タグ:彼氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
385

894: 恋人は名無しさん 2010/07/06(火) 13:52:29 ID:5dkoEf5J0

ネットゲームが絡む話なので、苦手な方はスルーして下さい。

私子 オフラインゲームならするけれど、そこまで熱中してしない。
彼男 付き合って3ヶ月までは普通だったけれど、
それ以降はネットゲームにはまり、色々おかしくなる。

彼との付き合いに違和感を覚えたのは、付き合って3ヶ月経過した頃。

二人で食事をしている時も会話をしている時も、話題は彼男がしているネットゲームの事だけ。
彼男が一方的に話し、話題に付いていけない私は「へー」「そう」「ふーん」としか応えようがなく、
私が彼男との共通の話題を出すも、急にそわそわしだし、時計をやたら見て時間を気にする。
最初は、二股でもしているのかと勘ぐった。

「ごめん、ちょっと狩りに行きたいから今日は切り上げるわ」と言うなり、
席をあとにする事が数回あった。

多分、彼男にとってはデートする時間もネットゲームに割きたかったんだろうな。
それでも、彼の単なる趣味のひとつとしか考えてなかった私は、
いつかネットゲームに対する熱も冷めるだろうと考え、咎める事をしなかった。

けれど、その後も「狩り行きたいから帰るね」
「今、臨時中で手が離せないから会うの中止しよう」と繰り返され、
さすがに彼男はおかしいのじゃないかと思い始めた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
53c54011

817: 長文 2007/05/02(水) 00:49:59 ID:elh/Q72R0

当時私には2年付き合った彼氏もいました。
けっこう長い間付き合っていたにもかかわらず、
毎日連絡をマメにとりあい(50通はメールしていました)、
自分で言うのもなんだけどかなりラブラブでした。
週末は欠かさず会っていたし、いろんなところに連れて行ってもらったり・・・。
かなりいい恋愛をしていると思っていました。私だけ。

お互い実家住まいで、彼の家は彼曰く「かなり汚くて狭い」らしかったので、
彼の家にいけないことが不満といえば不満でした。

でも欠かさず迎えに来てくれたし、わたしもマンションの彼の家に行くより
私の家(一軒家です)でまったりするほうが家族に気も使わないだろうと考え、
とくに深く考えもせず、彼の家に行きたいともあまり思いませんでした。
家の前(マンションの下)までは何回かいったこともありました。

前述のようにマメに連絡をくれる人だったので、浮気は疑ったこともなく、
私も浮気をする気はさらさらありませんでした。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20140206-00000045-rbb-000-0-view

750: 恋人は名無しさん 2010/11/23(火) 23:56:26 ID:TdMzCh/20

最近あった修羅場
 
 私 28歳 
 彼氏28歳
 彼姉43歳

婚約が決まってルンルンの私。婚約指輪が自分が選べず、
彼姉と、彼氏が選んだものというのが気になるがお洒落な
デザインだったのでよしとする。

で、彼氏と彼の実家に挨拶に行ってからおかしなことが。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
m_00145B15D

828: その1 2008/09/21(日) 07:24:46 ID:DJAB2SXC0

流れ読まずに投下します

彼(26):容姿良し、年の割りに高給取り、有名私大卒で社交的
私(26):容姿地味だけど普通、と言わせてw、地方公務員、彼とは大学で知り合う
A子(?):容姿極上、それ以外は知らん。

彼は20歳の時に彼親の会社が倒産し大学を学費の捻出も含め、
東京で学生生活をこのまま送れそうに無い状況になっていた。
同じ学科だったが特に仲良くなかった私だが、なぜか同情してしまい、
同棲し彼の生活全般のヘルプ&バイト代を彼の学費に当てたりもした。
私親&彼親とも将来結婚するつもりであると説明し承諾を得ていた。
もちろん彼も凄く努力して二人とも無事卒業と就職が出来た。

しかし就職して2年目に彼が暫く自分の時間を持ちたいと言ったので別居した。
その後互いの部屋を行き来する関係になったが、
やがて私が日曜日に彼の部屋に行き、家事をするだけの関係になっていた。

*ここから修羅場話です。
何時もの様に彼の洗濯物を持って彼の使っている駅で降りると
丁度彼がコンビニに入ろうとしていました。
約束の時間には早かったのですが、暫くぶりに一緒にスーパーで買い物でもしようかと思い
声をかけるとなにやらあわてた様子、どうしたの?聞いている傍からA子が現れた。

ああ、やっぱり別に女が居たんだなと妙に冷静に挨拶するとA子の方から話をしたいといってきた。
取り合えず近くのファミレスに移動しA子曰く「決着をつける」事にした。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20131227-00000001-hitomebo-000-4-view

881: 本当にあった怖い名無し 2009/11/20(金) 18:37:52 ID:uuV9p7XK0

結婚する前に付き合っていた彼がいました。

10歳年上で、付き合い始めたときは私が18歳、彼が28歳でした。
付き合ってる時に生々しい話ですが、生理が遅れてしまったことがあって
彼に相談したら凄く取り乱してしまって
「俺の子じゃない」「誰の子?」「とにかく病院に行っておろそう(今すぐ)」
などといわれ、とても傷つきました。

この程度の男か~ってなんか情けなくなってしまって。
結局タダのストレスだったのですがね。

それから彼に対する愛情が持てなくなってしまい、陰で浮気しまくってやりました。
彼が35歳のときプロポーズされたのですが、こっぴどくふってやりました。

あれから10年経ちますが、彼はまだ独身です。
私はもっと条件のいい男と結婚しました。

いい気味です。史ねばいいのに。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
047728

444: 恋人は名無しさん 2011/04/21(木) 16:04:14.68 ID:UHWZYukU0

投下してみます
私自身ではなく妹の話です。多少フェイク入ってます。

A子…妹
B男…妹の元彼
C美…彼と仲のよかったキャバ嬢

A子に初めて彼氏ができた。
ことあるごとにB男の話をしてきて、話を聞く限りではいい人そうだなーと思っていた。
ある日、B男がキャバクラのボーイをしていたことが判明。A子には工場の仕事だと言っていた。
B男は「幻滅されると思って、どうしても言えなかった。騙す結果になってしまってごめん。
生活サイクル辛いし、まともな仕事が見つかるまでの繋ぎだから」
と謝罪し、A子も「真っ当な職につきたい気持ちがあるみたいだし」と許した。

ある日、A子とB男が遊んでいるとB男に電話が。
B男が楽しそうに話しているので、A子が「誰?」と聞くと
「あぁ、俺が今担当しているキャバ嬢だよ。仕事の話で悩んでるみたいでさ」と。
A子は仕事の話だからしょうがないよね、と自分を納得させた。

それから数日後、A子がB男の家に遊びに行くと(B男はA子に合鍵を渡している)
B男は電話中で、A子が来たことに気付いていないようだった。
A子が驚かせてやろうと思ってじっとしていたら

B男「え~?彼女いないよ。俺モテないし…C美ちゃんこそ、
俺と電話してて怒られないの?彼氏いるでしょ~…(略)あはは、じゃまた連絡するねー」

勿論喧嘩になった。
しかしB男に「売れてる子がやめないように管理するにはこうするしかないんだよ。
実際何もしてないから」と言いくるめられ、A子にもやもやが残ったものの、その場は落ち着いた。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1308222top

213: 210 2006/02/15(水) 23:07:59

では。大学の頃の話なんだけど、
私は同じグループの男の子と付き合ってました。
私はグループ内の1番仲良い友達(B子)にだけ付き合ってることを話してて、
色々話を聞いてくれたりしてました。

ある日、バイトからの帰り道歩いていると彼氏の家の近くのファミレスの駐車場
(営業は終了してる)にB子のらしき車が停まってました。

気になったけど、B子には長年付き合ってる遠距離の彼氏がいたし私と彼氏のことも知ってるし、
何より私とB子はホントに仲良かったので、まさかなーと思って何も言いませんでした。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
4973307235160_2

566: 565 2006/03/19(日) 02:09:27

今、一緒に暮らしている彼は、音楽の講師。

その教え子さんにちょっとヤバい女性がいた。その女性は
○○という新興宗教にはまっていて、教室の他の生徒さんを
度々勧誘しているらしく、その事で彼は頭を悩ませていた。
何度か「そういう行為はしないように」と注意したらしいが、
一向に改善されず、仕方がないので「もう教室をやめてもらう」
という事になったらしい。

で、それをその女性に話したところ、
「もうそういう行為はしません」と言い、反省もしていると言う事で
結局彼女は教室はやめない事になった。

けれどそれから、確かに彼女の勧誘行為はやんだらしいが、
今度は彼にメール、電話攻撃。
「会いたいです」だの「寂しいです」だの言うメールが一日に
何十通も届く。
ただ、彼はその女性に「そういう関係になるつもりもないし、彼女もいる」
とちゃんと説明してくれていたので、私は安心していた。

で、今年の1月1日。
私はいつもならお正月は帰省するのだけど、今年は彼と一緒に暮らし始めて
最初のお正月なので、実家には帰らずアパートで過ごす事に。

彼は2日からお座敷で仕事。元旦しかのんびりできないねーなんて
話していたら、玄関のチャイムが鳴った。

続きを読む

このページのトップヘ