タグ:崩壊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

610: 名無しさん@おーぷん 2018/03/27(火)13:40:12 ID:oSn
甥のせいで両親と絶縁し、更には両親が離婚したのが一番の修羅場

これは私が高3の頃の夏休み
当時の我が家は魚をくわえた猫を裸足で追いかける主婦が主役のアニメを実写化したような家庭だ(皆さん、あのアニメで再現すれば面白いと思いますよ?)
両親と姉と小二の息子(甥 Tヲとしよう)と私の5人家族
あのアニメの違いは主婦の旦那ポジと弟ポジはいないことくらいかな?(姉はバツイチで出戻り)

事の発端が起きたのは夏休み
私はバイトで給料が出たため、アイスを家族分買って帰り、夕食後皆に振る舞った
しかし私は当時ダイエット中で、一日二食8時以降は水だけで何も食べないでいたため、私の分は翌日部活から帰った時食べようと思っていた
翌朝、私は朝食を終えるとすぐに学校に
部活を終え、汗だくになった私は帰宅後すぐにシャワー
母が作ってくれた昼食を食べてからデザートにアイスをと冷凍庫を開けると、ない!
ごみ箱を調べると、そこには空のアイスの蓋とカップが・・・・
しかも蓋にはしっかり私の名前が書かれていた(私は万が一のことを考え、油性マジックでひらがなで名前を書いた)

その時家にいたのは母と姉と甥のTヲだけ
私は居間に三人を呼び出し、誰が食べたか問い詰めると、「ごめんです〜(実際はこんなこと言ってないけど)」Tヲが謝ってきた
私が買ってきたアイスが美味しかったから、またないか冷凍庫を漁ったら見つかったので、名前が書いてあったけど食べたらしい
ブチキレた私は「Tヲ氏ね」と言い捨てると、財布片手に31に向かい、アイスを食べまくって帰宅
Tヲは帰宅した私に謝ってきたが、私はそれを無視して自室に籠った
後で姉が新しいアイスを買ってきたり、連絡を受けた父が同じものを買って帰宅したが、それでも私の怒りは治まらない
見かねた母がやってきて、「Tヲくんも反省してるんだから、いい加減許してあげなさい」と言ってきた
姉や父に言われるならともかく、まさか母に言われるとは思わなかったよ


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

822: 名無しさん@おーぷん 2016/12/17(土)01:22:13 ID:HwT
胸糞悪い話かも
私の父は薄給のくせに家事育児一切せず趣味のために毎月給料の3割、6万を持っていくような人だった
そのくせ母に「誰が食わせてやってんだ」と怒鳴りつけて奴隷のように扱ってた
私には3歳年の離れた兄がいたんだけど、兄が小5の頃、友達に金持ちのボンボンの子がいた
母も父もモデルやってるような有名人で、はっきり言って人は金で動くみたいな人だったのを覚えてる
兄もよく「おもちゃやるぜ」と言われてノコノコついて行っては馬鹿にされてるのも気づかずに遊ばれてた
そんなボンボンが誕生日を迎え、ホテルでそれは盛大な誕生日パーティーを開いたそう
プレゼントは最新型のプレステとwiiだったかな
そんな話を聞いて兄はたいそう羨ましがった



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
news_206

782: 名無しさん@HOME 2012/01/15(日) 23:29:04.55 0

もうだいぶ前に離婚して他人になった元義実家へのDQN返しです。
結婚当初から私のことが気に入らなかったトメ。
理由は、同居しなかった。新居を嫁実家近くにした。

でも嫁実家近くだから決めたのではなく、通勤に便利な場所としてそこに居を構えた。
嫁の親が公務員なのが気に入らない。
警察関係の親戚がいるのが気に入らない。
理由は警察の人間が近くにいると落ち着かないからだそうだ。
ともかく税金泥棒な一族だから嫌いなんだそうだ。
嫌いな一族から来た嫁は要らないなら結婚前に文句でも言えばいいものを 
顔合わせの時は公務員大歓迎みたいなことを言ってた。
そしてトメの大好きな息子ちゃんも公務員。
嫁に唆されて息子ちゃんが公務員になってしまったと嫌味を言われたけど、
私と知り合った時はもう既に就職してた。
ウトは自営で、トメは「うちは一国一城の主」と自慢してた。

でもウトは「やりがいはあるけどこのご時世、息子が安定した職な方が安心した」と言ってた。
それを聞いて、息子ちゃんだけじゃなくウトまで嫁にたぶらかされたとトメが騒ぎ出した。
夫とウトがスルーしてくれてたら良かったんだけど、
夫は「嫁はお金持ってる親父(ウト)の方がいいんだろ」とキレた。
ウトも「そうか嫁は俺がいいのか」とセクハラしだした。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
手芸部イベント用

660: 恋人は名無しさん 2010/11/20(土) 19:57:28 ID:SV/KQW7V0

カノ子(俺の当時の彼女)は手芸が趣味だった。

付き合ってる当時セーターや帽子も何度か編んでもらったし
よく手作りの髪留めやブローチ(花みたいな豪華なやつ)を作って
友人の結婚式に出席してたりした。
俺は詳しくないけど上手なレベルだったと思う。

一年半くらい付き合って、親にも紹介したんだけど
その頃からなんかカノ子の様子がおかしくなってきた。
それまではお互い結婚を視野に入れての付き合いって感じだったのに
カノ子が及び腰になってきた。

まず俺んちに来たがらなくなった。
お互い実家住まいだったから自宅デートも多かったんだが
なんやかや理由をつけてうちには寄らないようになった。

続きを読む

このページのトップヘ