スポンサードリンク

タグ:本性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

84: 名無しさん@おーぷん 2016/06/03(金)19:59:57 ID:9dF
息子がやっと離婚した。
嫁ちゃんには本当に申し訳ない事をしてしまった。
あれだけ夫のボウリョクから私の事を庇ってくれていた息子だったけど、やっぱりあの人の血が流れてた。
嫁ちゃんに怒鳴る時のあの顔、怖くなるくらいにあの人と同じだった。
外面がいいのも、交際中は仏の様に優しいのも、身内になった途端に本性を現すのも、全部全部あの人と同じ手口。
教育では血に勝てないのか。
それとも私の教育自体が間違ってたのか。
もうどうすればいいのかわからない。


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

148: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)17:47:20 ID:0oB
元旦那が酷かった。
元旦那は結婚前はそれはそれは優しくて周囲からの信頼も厚く、私の両親も信じきっていた。
温厚で話も面白いので友人も多く、元旦那との交際期間中に共通の友人がどっと増えていった。
結婚して息子を身篭ると今まで隠してきた本性を現した。
妊娠6ヶ月から臨月まで同僚や友人と飲み歩き、帰宅しないことがしばしば。
共通の友人に旦那を誘うのは控えて欲しいと伝えるが、「えっ、あなた産まれるまで実家に身を寄せるんでしょ?」と頓珍漢な返答をよこしてきた。
いやいや実家は遠いし頼らないと言ったら「自分勝手に意見を二転三転させて元旦那君を困らせちゃいけないよ」と切れられ、大勢いた共通の友人と誰とも連絡が取れなくなるという超現象に見舞われた。
元旦那と話し合おうとするが、妊娠して気が立ってる女はろくに話し合いができないじゃんwと逃げ回ってた。
予定日が近づいているというのにアルコールを摂取し、万が一に備えられないほどしっちゃかめっちゃかになる毎日。
もう離婚が頭に過ぎっており、息子を出産してから離婚を言い渡した。
元旦那はそれきた!!と録音機をどや顔で取り出し、
今まで私が元旦那と話し合おうとしてかけあってきた言葉や、飲み歩きをやめて欲しいと訴えている言葉が再生された。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
このお話は
【4/7】俺『女は結婚すると変るな、騙された!』嫁「私の事変わったって言うけど大人になっただけ。貴方だけ全てが幼いまま!やっていけない」→嫁が勝手に出ていきやがった!
の続きです。



546: プレーン ◆Ne9x8wC9HM 2007/11/03(土) 20:51:01 ID:???O
そもそも嫁がいかんのだよ。体調崩すから。
毎回体調管理ぐらいちゃんとしろ!と言ってんのに出来ないから。
昔は健康な女だと思ってたのに騙されたよ。
板でも何でも言いたいこと言えるとスッキリするのな!いい発見したよ!

548: はじめまして名無しさん 2007/11/03(土) 20:51:59 ID:???0
>>546
お前のせいで身体弱くなったとほぼ確定してますが、何か?


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
685: 1 2014/04/02(水) 12:50:56.07 ID:PQMdYxxX.net
ありがちな痴漢冤罪系の修羅場に遭遇した話 

俺は当時学生で、ほぼ毎日が電車通学だった 
なので当然他の常連というか顔なじみも出来る。
ちょい派手めなJK集団とかくたびれたおっさんとか、密かに狙ってた綺麗めの女の子とか。 
その常連メンバーの中に、いつしかイレギュラーな野郎が紛れ込んできた。イケメンだ。 
イケメンはその言葉通りイケメンで、俺はこいつがあまり好きではなかった。
乗ってきた瞬間にJK集団が好奇の目で騒ぎ始めるし、
密かに狙ってた(以下略)がすげー挙動不審になるしで、
男としてもイケメンの存在は全く面白くなかった。 
つか嫌いだった。 
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

415: 名無しさん@おーぷん 2015/03/08(日)08:56:06 ID:Z0F
兄が離婚することになった。

私の兄は妹の私が言うのもなんだけど
有名私大を卒業後、日本を代表する某企業に就職した。
その兄の婚約後、とある居酒屋で彼氏と飲んでいたら
兄の婚約者が友達を引き連れてやってきた。
当時の彼氏のことはまだ家族に紹介してなかったこともあって
見つからないように咄嗟に顔を伏せたので向うにも気付かれず
割と近くの席に腰を下ろした。
盗み聞きするつもりはなかったと言えば嘘になる。
でも彼女の声は元々大きく、よく通る声質なので
「彼が・・・」というワードが聞こえたときから
ああ、兄の事だなと思って聴き耳を立ててしまった。
最初は一緒にいた友達たちと「おめでとう」「ありがとう」
「お式の日取りは決まったの?」「まだ」みたいな話だったが
友達らしい女性が「でもビックリしたよ。全然今までと違うタイプの男だし」
って言った後の彼女の言葉に愕然とした。

「結婚と恋愛は違うじゃん。(これはまぁ同意できるが)
 夫が○○大卒ですとか○○勤務ですとかカッコよくね?
 オヤジがそこに勤務してるなら食いっぱぐれねーから離すなって言っててさ。
 離すわけねーじゃん、貧乏男は※※で懲りたわ」
「夜のほうも下手だけどさ、金稼いでくると思えば我慢できるわーあははは」
とか言ってんの。
別の席で飲んでたサラリーマンたちがギョッとして
「こえーな」とか言い合ってるのまで聞こえた。
彼女がトイレに立った隙に店を出たけど、
これを兄に伝えるべきかどうかすごく迷った。
うちに結婚の挨拶に来た時と言葉遣いから何から全然違ったから
別人だったらどんなに良かったかと思った。
いっそのこと、その場に出て行って平手の一発でもすればよかった。
結局兄には言えなくて、母に相談した。
母はビックリしてたけど、そういう結婚観もありだとは思うって。
ただその言葉遣いから感じる品の悪さが気になって
嫁になるには抵抗があるらしい。
それで母から兄にこの事は一応話すと言ってた。
その後どう判断するかは兄に任せるって。
で、週末うちに来た時に母が兄に話したらしいんだが、
そのあと兄が私の部屋にきて
「おまえ、余計な事吹き込むな」って言われた。
「お兄ちゃん、知ってたの?」って聞いたら
「アホか。そんな女じゃないよ。人違いだろ」って。
結局兄はそのまま式を挙げ、その女と夫婦になった。
が、たった2年で離婚するって。
原因は兄嫁の不倫。
・・・だろうねw

蛇足だけど・・・。
自分の兄が下手って、
知りたくない情報だわ(´・ω・`)

スポンサードリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20140416-02054651-mynaviw-000-1-view

342: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)09:02:52 ID:OqNkyedGJ

時系列がおかしかったらすまん
当時付き合っていた元カノの話

彼女はとても優しくて気が良くて話題も豊富で周りからのウケも大変良かった子だった。
だから友達からはよく羨ましがられた。
今まで自分が出会ってきた女の中でナンバーワンだった彼女。
そんな彼女が誇らしくて仕方なかった。
だが後になって彼女の本性を思い知らされることになる…。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
140402_11

83: 恋人は名無しさん 2011/02/08(火) 16:41:00 ID:iiU1J13nO

告白してきて 最初はいい人だったのに、半年過ぎたあたりから
手の平返したように本性見せた元彼(悪夢)

・私がストレスで肌荒れだとか、少し体重が増えたりする時期があると
目の色変えて運動させたり スキンケアグッズ買い込んできた。
理由を問うと「俺はいい女連れてるだろっていつも思っていたいから。」

・底なし沼のような束縛癖と強制や行動の制限。理由を問うと
「俺ばかり連絡したり頑張るのってフェアじゃないから」
「今週はあなた発のメールが二通だけでーす、どういう事ですかぁ?」
と女々しくネチネチ言われる。
スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mail-from-mother

7: 名無しさん@HOME 2013/03/04(月) 12:32:15.46 O

付き合っていた彼氏とのことがバレた後が修羅場。

大学で初めて彼氏ができたので、浮かれて地元の母に報告した。
しばらくして母が上京、一晩私の下宿に止まることに。
昼間は素知らぬ顔で大学生活の近況を聞いてくるだけだったが、夜私が寝た後に本性を現した。
 
カバン、クローゼット、本棚などを探し回り、私の手帳を見つけて勝手に読んだ。
そこには彼に指輪をもらったこと(勿論婚約指輪ではない)、
クリスマスを一緒に過ごしたこと、この日は泊まりにくることなどが簡単に書いてあった。
これで母、激怒。

朝起きたら急に説教が始まった。
「学生なのにふしだらな」「男を泊めるなんて」
「そんな奴とは別れなさい、あんたの体目当てに違いない」等々言いたい放題。
私は唖然として言われたい放題。

最後には私の携帯を奪って「娘に近づくな」と彼に送信。
情けないが、私は親をここまで怒らせることをしてしまったのか、と泣くしかなかった。

続きます。
スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ