スポンサードリンク

タグ:幽霊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

85: 名無しさん@HOME 2009/03/28(土) 20:58:56
微妙な話かもしれないけど。

アポ無凸家事チェック、夜の生活詮索冷蔵庫荒らしとクソトメの見本のようなトメ。
そのくせ外面はとんでもなく良く、義実家親戚の間では私はとんでもないクソ嫁扱い
(時折、遠縁の親戚から説教の電話がかかってくる・電話番号はトメリーク)
旦那は悪妻をそれでも大事にする僕ちゃんに酔いしれてて、止めもしない。
正直、離婚も仕方ないかと思ってた。

そのクソトメの凸が突然やんだ。親戚の電話も突然止まった。
疑問に思いつつも静かでいいなと思ってたら、今朝になって旦那が突然
「寺に行こう、トメも連れて!」なんでなんでと思ったら、

十年前に亡くなった私の実父に、枕元で説教されたと言い張る。

聞けばトメも。毎晩毎晩、胸の上に正座する中年男性に悩まされ、
睡眠不足で凸どころじゃなくなってたらしい。
「はやく行こうよ」と言う旦那に、どうして私の父が、私じゃなくあんたとトメのところに
出たかちょっと考えてみ?と目を見据えて言うと黙った。
結局トメと二人でお寺に行ったけど、そりゃ当たり前でしょと怒られたらしい。

とりあえず仏壇に、私の代わりにありがとう、とーぶんやめなくていいからねと言っておいた。
でも亡くなった父に心配かけるのもなんだから、私もこれから自分で頑張るよ。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

823: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/21(土) 12:32:19.63 ID:upAQoWCs
我が家が心霊スポットに囲まれた土地に建っていると知った時が一番衝撃的だった。
うち(一軒家・築35年)の雨漏りがひどくなってきて、屋根を直すついでにリフォームするか?という話し合いのときに

私「そういやうちって建てるときいくらぐらいかかったの?」
母「えーと、土地つきで300万ちょっとぐらい」



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
557: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/01(金) 17:37
高校のとき仲の良い友人が「週末、家に泊まらない」って誘ってきた。 
「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、俺は断った。
でもしつこく誘ってくる。「他をあたれよ」って言ってもなぜか俺だけを誘ってきた。 

あまりにもしつこいので「なぁ、お前一人じゃ怖いのか?」って
からかってみたら、急に黙り込んだ。
「なんだ、図星か?」って追い討ちをかけてみると、
突然真面目な顔になって「なぁ、お前、幽霊って信じるか?」なんて言ってきた。
なんだこいつって思いながら
「まぁ、見たことは無いけど、いないとも言い切れないかな」って答えた。 

「じゃぁさ、週末に家に来いよ。幽霊は、いるって解るよ」なんて言いやがる。 
「ふ〜ん・・・・で、見に来いっての?でも、止めとくよ」って言うと、
泣きそうな顔で「頼むよ、来てくれよ」って言う。
「じゃぁ、具体的にどんな幽霊なんだ?」って聞くと
「毎晩12時くらいに階段を1段ずつ昇ってきてる。
そして週末にちょうど家の前に来るはずだ。
その時、一人なのが怖いんだ」って、本当に怖がりながら言うんだ。 

しつこいのもあるけど、ちょっと面白そうだなって気持ちがあって
「解った、行くよ」って言うと、「ありがとう、ありがとう」って繰り返し言ってた。 

続く

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
551: 恋人は名無しさん 2006/09/12(火) 17:02:22

勝手ながら先月あった修羅場投下させていただきますm(_ _)m

私は怪談話・ホラー映画系が大嫌い。
彼はそんな私を怖がらせるのが大好きな大学生カポーです。

彼は幽霊とかをまったく怖がらない・信じないため
2LDKで家賃4万のでるといわくつきアパートに住んでます。(彼の隣の部屋で家族が心中したらしい)

そんな彼の家に1人で行くのは怖くて無理なので、
遊びに行くときは共通の友達A子と行き、よく3人で遊んでました。



スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sirakaba

517: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:45:33.00 0
数年前友人とドライブに出かけた 
丁度車の事故が起こったようで道が大渋滞になって夜になってしまった 
なんとか早く家に帰りたかったので普段通らない山道を通って帰る 
ことにした 
真っ暗の道をゆっくり走ってると友人が突然 
「あれ人じゃね?」 
といった 
確かに人っぽかったが周りには家もないし灯りもない 
俺は幽霊だといったが 
「じゃあ確かめてやる」 
といって友人は車から降りていった。 
しばらくすると女性を連れてきた 
「なんか彼氏にすてられたんだって。家まで送ってってやろうぜ」 
といって女性を車にいれた 

その女性は真っ青な顔色と無表情な顔は幽霊そのもの 
内心、絶対まともな人間じゃないと思い 
ブルブル震えながら運転をしていった 
ようやくまともな道にでると直ぐそばのコンビニで降ろしてくれ 
といわれて降ろした 
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ