロで水を運んで消そうとしたが、間に合うはずもなく。 
そこからは覚えていないのだが、隣家のお兄さんが気が付いて救出してくれ、消防に通報。 
家は半焼した。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

171: 名無しさん@おーぷん 2014/09/17(水)12:28:30 ID:ijMPAzE4F
くそ男の話を読んで、思い出したくもない嫁だったくそ女の話を吐き出す。
まだ、6ヶ月前なので冷静になれない部分があるが頭を整理するつもりで書く。

172: 171 2014/09/17(水)12:30:42 ID:ijMPAzE4F
1年半の結婚生活は金の無駄、時間の無駄だった。
結婚なんてすべきじゃないって、頭では分かっていたのに世間の風に流されていた。
地元の友人が盛り上げてくれたので、その時は幸せだと感じていた。

結婚してすぐに嫁が働いていた会社を人間関係のトラブルで辞めて、
嫁は前の会社の人間とは会いたくないと言って、家の近くの卸市場で朝4時から午後2時まで働いた。
俺は嫁が朝早く仕事に行った後に洗濯して掃除して出勤していた
嫁は仕事から帰って俺の晩御飯を作って、と言っても嫁は料理が上手くないので、市場の惣菜が殆どだった。
嫁は8時には寝て朝3時に起きて仕事に行っていた。

嫁の仕事に慣れてきてからは、仕事仲間と飲んで帰るようになって食事を用意せず寝るようになった。
俺も職種の関係で帰宅時間も一定じゃないし、急な出張もあるので自分で作るようになった。
飲食店でのバイト経験もあるので料理は趣味でもあったので苦痛でもなかった。
家に帰っても嫁は別室で寝ているし、嫁は平日休みで合わないし、ほとんど会話することもなくなった。
続きを読む

このページのトップヘ