スポンサードリンク

タグ:意識不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

594: 名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水)18:30:01 ID:4v3
4年間、意識がなかった
その間は普通に寝てる感じで、特にたくさん寝たって感じはしなかった
夢も見てたと思うけど、目を覚ましてしばらくして全部忘れてしまった
目を覚ましたとき、家の天井じゃないってのはわかったけど、どこここ?ってしばらく寝ぼけた頭で考えてた
起きようとしたけど体がものすごく重くて動かせなくて困った
たまたま女性(看護婦さん)が近くにきたので声をかけようとしたら声も出なかったし、口もあんまり動かなかった
でも身じろぎしたのをわかったのか、女性がこちらをびっくりしたように見て、ドラマみたいに「先生〜!○○さんが!」って
叫びながらどっかに行ってしまった
きょとんとしてる間に人がわらわらきて、その中に母親もいたんだけど、雰囲気が全然違ってて一瞬別人かと思った


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

18: 名無しさん@HOME 2010/04/28(水) 12:41:36
トメが事故で意識不明の重体になった時。

「お義母さん!私妊娠してるんです!今タヒんだら孫抱けませんよ!!」
と叫んだ。
隣にいた夫もびっくり。
そしてトメ、その瞬間に意識を取り戻し、奇跡的な回復を見せた。

トメがトメ友に
「孫は抱いてみたいけど、これは私が口出すことじゃないからね〜。
2人が仲良く暮らしてくれたらいいわ〜」


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

714: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/13(金) 02:12:53.37 ID:6p3KLvUc
もう寝るから書き逃げ
自分の人生最大の修羅場
もう5年前の話だが、自分は交通事故にあったらしい
らしいというのは、横断歩道の信号待ちしてて・・・でそれ以降の記憶がなかったから
気付いたら知らない天井
その事故があった日から一年半近く経っていた
生タヒをさまようレベルだったと聞いた
自分が目覚めたのを聞いて、両親が駆け付けてきてめっちゃ泣かれた
思いっきり泣いた後、信じられないことを言い出した


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

271: 271 2008/10/02(木) 14:22:28 ID:o2qOtEm80
私ではなく元義姉の修羅場。

私A子…当時28
私の元夫…当時34
夫姉B子…当時40
C…当時25

B子はすごく地味で、口数も少なく、大人しく、
会社に一人はいるような影の薄い人畜無害な空気タイプの人。
そのB子が妊娠したので、彼氏を連れてくると言ってきたのでビックリ。
今まで男の影すら無かったし、会社と家との往復の様な生活だったから。
どんな人だろうとドキドキしながら夫実家へ向かうと、
幸せそうなB子に迎えられ、こっちもお祝いムード。
でもそこに現れたのはお祝いなんて雰囲気じゃない、
青ざめ、今にも泣きそうな顔のもこみち似のCと、呆然とした顔のご両親。
Cについては、どんな人か聞いても「内緒w」とはぐらかされていたので
正直言ってこちらも凍りついた。
ガタガタ震え、うつろな目、B子が駆け寄ると悲鳴を上げて逃げるC。
全く動じないB子。

とにかく中に入ってもらい、座ってもらうがCはうつむき、C両親も何も言わない。
動揺する私達を横目にB子は嬉しそうにお茶を出したりし、
「こちらCさん。私の婚約者で、お腹の子のパパ」と紹介。
その瞬間Cは頭を抱えてしまった。
「どうしたのー?両親にちゃんと挨拶してよー」とB子に促されると
Cはカバっと土下座し
「お金は払います!!どうか許して下さい!!記憶がないんです!!」
会社の飲み会に珍しく参加したB子は、酔っ払ったCを介抱しホテルに連れて行って休ませたそうだ。
そして「出来ちゃった」、と。
一瞬(それ詐欺だろ…)と思ってしまった。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

497: 名無しさん@おーぷん 2014/09/19(金)14:23:31 ID:???
自分の体験じゃないんだけど衝撃を受けた話。
フェイク入ってるので変なとこあったらすみません。

お稽古ごとの先生(30代女性既婚)が妊娠して出産。
赤ちゃんは無事産まれたんだけど先生が意識不明。
何ヶ月もそのまま。旦那さんはお仕事があるので、
赤ちゃんは先生のお母さんが主に見ていた。
旦那さんは「自分ではどうしようもないので
赤ちゃんはそちらで暮らさせて欲しい」という希望で
赤ちゃんとも余り触れ合わず。
先生のご両親は娘と孫の事で疲労困憊。

赤ちゃんは成長していくので、旦那さんに
そろそろ一緒に暮らしたらどうか、或いは
週末だけでも一緒にいなさいと言ったけど、
とにかく仕事が忙しく出張が多いからと断られる。

やがて旦那は出張先から帰って来なくなって
そっちに転属し、全く顔を出さなくなった。
先生のお見舞いも無し、旦那の実家に連絡しても
母親が鬼籍なので、赤ちゃんなんかとても無理状態。

そのうち代理人を通して離婚届けが届いた。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ