タグ:彼氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
N112_DVcapple500


42: 42 2008/11/20(木) 22:34:05 ID:X+cIO5DD0

私子…当時22歳
彼男…当時28歳 同じ会社

付き合い始めてたった半年で彼の浮気が発覚した。

きっかけは頻繁に来るメールと、彼の不審な態度で、
会社帰りには毎日会ってたのに、
それが2~3日に一回になってしまったのを問い詰めたらゲロッた。

先月、合コンをして上手く女の子をゲット出来て、
私とその女と半々くらいのペースで会ってたらしい。

私は自分自身にコンプがあって、
全て彼男の言うとおり何でもしてたし、正直本当に尽くしてた。
でも尽くしても、その分ちゃんと愛情を返してくれてると思ってた彼男が大好きだった。

「浮気じゃなくって二股かー。もういいや、最低」と言って帰ろうとしたら
「頼むから待って!相手の子とは別れるから!」とすがって来た。
もちろん気持ち悪くって、振り切って逃げようとしたら
「待てっつってんだろ!!」と腕をつかまれ、軽く暴れたら
「落ち着けよ!」とビンタされた。

彼男いわく、「軽くピシピシッとするつもりが、私子が暴れるから」と言っていたが、
そんなんじゃなかった、キッと睨んでバッチーンってされた。
呆然とする私に「落ち着いた?」だと。
 
そしてニコニコしながら「話を聞いてくれないとさ、お互いの為にならないし、ね?」
油断した所でこっちもカバンで思いっきりぶん殴って逃げた。
後ろから「待てよーー!」と聞こえたけど、逃げた。

それからしばらく電話やメールで
「もうあの女とは別れた」とか「もう一回○○に行こう」とか
復縁を迫るメールが来たが、完全に無視。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
news_423

583: 1/4 2008/08/25(月) 17:11:26 ID:7wfO/0xw0

今から1年前の話。

私  24歳♀
彼氏 28歳♂ 私の彼氏。一流と言われる企業に勤める
女  22~25歳位♀ 彼氏の浮気相手。彼氏の会社の後輩

金曜の夜に彼氏の家にお泊りして、土曜の夜帰った。
彼の家を出て10分程経ったとき、携帯を忘れたことに気づいて取りに戻った。
玄関の前に着くと、中から電話の声が聞こえた。
「うん、うん、さっき仕事終わったよ。今から・・・うん。」
「うん、ウチ?いいよ。じゃあ駅に迎えに行くよ。何時ごろ来れる?」
「じゃあ、10時半ね」
思わず中に入らずそこで聞き入ってしまった。

そして気になったのでそこで一旦引き返し、私も10時半に駅に行ってみることにした。
(嫌な予感はしたのだが、私は普段からこのスレの住人なので、
不安や怒りや混乱などよりも好奇心の方が勝っていた。)

私は10時25分に駅に着き、陰から、
私と付き合いたての頃によく待ち合わせしたスポットを観察した。
少しして、そこに彼氏が現れた。(私との待合わせは最近15分遅れがデフォの癖して!)

その後、30分ぴったり位に知らない女性が来て、
彼氏と話し始め、二人で歩き始めた。向かった先は勿論彼氏の家。
私はその後もコソーリ後を付けた。

彼氏宅に着くと、暫く楽しそうな話し声が聞こえた。
会話はよくは聞き取れなかったが、どうやら会社の後輩らしかった。
そして40分程経つと部屋の明かりが消え、案の定ギシアン音がした。

そのときはさすがに、好奇心よりも悲しみがじわじわきて、一人で泣いてしまった。
修羅場スレらしく、最中に凸!というのをしようと思っていたのだが、その勇気はでなかった。
さすがに現場を見たくはなかったんだと思う。

暫く経つと、部屋の明かりがつき静かになった。
どちらかがシャワーを浴びてるらしき音がした。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_1316358_40058014_0

473: 恋人は名無しさん 2008/09/15(月) 21:11:21 ID:x/QSWTET0

ぶったぎって投下。

彼氏のご両親に挨拶を済ませ、何度も行き来するうちに仲良くなったつもりでいた。

彼氏の実家で夕飯をご馳走になったときの修羅場。
終始にこにこと笑顔のお母様。
私が台所にいき手伝おうとすると「いいのいいの~」と追い返され、
悪いな~と思いつつも、彼氏と彼氏父と一緒にマリオカートすることに。

彼母の「できたわよ~」の声で、テーブルにつくと、
皆が座った前に食事を並べてるお母様。
私の前に並べられたのは黄色いご飯、白い膜がうっすらかかった変なにおいの味噌汁、
裏側が真っ黒なのが横からうっすらわかるコロッケ、緑色のかびがついてるトマト、
崩れたものやコゲのある煮物。

彼母「今日はねあなた(彼氏)の好きなデザートも作ったのよ(にこにこ)」
「いただきま~す」の直後、彼氏の前の食器と総入れ替えし、
彼母が「!」って一瞬固まったけど、有無を言わさず食べ始めた。

彼氏が「お、おい、なんだよ?」と不審がってたけどスルーして、
「お母さんのコロッケ美味しいです」
「ご飯ほかほかですね」と褒めながら食べた。
彼氏は「なんかご飯じゃりじゃりしてるんだけど」
「味噌汁どろっとしてる?なにこれ?」
といちいちリアクションしてたが、途中から黙って箸おいた。
 
そして「ごめん今日はちょっと・・・もうかえってくれる?」と私に言ってきた。
「え?なんで?私の分のご飯が何日前のだよってぐらい黄色かったから?
味噌汁が腐って変なにおいしてたから?コロッケ裏側真っ黒コゲだったから?
煮物ぐちゃぐちゃだったから?」


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20121023_120409_32575

533: 名無しさん@HOME 2013/09/07(土) 11:31:04.74 0

ある日、娘(当時5歳)がらくがき帳に描いてた絵を見て嫁の浮気を知った

5歳児がクレヨンでダイナミックに描いたやつなんだが
肌色のママ(嫁)と肌色の男が口と口をくっつけて抱き合ってるというもの

娘はパパ(俺)の絵を描いてくれるとき、いつも必ず若ハゲを忠実に描写しようと
肌色オンリーのツルッぱげに申し訳程度の毛を数本描き足してくれるんだが、
問題の絵の男は髪の毛フサフサだわヒゲまで生えてるわで明らかに俺じゃない

その後、嫁が浮気を認め多少揉めたけど最終的には無事に離婚となった

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
6615912f

939: 恋人は名無しさん 2012/05/31(木) 23:30:40.78 ID:2THmNznCO

私 美人から遠い
A子 一重の普通容姿
B男 顔も知らぬA子の彼氏

ただの知人A子にいきなり写メられた。
いったい何?と聞くと
「この写メ使わせてね」
「え?何に?やだよ」
無理矢理奪って写メ消去。

ところが消去が甘かったのかまた撮ったのか A子が私の写メをB男に送ってた。
B男はどうやって知り合ったのか分からないが
A子が気になってる相手でお互いまだ顔も知らないらしい。
「でもいい人なの。直接はまだ会ってないけど恋人なの」
会ってないのに恋人?で 何故私の写メ送るのか?
「好きだけど慎重にしないとダメでしょ?アタシ軽い女じゃないもの」とA子。
じゃあ私の立場は?と怒ると
「彼氏いないから妬いてる?」
とりあえず抗議してちゃんと別人だと伝えるようにA子に言った。
一応 他のゼミ生にも話ておいた。

ある日 A子が泣きながら怒ってきた。
結局写メが別人だとB男に言わず
「写真写り悪いの」
「私ってブスだから」
とかB男に言ってたらしい。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
a9298487

727: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/23(木) 14:35:40.73 ID:sjqGDHBi
プチですが。 

以前いた会社に、既婚お局(若い新人をイビル、派閥を作って威張る)がいた。 
そのお局には、しょっちゅう一緒に喋っている、仲のいい新入社員の男がいた。 
早朝出社した時、お局が男の背広きて男にくっついてるのを見ても 
あー、仲いいんだーくらいにしか思ってなかった。 

ある日、書類を届けに男のデスクのシマへ行った時 
ちょっとからかってやろうと 
「あ、お局さんの彼氏だwwこんにちわー」 
と言った。 
周りがシーンとなり、男は私を完全無視。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
303

268: 名無しさん@HOME 2012/07/12(木) 12:58:51
こないだの月曜日の話。 
昼食で外に出ると、同じ会社の彼氏が同僚達と信号待ちの先頭に。こちらも三人だったので黙って見てるとなんと歩き煙草してる。 
灰をポンポン捨てるとこ見て黙ってられなくて、彼氏の後追い掛けてたらタバコ捨てて足で踏みつけやがった…… 
彼氏押すようにしてタバコ拾った時に軽くヤケド。 
驚く彼氏。 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20110126220202

818: 恋人は名無しさん 2012/05/30(水) 03:40:34.82 ID:aEnexhVsO
当時の年齢
私22
彼30
A女27

私が一人で部屋にいると知らない女性が訪ねてきた
綺麗で優しそうな人だったので部屋を間違えたのかな?って最初は思ってた
そしたら私の彼は二股してますとか言われた…意味がわからなかった

「えっ…彼の名前は〇〇ですけどお間違えでは…?」って言ったら
「間違いではないです!この間、お前にあきたんだよ、年下の可愛い彼女いるしいらないって言われて…あぁ貴女も知らないんだって思ったら彼が憎くなって…」
この辺でA女さん涙声、突然見知らぬ女性が来て怖かったけど泣かれると焦った

続きを読む

このページのトップヘ