スポンサードリンク

タグ:母親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

551: 名無しさん@HOME 2015/06/03(水) 12:01:56.33
まだ小学校に行くか行かないかの頃
夜中に騒々しくて目が覚めたら、ガラス片の散らばる暗闇の廊下で
父親が母親を土下座させて掃除機で頭吸ってたのを見たのが修羅場
おっちょこちょいの母が、閉まってるガラス戸をあいてるものと思い込んで
勢い良く頭突っ込んじゃったせいなんだけど

顔についたガラス片を取り除いた後、髪に入り込んだガラス片を
掃除機で吸ってたんだと聞かされたのは数日後のこと
小さかった私は「お父さんがお母さんを吸い取っちゃう!!」って父を見ては泣き叫んでたらしい
今考えると、ガラスまみれになりながらも切り傷一つ負ってない母の鉄人ぶりの方がちょっと怖い


スポンサーリンク
続きを読む
スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

204: 名無しさん@お腹いっぱい。 04/05/23 04:14 ID:4sufgmEm
全盲のうちのお袋が、公衆電話をかけようとしたら、
白い杖を見てチャンスと思ったらしいDQNが、
お袋のバッグをひったくろうとした。



スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

122: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/23(木) 04:34:54.17
嫁は汚いクマのぬいぐるみを枕元に置き、毎日ブツブツ話しかけてる。
こいつ美人だけど馬鹿だな、と俺は思ってた。
あまりにも不気味なんで、俺はぬいぐるみを捨ててやった。
そしたら嫁の奴「くまごろーはどこですか?」とか言いやがる。

あの熊に名前あったんだ!俺は吹き出したよ。
「くまごろーはごみ収集の車に乗って旅に出たよ」って言ってやった。

そしたら嫁は号泣してしまった。
理由を聞いたら、嫁は母子家庭で家が貧乏で
おもちゃやぬいぐるみなんて買ってもらえなかった。
あの、くまごろーは母親が買ってくれた唯一のぬいぐるみらしい。
その母親も嫁が高校を卒業し社会人になってから、病気で亡くなった。

くまごろーを母親だと思って毎日話しかけてたらしい。
俺と結婚できて幸せだ、とか、俺の体調が心配だとか、そんなことを話しかけてたらしい。
新しいの買ってやると言ったら、「いえ、もういいんです」と寂しそうに答えた。
 
嫁から笑顔が消えてしまった…


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

137: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/15(日) 10:12:10.54
俺のオカンが2週間ぶりに電話してきたらヒスった

もうそんなに嫌わないでくれよ

そりゃ、前はしつこかったしれない
今は向こうだって我慢してた事はわかるだろ?


スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

756: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 13:36:21.32 ID:P2wARt0F.net
親に頼っていい年齢って何歳までなんだろう
さっき母親に昼ご飯のパスタ作ってもらってたんだけどなぜか
パスタとソースが別々になったフライパンが台所に置いてあるだけで母親は勝手に1人だけ食べてた
「なんで勝手に食べてるの?」「俺たちの分は?」と聞くと親が
「いつまでも飯が出てくると思うな!」と言った。続けて
「私が内職しているんだから気を使って飯を作れ」と言われたので
まだそんなにご飯を作ることのできない俺は
「俺はそんなに利口じゃないよ」と言うと 母親はさらにヒートアップして
「ああ、母親だから仕方ないよね母親だから」
「なんで私は働いているんだろうね」と涙目で言われた
 
18歳の俺に言うのは全然構わないが
横に15になる妹がいるのを忘れてはないだろうなと思った
もうここまで聞くと面倒くさくなるのと自分も悪かったなと思ったので
とりあえず謝ったら納得した顔で自分の食器を片付けていった
18にもなって情けないがやっとわかった

もうご飯も何もかも全部親に頼らず自分でやっていこうと思った

長文すまん ああ思ったこと書いてるだけで文章めちゃくちゃだ




スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
843: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/15(金) 16:35:21.80 ID:Tp85HRmU
彼氏と百円ショップに立ち寄った時、 
店内で後ろから小さい子供が「ママ、ママ」とぎゃんぎゃん叫びながらついてきた。 
産んだ覚えは無いが、しつこいので迷子かと思い立ち止まった。 

…ら、刹那近寄ってきた子供が私のズボンに手をかけ引き下げ、 
もう一方の手で上着をめくり、服のなかに頭を突っ込んできた。 
気持ち悪くて固まってしまった。 
ふと見ると、奥にへらへら笑いながらこちらを見ているお婆さんが。 
「あらあらxxくん、お母さんと間違えちゃったのかな~、違うわよ~こっちよぉ~」 

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
806: おさかなくわえた名無しさん 2006/05/07(日) 03:03:40
俺の弟も野菜嫌いでした。奴が小学生の頃は、 
マックのテリヤキバーガーのレタスも抜き取って俺や母親に食わせようとしたほど。 
あまりにも度が過ぎるから25歳タヒボウ、なんてあだ名をつけたこともあった。 
本当に6年後にタヒんじまえってな。母親が料理を作っても 
弟のだけは野菜が盛られてなかったり、ってのはザラ。 

かつてはそんな弟に妹が無理矢理トマトを食わせようとしてつかみ合いになることもあった。 
「もう、絶対野菜口につっこんでやる!」「ブーー!(ツバの音)」で、 
母親のカミナリが落ちる(妹に)と。こういう時はちゃんと弟も叱れ、母親よ。 
ホイコーローが食えなかった俺に「全部食べるまで食卓離れたらダメ!!」 
なんて言ったくせに。平等に扱え。今さら手遅れだし聞きもしないんだろうけどな。 

スポンサーリンク
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
79: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/03(金) 20:32:12.86
累ヶ淵という怪談があるんだけど 
俺はその怪談のように生まれてすぐ母親に見捨てられた 

生まれた時に俺は口唇裂だったようで 
しかも完全唇裂という鼻の孔の中から唇まで割れている状態だった 
生まれた俺を見た母はこんなの私の子じゃないと喚いたらしい 
医者の説明や早い段階からの治療で今では傷跡も 
ほぼ気にならないくらい綺麗になる事もいくら説明しても 
母は知らない聞こえないと全部拒否 
結果両親は離婚し、俺は父親に引き取られた 
その父と父方の親戚のサポートのおかげで 
小学校に上がる頃には傷跡は残るのものの 
他の子たちと変わらないクソガキへと成長し 
中学に上がる頃には傷跡も目立たなくなってた

スポンサーリンク
続きを読む

このページのトップヘ