タグ:母親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

230: 名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土)16:20:19 ID:UQB
自分が二十歳の時に母が他界してからしばらくして大分落ち着いた頃に母の友人だった人から、母が生前家族にビデオレターを残していたとの事で
それを父、兄、姉と一緒に見ることになった。
初めは父に対して色々な思い出を語っていて、父も込み上げる何かがあったのか、半べそ状態で見いってたんだ。
んで、兄、姉の事を話始めて、最後に自分の話になった。
お世辞にも兄、姉と比べて良い息子だったと思えなかったし、勉強もあまり好きな方ではなかった。
母には迷惑ばかりかけてしまったんだけども、そんな事は気にしていなかったようでホッしたのも束の間
最後の最後で、自分が父との間に出来た子じゃないという衝撃な事実をカミングアウトした。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

437: 名無しさんといつまでも一緒 2007/03/03(土) 00:01:28
すまないがちょっと吐き出させて欲しい。

俺  31
兄  33
母親 58
親父 俺が5歳の時にタヒ去


一人っ子だと思っていた俺に兄がいると知ったのは16の時だった。
大叔父の葬式の後、泥酔した伯父が口を滑らせ俺は知った。

今まで従兄弟と思っていた男が兄だった。
俺は兄を叔父夫婦の子供で従兄弟だと思っていた。
叔父は隣の県に住んでいて、他の親戚と仲が悪く法事とかにもあまり来なかった。
従兄弟(兄)とも今まで数回しか会っていない。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

530: 名無しさん@おーぷん 2016/01/22(金)12:53:24 ID:PMR
武勇伝ではないけどスカッとしたので。

高校生の時に、母親が介護鬱になって
祖母が亡くなったあとも体調が悪くて投薬が続き一気に太った。
ある日、文化祭の打ち合わせで友達が数人うちに来た時、
Aが「私子の母ちゃんすげえデブじゃん」って笑ったんだ。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

676: 名無しさん@おーぷん 2015/07/19(日)02:31:33 ID:PCI

胸糞な上に人が二人タヒんでいる話。閲覧注意。
施設に引き取られるまでが俺にとっては修羅場と言うよりも地獄だった。
まだ児相とか、虐待という言葉が世間にあまり知られていなかった頃のことだ。

物心つく前、母親が目の前で首を吊ってタヒんだ。
半日以上俺はぶら下がった母と一緒に過ごしていた。
俺自身は覚えていない。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

24: 名無しさん@おーぷん 2016/08/14(日)22:46:43 ID:kkp
昔、高速道路で置き去りにされた。
旅行の帰り道、家まであと一時間くらいのところで運転中の母と喧嘩した。
原因は確か私が「ベルばらのアンドレって英語ではアンドリューなんだよ、知ってる?」
という一言がなぜか母の逆鱗に触れ、突然烈火のごとく怒られ、大喧嘩に発展した。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

57: 名無しさん@おーぷん 2015/12/12(土)02:01:52 ID:RUX
小学校6年生の頃に母が再婚したんだけど、その再婚相手(Aとする)に12歳から16歳までずっと体を触られたりイチモツ咥えさせられたりしてたこと。
しかもAは私の実の父の後輩にあたる人で、私も小さい頃から知っている人だった。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

251: 名無しさん@おーぷん 2016/05/02(月)18:52:01 ID:2hp
俺が小学校低学年の時に両親が離婚して
ずっと父親のDVと不倫が原因で
養育費とか慰謝料貰わず逃げるように離婚したって吹き込まれてて
それが全部嘘で不倫したのは母で養育費も貰っていたし
それを全部母と再婚相手が使い込んでいて
父親は何度も面会を望んでいたみたいだったけど
それも勝手に俺が会いたくないと嘘ついて面会も拒絶していたのがわかった時が最大の修羅場だったなぁ

今はもう自立して母とは連絡とってない。
父とは誤解もとけて、父の再婚相手と異母兄弟の弟たちとも仲良くさせて貰っている。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

688: 名無しさん@おーぷん 2016/06/26(日)14:22:14 ID:ixf
修羅場スレのバイト先でわざと激辛ラーメンを作って人生ダメにした話があるが、こちらは逆に笑える方の話を。
かれこれ50年近く前の話。当時母は海に近い喫茶店で臨時のバイトをしていた。その店の名物の一つにナポリタン(正式にはそういう名前では無かったが、今で言うナポリタン)があった。
店長が少しだけ席を外した時に、1人の男性からナポリタンのオーダーが入った。
母ともう1人いた女の子のバイトは店長がいないからと断れば良かったのにオーダーを受けた。が、ここで大きな問題が。本来トマトケチャップで出すあの赤さをどうするのかを知らなかった。
続きを読む

このページのトップヘ