必見!オススメ人気記事

タグ:悲鳴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

333: 名無しさん@おーぷん 2015/06/30(火)10:47:48 ID:blv
今日のトメ

腹の中の人の心拍が確認できた嫁。
トメさんはつい最近まで救急医療センターで婦長してたしアドバイス貰えるかもしれないから早めに報告を!と夫が電話。
夫が心拍が確認したよと伝えた瞬間、ガッドゴッガッシャーーーン!イターーーー!!と電話の向こう側からトメさん悲鳴。
直後ウトさんの「グエッ」という呻き。
直後電話が切れたww
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

844: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 17:49:44.78 ID:RCv6YodP.net
ギックリ腰でたまらない思いをしてたとき、夫と義母が「いい整体がある、一発で治るから一緒に行こうと」誘われついて行くことに。 
着いたところは普通の小さな民家。 
中に入ると坂田利夫みたいなオッチャンがいて、マットにうつ伏せになるだけ。 
まずは夫がうつ伏せになると、坂田利夫はおもむろに「木槌」で腰をなぐり始めた。 
日曜大工の音と歯を食いしばりながらの夫の悲鳴。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

108: 名無しさん@おーぷん 2014/12/27(土)09:38:15 ID:xhr
他の人に比べたらたいしたことないけど、私にとって最大の修羅場。最近よく頭をよぎるようになったから、頭の整理もかねて吐き出す。
たいしたことない割に長いのですみません。

大学3年か4年ぐらいの時だと思うんだけど、子宮頸がんが話題になり始めて、
うちの母親が、検査をしてきたほうがいいんではないかと言い始めた。
私も、がんだし早期発見できたらいいよなあと思って、自宅から少し離れた総合病院に行った。
病院に着いて、子宮頸がんの検査だと伝えると、病衣を渡されて、シタギはつけずにこれに着替えろと。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

303: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/28(水) 14:55:51 ID:AIkOlbGU
先週だがの事だが、職場に着き上着を脱ごうとするも、なかなか脱げず 
事務の女の子に「脱がして☆」と笑顔でお願い。 
女の子が背後に立った瞬間に悲鳴が聞こえた。 
肩甲骨のとこ刺されてた。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

587: おさかなくわえた名無しさん 2009/01/07(水) 17:48:38 ID:oPh1MsFN
オーストラリア旅行に行った時にコアラを抱いたんだが、俺が抱き上げた瞬間凄まじい悲鳴を上げた。 
女性が襲われたような悲鳴をあげて「え、俺何かしちゃった?」とか思ってオロオロしたわ。警備員らしき人も何事かと走ってきた。 
とりあえず係員さんに渡そうとしたら、ちょっとまてみたいなジェスチャーして通訳の人に何か話した。 
そしたら「珍しい事だから記録したいので待ってて欲しい」との事。 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

311: 名無しさん@HOME 2005/09/09(金) 11:40:46
義実家のお風呂に入った時、蛇口が固くて一生懸命捻ったら取れた。
落ち着けば良かったが、吹き出す水の勢いにビックリして悲鳴を上げてしまった。



続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1024-cc-library010001426

640: 名無しさん@HOME 2013/01/05(土) 01:47:36.00 0

誰にも話したことないんだが、そろそろ一度吐き出そうと思うので
書いてみる

俺の親父は真性のDV野郎で物心ついた頃からめちゃくちゃ殴られてきた
母親は右耳の鼓膜が破れているし、俺は一度頭蓋骨にひび入れたれたし、
左手の小指を折られたこともあるし
あばらなんてしょっちゅう折られたりひび入れらたりした
倒れたところを蹴られまくったからね
けど母はまわりから何度も何度も離婚を勧められながら、耳を貸さず
ただただ親父に従うだけの女だったんだ
ガキの頃は、親父が仕事から返ってくる夕方近くなると
息が苦しくなって身体が震えてしょうがなかったよ…

こういう糞野郎だったが、金儲けはうまかった
雑貨屋みたいなのをやってたんだが、古物商取引の免許を持ってて
まあ手広く色々やってたみたい
田舎だから、○察やら代議士やらいろんなところに顔も広く
地元の顔役でもあったから、なにかあっても、こっちには誰も味方なんかいなかった
当時は民事不介入、DVなんて言葉すらあんまり聞かない時代だったしな
実際、物音に驚いた近所の人がなんどか警察呼んだこともあったけど、いつもうやむや
俺はガキだし、なんの力もないし、どうにもならなかった
小学生高学年頃は、ただただ親父に復讐したいってことしか頭に無く
中学に入ってからは空手部に入って必死で身体を鍛えた
親父は若いころ柔道とボクシングをやっててからだもでかく、
俺自身が強くなる以外、対抗できないと思ってた

続きを読む

このページのトップヘ

×