スポンサードリンク

タグ:彼氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

743: 名無しさん@おーぷん 2016/08/16(火)13:38:58 ID:E6U
明日から日常に戻るし切り替えるために書き込みします
しもネタせいはんざい絡むのでアウトの方は飛ばしてください

今年彼氏との結婚を許してもらう為に彼氏の実家に行った
挨拶をする上でどうしても彼の両親に話しておかなければならないことがあった
それは私が小学生の頃から数度、せいはんざいに巻き込まれていること
小1の頃に隠し撮りから始まり、ストーカー、いたずら電話、レ/イ/プ未遂
引っ越しも3度行ったのに3回も違う男から狙われた
男性恐怖症になったりといったことは無かったが、その経験のせいかせい的行為をされても体が無反応になってしまった


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

460: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)10:30:57 ID:9f595Wgbr
大学生の頃、祖母が足を悪くして手術し、1ヶ月ほど入院したとき。
母は働いていて土日は休みがとれなかったので、平日は母・土日は私が付き添うことになった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

637: 名無しさん@おーぷん 2014/09/20(土)16:18:10 ID:H8Z5Ei2nC
一年くらい付き合った会社の同僚の男性に、「うちの実家来ない?」と言われて、ひどい目に合ったことがある。

彼と待ち合わせて、手土産下げて行って、玄関から笑顔で出てきたご両親に「初めまして、○○です」と挨拶。
が、シカト。
両親、彼にだけ「おかえりー」と。
「挨拶の声が小さかったかな?」ともう一度大きな声で言うと、睨まれた。
彼、全く気にしない模様。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

624: 名無しさん@おーぷん 2016/03/16(水)11:31:27 ID:Wcu
卒業したら結婚するつもりで、大学の春休みを利用して彼氏(社会人)の実家にご挨拶にいってきた
彼氏の母親は10数年前に離婚して家を出ていて、実家には父親のみ

彼氏の父親と会ってみたら、
・結婚したら即同居
・家事育児は女の仕事だから、(私が)一人で全てこなすこと
・彼父は私たちの結婚を機に退職するので、経済的に不安だから(私は)結婚しても働いていい
と滔々と条件を語られてリアルに目玉ドコーを味わった
彼氏は隣でにっこにこして「よかったな、認めてもらえて」とご満悦


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

324: 名無しさん@おーぷん 2016/02/25(木)16:38:39 ID:wil
この流れで書くにはあまりに些細な悩みなんですけど、
こないだ彼氏の家で寝てる時に口の中にいきなり水を入れられて喧嘩してます。
急に口に水分あふれたのでびっくりして起きて、「なに?なにしたの?」って聞いたら「水を飲ませた」と言われて、味とかはなかったので確かに水っぽいんですが納得できなかったので「なぜ水を飲ませるの?」と聞いたら「寝苦しそうだったから」と言われました。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

787: 名無しさん@おーぷん 2016/06/30(木)10:54:32 ID:qBY
彼氏が、はんざい被害者女性のえ ロ画像を収集していると知った時。
男性なんだからA/Vやえ ロ画像を見るのは普通だと思う。
好きな画像を保存しておくのも納得できる。
でもコロされた女性の画像を探し漁って、フォルダまで作って保存しているという嗜好は私は無理だった。
国籍は問わないらしく白人女性の画像もあったけど
「やっぱり日本人のが一番興奮する」らしい。
フォルダに「MURDER」「REVENGE」等と名づけしてあって、それぞれサツ人被害者、リベンジポル○ものだった。
画像を漁って保存するのは別にはんざいじゃないし、人によっては冷めないのかもしれない。
だから理不尽冷めかもしれない。
でも無理だったんだ。いまだ復縁を迫られるけど勘弁してほしい。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

792: 1 2009/07/07(火) 19:17:15 ID:na54UIzVO
携帯から投下しやす。読みにくかったらすみません。

私と糞太郎は友人の紹介で出会い、付き合い始めた。
糞太郎は優しい性格で、今でいう草食男子(笑)のようなタイプ。
二人の共通の趣味などもあり、交際はとても順調だった。

月日は流れ、付き合って2年半になる秋、
大学4年生の糞太郎の就職が無事に決まり、私たちは結婚前提で同棲をスタート。
まだ正式に婚約したわけではなかったけど、
お互い両親と何度か食事などしていたし、糞太郎のご両親も私によくしてくれていた。
糞太郎は同棲を始めてから私にべったりで、家に二人でいれば休みなくキス、
たびたび幸せ家族計画のような話もしてきて、付き合ってからの2年半で最高にラブラブな時期でありました。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

619: 名無しさん@おーぷん 2015/08/14(金)11:07:07 ID:iC1
閲覧注意かもしれない


同棲していた元婚約者が、ヘビを飼っていた。
基本的にお世話は私に丸投げ。

夏のある日
夏はマウスが繁殖しないため、えさが手に入りづらいため
冷凍餌でやりくりしていたところ、
元婚約者が突然、
「今日はごちそうだよ!」
といって、ヘビのケージに何かを投げ入れた。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ