スポンサードリンク

タグ:母

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

666: 名無しさん@おーぷん 2016/06/27(月)01:44:38 ID:P6S
うちの母の神経が分からん

昔から俺に彼女が出来るのが気に入らないのか全力で妨害してきた
あることないこと俺の悪口を吹き込んでネガキャン展開してくる
とにかく俺がいかに出来が悪いか、だらしないか、ダメな奴かを嘘8割で吹き込む

たまたま相手が気に入らない何かがあったのかと思ってたがそうではなくて
普通に仲良くしてうまく付き合えてると思ってた子でも
付き合ってると言うと豹変していきなりネガキャンを開始する
「こんな碌でもないのと付き合っちゃ駄目だ」とまで言い出す

家を出て就職2年目で付き合い始めた彼女は家に近寄らせないようにして
とにかく母と合わせないようにしてたんだが、挨拶しないわけにはいかないと言われ仕方なく家に連れて行った
ものすごいネガキャンが始まったがあらかじめどんなことを言われるか大体話していたので
「そんなことないですよ」と流してもらえてたんだが彼女が完璧に流し切ったら
今度は彼女をディスり初めて罵り罵倒してひどい嫌味を連発
ついに彼女が泣き出して退散することになったらケラケラと笑い出して勝利宣言
結局その彼女とも別れてもういいやって気持ちになって俺はもう一生独身でいようと思った

そこまではまあ、そう言う人なんだなと納得できなくもないんだがその後がさらにおかしい



スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

991: 名無しさん@HOME 2009/04/27(月) 17:09:11
梅ついでに母が義実家にしたプチプチDQN返し。

先日父に聞いたのだが私が小さい時、母VSトメコトメがあったらしい。
母がアパートのママ友数人を招いていた時に、ウトメコトメがアポ無し凸。
コトメが「1時間かけて来たんだから〜。」とズカズカ侵入。ママ友は解散の流れに。
腹を立てた母はウトメに用事があろうと、アポ無し凸を義実家にし続けたらしい。

その数年後、母は男を作って出て行った。
母は本物のDQNだった。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

145: 名無しさん@おーぷん 2015/05/29(金)21:30:24 ID:XVR
私には同い年の従兄弟がいる。コイツをA男とする。
A男は私母の兄の子。母兄の妻(伯母)と母は中学の頃からの親友で、それが縁で伯父達は結婚した。
母と伯母はお互いが結婚してからも仲が良く、両家は同じ新興住宅地に家を買い、ほぼ毎日顔を合わせていた。
そんな訳で小さい頃はA男とよく遊んだけど、年を重ねるごとに回数は減っていった。
異性だっていうのもあるし、A男はなんだか気持ち悪い奴だったから。「察してちゃん」っていうか、こっちがアクション起こさない限り、基本的に黙ってニヤニヤしているだけだった。
しかし、母達は私とA男を遊ばせようとするし、叔母は「私子ちゃんがA男のお嫁さんになるのがおばちゃんの夢なの〜」が口癖で、それが物凄く嫌だった。
母に「A男と遊びたくない」って言っても「たった1人の従兄弟なんだから仲良くしなさい!」とキレられたから、A男と母達の愚痴は父に言うようにした。
父も母がA親子とべったりなのを快く思ってなくて諌めていたけど、私の時と同様にキレられて毎回話にならず。A親子は土日を問わずやって来たので、よく父は私と妹を連れ出してくれたり、平日も家に帰る時間が遅くなるよう、色んな習い事をさせてくれた。
家が近所だから、A男と中学校は一緒だった。色気付いたのか、最悪なことに中2ぐらいからA男は私のことを彼女扱いするようになった。
学校の玄関で待ち伏せてたり、廊下ですれ違う時に身体を触られたり。「止めて」って言ってもニヤニヤするだけ。
何度かなぐろうかと思ったけれど、母と叔母のタッグが怖くて泣き寝入り。代わりに親友や先生に相談した。あと、家にはあまり帰らないようにして、同じ市内にある父方祖父母の家に滞在するようにして、A男から自衛するようにしていた。
続きます。


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

167: 名無しさん@おーぷん 2015/07/23(木)13:48:57 ID:2C3
流れを切って申し訳ないがちょっとした愚痴

2011に起きた震災で仕事を辞めざるを得なくなった時、俺に向けて鼻息荒くしながら親父が言った言葉
「クソ爺(祖父)がタヒんだら家売って、俺達(両親)はマンションの一室に引っ越すからな。お前たち(俺と姉)には一銭も残さねぇから! 何処へなりとも勝手に行って勝手にタヒね!」
こりゃアカンと地元の就職を止めて某車の工場に期間工として就職。そして一か月位して掛かってきた親父の電話
「やっぱお前が居ないと駄目だわ(鼻声)」
そして明かされる。俺が居なくなってから数日もしない内に母が鬱病に成ったという事を……! ……だから何? そりゃご愁傷様って感じなんだが、学校の教師なのに大丈夫か?
半年経ち、一度実家に戻った際親父が言った計画(世迷言)
「家をリフォームするからお前も金出せよ」
……仕送りとして4〜5万渡してるし、発言が二転も三転もしてるのですがそれは……
そして今現在、特別延長ももうすぐで終了し仕事探すかぁ、と思っていた時に掛かってきた電話
「戻ってこい」

……馬鹿なのかな? 


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

747: 名無しさん@HOME 2014/04/03(木) 00:17:52.39
父が父ではなく、親戚だと思っていたおじさんが実父だったこと
私は母が三十代後半、父が五十代半ばで生まれた一人っ子
父には以前にも家庭があり、元妻の間に子供が二人いるが私とは面識がない
事実を知ったのは大学受験の直前。母の友人の密告から。これが第一の修羅場

両親は同じ業界で働いていて、母は前妻と別れる前からの愛人だった
狭い業界の中では公然の秘密というやつだったらしい
やがて母が妊娠し、父は前妻と子供たちを捨てて母と一緒になった
と こ ろ が 母には父以外にも交際相手がいた。その人も既婚者
父と交際相手双方に「あなたの子」といいつつ、友人たちには本当は交際相手の子だけど一緒になりたいのは父と語った母
物心つく前から母に連れられ頻繁に会いに行くおじさんがいたんだが、これが母の交際相手で実父だった
「おじさんは親戚(嘘)だけど、他のみんなと仲が良くなくて、お正月の集まりにもいけないの
だからおじさんに会ったことはお父さんにもお祖母ちゃんにも言っちゃだめだよ?」
そんな話を疑いもなく信じた自分……。たまにあっては玩具をくれて勉強をみてくれるおじさんが好きだった



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

752: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/28(月) 02:55:16.82
月1で俺の実家へ家族で出かけるが、今日娘と妻が俺の母に立てついた。
母は少し天邪鬼な所があって、何かあると一言余計な事を言ってしまう癖がある。
長い付き合いなんだからスルーすれば良いだけなのに、クソ真面目な妻は真に受けてしまう。
ちょっとした行き違いなんだが…

娘が母の事をクソ婆呼ばわりし、俺が妻を蔑にしていると詰った。
俺が「お母さんの立場を考えろ」と諭したら
娘は「お前は自分の立場しか考えて無いクソ親父だ」とさ。
更に「八方美人は風見鶏。信用できねーんだよ」と罵声付き。
今日は娘と妻だけ先に帰し、俺は実家に留まる事にした。

先ほど妻に電話して、母に謝るまで帰らない事を告げた。
妻には「荷物送りましょうか?」と一生謝らな気が無い事をアピールされた気がする。
通勤に時間かかるから、出来たら早く帰りたいんだがw
妻を説得させる方法を教えて欲しい。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

399: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/12(土) 18:20:09
俺んところも毒親だったが、おとなしかった嫁が、娘の髪を切られたことでブチきれて、
(七五三でのばしていたのが、ワカメちゃんにされた)母親の髪を丸坊主にした。丸坊
主にされたときに、俺の母親もハサミふりまわして嫁の腕切られて、三針縫ったorz

嫁からは「もう葬式にも行かないから」と宣言された。母親は「訴える」と言ってるけど、
「訴えられたら、訴え返す」と嫁も診断書とってる。母親は丸坊主にされた以外に、タコ
なぐりにもされたらしい。
母親の見舞いにも行きたいが、「行ったらそれっきり(多分離婚)だと思ってて」と嫁か
ら言われた。





スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

482: 1/4 2010/02/19(金) 16:48:31
実家の母が危篤状態になり、同居トメに言うと
「早く行ってあげなさい。孫ちゃんも連れて行ったらいい。
何よりの薬よ。家の事は心配しないで、今はお母さんの事だけ考えてあげて」
と言ってくれた。
嫌味トメもやっぱり母なのね!と感動。

すぐに夫に電話し、1週間は実家の方に行くことを伝えた。
家には足の悪いウトが居て、トメ一人では何かと不便だろうと思い、
近所の義兄の家まで行き、
義兄の奥さんに「何かと迷惑かけるかもしれませんが…」事情を話し
「これから荷造りして実家に行く」と言うと手伝ってくれると言ってくれた。
子供の物もあるので、箱がいるだろうと近所の酒屋に行き段ボールをもらい、
家に帰るとトメが何やら電話してる。

内容は「嫁子の親は病気の癖にいつまでも生きてる」
「死んでもお父さんが生きてる限り遺産も来ない」
「大体行っていいって言われたからってはいそうですか、と行く嫁がどこに居る。
ここは遠慮するのが本当だ」
「しゃーしゃーと(義実家名字)孫男まで連れて行く気だ。頭おかしい」
(義実家名字を強調)

これ位話した時点で数メートル後ろに静かに立ってる私と義兄嫁と姪に気が付き、
慌てて電話を切るも、すでに遅いよ。

私と義兄嫁は無言で私の部屋へ、姪はトメに怒り狂ってたけど
義兄嫁が「そんな人ほっときなさい。手伝って。こっちは急ぎなの」と言うと
冷たい目でトメを一瞥し、黙々と作業。


スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ