タグ:悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【2/3】俺『なんで外では他人行儀なんだよ!(怒)』義父『(嫁)を自白させた・・・』嫁『夫婦仲がいいと思わせたくなかった…』→義父『子供は赤ちゃんポストに入れる!!』→
の続きです。

368: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/06(土) 17:40:03.68
プリマ送りにされた挙句原因は結局 
残飯嫁が元カレに夫婦仲が良いと思わせたくないだけっていうね 
離婚しなくていいから速やかにシんでくれないかなもう

369: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/06(土) 17:54:52.61
>>368 
目を覚ます前に離婚推奨 
今がチャンスだよ

372: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/06(土) 18:03:04.20
>>368 
お主誰じゃ?

376: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/06(土) 18:20:45.61
>>369 
無論そうする 
>>372 
前スレ874だ 嫁は改善の意志を見せたが俺の心が折れた 
笑えよ


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【1/3】俺『なんで外では他人行儀なんだよ!(怒)』義父『(嫁)を自白させた・・・』嫁『夫婦仲がいいと思わせたくなかった…』→義父『子供は赤ちゃんポストに入れる!!』→
の続きです。

764: 874 ◆MZjDGNA8nw 2016/02/05(金) 09:58:36.33 ID:HFGWPxub0.net
気団から誘導されたけど別にもう話す事があるわけでもないんだよな… 
ひとまず嫁と話はついたし

765: 最低人類0号 2016/02/05(金) 10:05:31.76 ID:kXCP37x50.net
【相談用テンプレ】 
◆現在の状況 
◆最終的にどうしたいか 
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額) 
◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額) 
◆家賃・住宅ローンの状況 
◆貯金額 
◆借金額と借金の理由 
◆結婚年数 
◆子供の人数・年齢・性別 
◆親と同居かどうか 
◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由 
◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい) 

とりあえず埋めてみる?

766: 874 ◆MZjDGNA8nw 2016/02/05(金) 10:15:12.55 ID:HFGWPxub0.net
>>765 
了解 
【相談用テンプレ】 
◆現在の状況 嫁と話はついたので様子見 
◆最終的にどうしたいか 離婚でも構わないが基本再構築 
◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)29 自衛官 年収300万 
◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額) 30 パートタイマー 年収100万 
◆家賃・住宅ローンの状況 官舎月2万 
◆貯金額 俺300 嫁不明 
◆借金額と借金の理由 なし 
◆結婚年数 2年 
◆子供の人数・年齢・性別 なし 
◆親と同居かどうか 別居 
◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由 双方初婚 
◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい) 
嫁の態度が家の中と外で極端に違うことに耐えられなくなった 
家の中では甘えてくるのだが、他人に見られる可能性のある箇所では他人行儀…というか慇懃無礼か?になる 
嫁とは外出せず、嫁用の車を嫁が用意すること、信用できるまで子供は作らないの条件でひとまず話はついた


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
※このお話には続きがあります。続記事22:00

875: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/05(金) 02:16:48.96
嫁の態度が家の中と外で全然違って辛い 
外だと完全に他人行儀で手も繋げないし下手に話してもシカトされるし目も合わそうとしない 
義実家でも俺実家でもこの有様 
家の中だと凄く甘えてくるんだが嫁いわく恥ずかしいって言うんだよ 
なんかもうそれが苦痛でたまらない、外のほうが本性なんじゃないかと思えてきて 
嫁が誘っても五回のうち1回ぐらいしか夜もしなくなった、当然俺からなど誘わない 
レスにならないように月2は心がけてるけどそれもノルマみたいで辛い 
嫁は子を希望してるけど俺は離婚まで考えるに至ってるんで頑なに避妊してる 
嫁の態度理解できる?俺は全く理解できないんだが
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

750: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)21:57:56 ID:Udt
相談お願いしたいです。
今の夫にプロポーズされ指輪を貰った時に始まるのですが、その時は勿論とても嬉しくて快諾しました。しかし自分が心の中で好きだった人とは一生結ばれる事は無いんだなって思って、次の日に職場にいたずっと好きだった先輩に抱いてもらいました。
それでキッパリ諦めも付くと思ったのですが、激烈な嫌悪感に襲われて激しく後悔しました。
もちろんその後一緒に夫と暮らし始めたのですが、夫婦生活になるとその時の事を思い出してしまい、夫にも心配されています。何とか忘れようにも、その好きだった人に脅されて、抱かれるためだけに呼び出されてもいます。
上のことも辛いのですが、夫が周囲の人間や義両親にまで、私のことを褒めて回っているのが耐えられないくらい辛いです。
子供もできたので、いい加減関係を断ち切りたいのです。穏便にうまく断ち切る方法はありませんか?よろしくお願いします。

753: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)22:05:57 ID:TtJ
>>750
それは自業自得というやつでは。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

329: 名無しさん@HOME 2013/04/30(火) 14:28:22.93
豚切る 
ここでいいのか少し不安だけど 
長文先に謝っとく 


旦那親、年金はかろうじてあるけど資産はゼロ 
ボケたウトをトメが支えきれなくなり旦那兄弟が入院させた 
兄弟それぞれ月8万円の負担 
大企業の管理職だった義兄には痛くもかゆくもない金額なんだろうけど 
業績不振の会社でリストラ候補になって子会社に出された旦那は 
年収200万円以上下がってボーナスもない 

旦那給料が一番多かった時でも都内でやっていくには苦しい金額だったし 
私はやりたい仕事だったから出産後も続けていたのだが旦那はそれが大不満 
罵倒され馬鹿にされ家事は一切してくれないでこれまできた 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

134: 名無しさん@HOME 2013/04/25(木) 13:31:18.45
スレ移動を指示されたんで、流れ無視ですまん。 
誰か俺がエネミーなのかどうか診断してくれる? 

40代夫婦、結婚15年。中学生と小学生の2人男の子。 
妻は俺の実家とは数年来疎遠になってる。 
キッカケは酒乱のケのある父の勘違いから起きた暴言。 
ただ、長男である俺が同居を選ばず、地元での仕事も選ばなかったことが根底にあって、その不満を妻に向けてる傾向があった。 
長男なんだから帰省は一番に帰れとか、妻の実家に帰るのが多すぎんか、とかその程度ではあるけど。 

ここ数年は俺と子供だけが年に3回実家に帰るくらい。 
妻はそれすらイヤだそうだが、ガマンしている。 
これはもう数年続いていて、よくも悪くもならないんだが。 

俺は事業をやっていて女性職員に囲まれてる。 
当然、忘年会やら歓迎会やらあるんだが、これがもう許せないらしい。 


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/23(金)07:42:19 ID:Ccq
世間ではまだ理解されて居ないけど、香害っていうのがあるのよ。
こういうニュースにもなってる。
親父は昔から匂いに敏感で、よく「香水きつい」と言ってむせたり、「汗臭いから風呂入れよ」って言ったりしてて、
或る日突然「洗剤の匂いがきつい。石けん使って服洗って」って言い始めた時は、家族全員で「今度は洗剤かよ。うぜえ」って思ってた。
更に親父は、家族旅行で泊まったホテルのダウニーの匂いがダメだと言って途中で帰ったり、そんな親父に家族はフラストレーションが溜まっていった。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

686: 名無しさん@おーぷん 2016/08/11(木)16:12:51 ID:13C
あーイライラでそろそろハゲそう。
うちの会社にインターセクシャルだかインターセクシュアルだか忘れたけどそういう人がいるんだわ。
性同一性障害とは違うらしいんだけど、肉体的に男性とも女性とも言えない(子宮があるのに精巣があったり男性部分があるのに卵巣があったりするらしい)とかってやつ。
その会社の奴(A)が自己主張激しすぎて本当に面倒くさい。
全然仕事に関係ないのに「インターセクシャルってこんなもの!」みたいな説明チラシを配ってきたり、戸籍上は男となってるけど女として扱って下さい!っつって女子トイレを使ったり。
女性陣が「Aさんには申し訳ないけどちょっとトイレ使用は考え直してほしい。」と頼んだ時なんてインターセクシャルの支援団体?みたいなのまで引き連れてきて差別だなんだと大騒ぎしてった。
そりゃ世の中いろんな病気や障害はあるだろうけど、それを受け入れるか受け入れられないかは人それぞれだろ…
続きを読む

このページのトップヘ