スポンサードリンク

タグ:彼氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

243: 名無しさん@HOME 2010/09/20(月) 00:15:26
男と正々堂々と浮気されたと書き込んでから、
携帯を替えたらオク用のアドレスにこんなの来ていた。

題名:そろそろいいんじゃない?
本文:この連休にお前を両親に紹介したいんだ。
結婚も視野に入れるし、戻ってこいよ

それに対しての返信
題名:お断り
本文:せっかく素敵な彼氏がいるんだし、
そっちと一緒に行ったら

私に新しい彼氏が出来そうだという噂を聞いたらしく、
『麗しき姫奪還の勇者募集』だの『悪い魔法使いから姫君を救い出せ』
だのといった、メールを共通の友人に送りまくった馬鹿と、
再度つきあう気は全くない!


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

22: 恋人は名無しさん 2015/09/17(木) 23:37:48.95 ID:4s0d9vZC0.net
彼が会社の後輩の女の子に手作りをケーキもらったよ、と嬉しげに画像を送ってきた
写真を見たら、デコレーションがプロ過ぎて明らかに素人の仕事じゃない
もしやと思い画像検索をかけたら、全く同じ画像をネット上であっさり発見してしまった

これ実は今回が初犯ではなく、以前バレンタインチョコをもらったと報告してきた時の画像もネットからの流用で、その時はやたらと広告っぽい写真だったので検索かけて発見
前回はあえて指摘しなかったがまたやりおった…

もてる俺アピールのやり方がきもすぎてもう無理


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

660: 名無しさん@おーぷん 2016/11/18(金)03:23:31 ID:Hgg
はじめまして。
先ほど5年付き合って4年くらい同棲してた彼氏に、
泣きながら「もう無理だからお願いだから別れてくれ」と土下座されたので、
さよならと言って実家に帰ってきました。
でも正直わたしは別れたくないのですが、どうにもならないでしょうか...。よろしくお願いします。

661: 名無しさん@おーぷん 2016/11/18(金)04:09:30 ID:a0F
5年間一緒に過ごして出した結論がそれだから覆すのは難しいのでは?
てか、「お願いだから別れて!」って土下座されるなんて一体何やったのさ



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

183: 名無しさん@HOME 2010/03/15(月) 10:15:21
数年前のことだが・・・
コトメが婚約。
コトメとトメは一卵性母子で、コトメの恋愛進行状況をトメは頼みも
しないのに私に報告してくれた。初めての人で〜とかうんちゃらかんちゃら。聞きたくねぇ。
「聞きたくないんですが」「ワタシが言いたいのよ」っていう会話もあった。
まぁある意味、コトメもトメも、「初めて」の連続で舞い上がりすぎていたんだろうと思う。
コトメ彼は次第にそんなプレッシャーに追いつめられようで、職場の年上バツイチのオネエサマ
に相談、それが次第に恋心に変わりみたいなお決まりのパターン。
それで結納直前になって彼氏が「好きな人ができた。しかも子供もデキた」と爆弾発表。

そんなこんなでコトメもトメも、当事者だけどいっぱいいっぱいになってしまって、
私が「嫁子さん、メール代わりに読んで頂戴」となぜか転送されたものを読まされる係に任命。
とことん巻き込まれ、トメとコトメの性格から内心彼にはちょっと同情の念もなくはなかったが、
その甘い気持ちが打ち砕かれたステキなロミオメール



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

894: 名無しの心子知らず 2010/07/07(水) 15:17:48 ID:mYVMosGP
叩かれるかも知れないけど投下

近所の放置子が昨日から行方不明らしい
昨夜10時頃ドアを叩く音がした気がするけど、暴風雨だったので気にしなかった。
子供の声を聞いた気もするけどそれも気にしなかった。
道路は小川みたいになってたし、5歳の女の子が来られるわけないと思うけど・・・・。
放置子のピンポン連打がうるさいので、チャイムの電源切ってた。

公園でたまに会う子で、一度うちのこと公園で遊んでから何でうちを知ったのか
夜討ち朝駆けで遊びに来るようになってしまった。
どこの子かも知らないし、うちのこ(1歳男児)とは年齢も性別も違うし
何より放置子特有の構ってオーラと、見て見てアピールが凄くて以後完全無視してた。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

393: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)13:57:01 ID:VlVTqVSvj
皆さんに比べたら大したことないかもしれませんが、報告させていただきます。
書き溜めてます。モラハラ+ロミオかな?ちょっと長いかも。スレチだったらごめんなさい。

その1
スペック(当時)
A男:32歳 某県公務員 嵐の大野君にちょっと似てる
私子:26歳 会社員 こけし似

フェイクありです。
半年弱ほど付き合ったA男。
出会いは友達の結婚式の二次会で。連絡先を交換し、その後何度かデートを重ね付き合うことに。
前カノとは結婚式の直前で婚約破棄したことがあり、詳しくは聞かなかったが「彼女が裏切った」と。その時は彼に同情してた。私もA男が好きだったし、そんな過去忘れてしまえばいいよ!とお花畑だった・・。

で、付き合ってみて分かったが、A男は典型的な「釣った魚には餌をやらない」タイプ。付き合ってしばらくして「あれ?」と思うことが出てきた。クリスマスプレゼントはアウトレットに連れて行かれてこの中から選んで、だの私のところに来るためのガソリン代を出して、だの。あと「女友達そこそこいるけど、ヤキモチ焼かないでね?」とか。
そしてある日、A男の友人夫婦に私を紹介したいから!と遠方の家に連れて行かれた。そして友人夫婦は「A男って本当にいい奴でしょ!」「私さんとお似合いだし、早く結婚してあげて!」などA男をやたら持ち上げる。でも、なんていうか…目が真剣で、軽いノリではない感じに少し引いてた。
あと、4人で桃鉄やったんですが、5年モードで私はずっと2〜3位だったんですが、最後の1年で逆転してうっかり1位になり、あとでA男に「人んちに来て遊んでるのに、空気読めよ」と言われた。わざと負けたら良かったのかもだけど、ホントに意図してなくて最終決算で逆転したのが気に入らなかったみたい。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

718: 名無しさん@HOME 2013/12/14(土) 17:56:12.49
コトメは三十前半で、長く付き合ってる彼がいる。
その彼は、大学の同級生。コトメは三浪だから相手は現役で年下。
コトメが二十代後半から三十に差し掛かって結婚したがっても
「まだいいんじゃない?」とコトメからの逆プロポーズは成功しないで
ずるずる付き合っている。
コトメは公務員で彼は激務の会社員。コトメは五時あがりでも
彼は日付が変わって、やっと帰宅でちっとも会えないらしい。
そのコトメが我が家にやって来て「既婚者から見て、私と彼これから
どうしたらいいと思う?」と相談して来た。
実は私はコトメが大嫌い。理由は簡単、旦那と結婚する時に
「専門卒なんて大学受験から逃げた人だよね。そんな向上心のない人と
姉妹なんてちょっと嫌だな。」と言われ、親戚の集まりでことあるごとに
「専門卒なんてちょっとありえないよね。」と言いまわり顰蹙をかっているのにも
気が付かない人だ。
志望大学をあきらめないで三浪してまで頑張ったのが自慢。
でも三浪では就活時に不利になるので、大学在学中に公務員の専門学校に
行ったけど、一年就職浪人して又専門学校に行き地方公務員に受かった時は
27歳だったという人だ。
旦那が「お前が俺の友達の彼女だったら、待つのはやめろ。そいつは結婚する
つもりはない。とアドバイスするな。とにかく彼の意思は、はっきり彼に聞かないと
わからないから彼と二人でしっかり話し合え。」と言ってました。
私は「男の人の心なんてわかんない。」とノーコメント。コトメに睨まれました。
明日コトメが彼連れて我が家に来て、旦那に本心を聞いてもらうんだって。
皆さん、彼はコトメになんていうと思う?私は子供連れて脱出したほうがいいよね?


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

194: 名無しさん@HOME 2008/04/04(金) 12:54:49
コトメの彼氏とデートしてやった。

エネme過ぎて思い出すだけで情けないけど
義実家テンプルも我慢、旦那の浮気も我慢コトメ暴言も我慢の日々

コトメが彼氏連れて来てた時も顔上げることすら禁止だったのがよかった。
この度離婚成立。
で夫プリンちゃんから慰謝料さっそく使わせて貰ったよ。
エクステつけて髪の毛盛ってワンピなんか着ちゃったらすぐついてきたよ。
コトメさんにゾッコンなんじゃなかったっけ?ww

つまんなかったんでカラオケだけで精一杯でしたが。
あ、コトメさんが勝手に持ってった車の中に日付付きプリクラ(私の顔はつぶしてある)置いてあるから。
コンプレックスの固まりなコトメさんの一番嫌いなタイプの女と浮気なんて
プライドズタボロだろうね。




スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ